サムネイル

あなたはどっち!?仕事ができる&できない女性の特徴

どこの職場でも仕事ができる人とできない人っていますよね。あなたは周りからどのように思われていると思いますか?「仕事ができる人・できない人」を見分けるには一体どんなところをチェックすればいいのでしょうか?私自身の実体験や同世代の話を元に見分けるポイントを挙げてみたので、是非一度自分自身をチェックしてみてくださいね。

同じ年齢で同じ女性でも・・・

あなたは職場でこんな光景を見たことはないですか?
同じ内容の仕事をしているのに、片方はどんどん仕事をこなし、片方はまだそれ終わっていないの?と思うくらい仕事が進んでいない。どんな職種でもこういった場面があると思います。

そこで今回、私の職場の環境と友達の職場の環境の話を聞き、どんな点に注目したら仕事が「できる」「できない」がわかるのか調査してみました。自分はどっちのタイプなのか…ぜひ一度チェックしてみてください。

チェックポイント

①整理整頓しているかどうか

まず職場のデスクを見てください。または働いている人たちの持ち物を見てください。見た目で人を判断してはいけないのは分かってますが、大体仕事のできる人は整理が上手です。反対に何しても遅いな~と思う人は散らかっています。仕事をするにあたり、自分が今からする仕事の場所を作ることが当たり前なのですが、仕事が出来ない人はそれが出来ていません。

デスクの上が綺麗だと余計なものが目に入らないので、仕事を中断することなく進めることができます。
一方、デスクがぐちゃぐちゃな人は、「あの資料どこに行ったっけ!?」「あれを調べなければならないのに…」と、まずは物探しから始めないといけません。これは時間のロスですよね。

私が知っている仕事ができる人は、さあ仕事を始めよう!と言って、まずは片付けから始めています。まずは身の回りを綺麗にして、仕事が出来る環境づくりをすることが大事ですよ!

②段取り上手?下手?

これは私の美容師業の例を例えに挙げてみます。
この業界の朝のスタートは、タオルたたみや掃除からするお店がほとんどなのですが、タオルをたたむのに時間が掛かっているスタッフと、とっくにタオルなんかたたみ終わって他の掃除や自分の仕事に取り掛かっているスタッフの二手に分かれます。

やはり仕事がはかどってる人は、今取り組んでいる仕事をしている最中に「次は〇〇をしよう」と次のことを考えているのです。例えばタオルなら、干す時にきれいに干していれば、朝たたむ時には簡単にきれいにたたむことが出来ます。仕事ができない人はこのような考え方をしないので、干す時に次の日のことなんて考えず、早く終わらして帰りたい!なんて急いで干してるため、朝シワシワなタオルをたたむ羽目になるのです。

段取りをきちんと計算すれば100%の成果へつながるのは美容業界に限らず、どんな業界、仕事にも当てはまることではないでしょうか?

③取ったメモをどうするか

この人の頭の中はどうなってるの?と思う位暗記力がいい人っていますよね。1日のスケジュールだけではなく、先のスケジュール、過去のスケジュールがほとんど頭に入っている人。そういう人に出会うと「わ~仕事出来るな〜」と思ってしまいます。
これは単に「頭がいいから」という理由だけではないみたいです。実際に私の知人がそのタイプだったので話を聞いてみました。

メモを取ったりスケジュールを書き込んだり、1日のうちに何度もノートなりスケジュール帳なりに書き込むことって多いですよね。しかし、メモをとりあえず取っただけで、その後にちゃんと見直す人ってあまりいないんだとか…。その人はメモを取ったら1日の終わりにしっかりと見直し、さらにスケジュールも、寝る前に何度も確認するみたいです。そして、この1週間のスケジュールなら明日中には〇〇を終わらせないと、なんてざっくりとした先々の予定をイメージするんだそう。

どんなに1日が忙しくても確認する時間は必ずどこかにあると思うので、書いたものを確認する癖をつけると良さそうですね♪

④話を聞いているか、いないか

人の話を聞いているか聞いていないか。仕事が出来る人できない人を見分けるにあたり、真っ先にこれを見れば大半はどちら寄りかわかるとの事です。

「さっき説明しましたよね?」
「この間それ伝えましたよね?」
「これ間違えて記載していますよ?」

などと日頃よく言われる方は要注意です。「あの人仕事出来ないな」と思われているかもしれません。

“同じことを何度も言われない”というのは、仕事ができる、できないの大きな境目です。自分はできていないな…と思う方は、まずは誰でも構わないので「じっくり相手の話を聞いてみる」事から始めてみましょう。一度で理解できれば仕事をする上で大きな時間短縮にも繋がりますし、なんと言っても「仕事で出来る人」と思われます。

仕事が出来ると周りから評価されている人は、「自分の話をする前に人の話をよく聞く」「説明を全部聞く」などの「聞く力」が十分に備わってる人のことを指すと思います。

振り分けられる基準

いかがでしたでしょうか?仕事ができる女性、出来ない女性を見分けるポイントを4つご紹介してきました。あなたは“仕事が出来る人”でしたか?

自分では仕事が出来ると思っていても、傍から見れば「この人にはこの仕事は任せれないな」なんて思われているかも知れません。もし今回の記事を読んで「私、仕事できないって思われているかも」と思ったら、まずはこの4つのポイントを意識して“仕事が出来る女性”へ近付けるように頑張ってくださいね。素敵なキャリアウーマンになれますように♪

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター