サムネイル

今の彼氏と同棲したい女性へ“上手に同棲に導く方法”

付き合って時間が時間が経つと「そろそろ一緒に暮らしたいな…」なんて思ったりしませんか?自分だけがそう思ってるだけで彼はあまりその気がない…。そうなると計画もなかなか進まないですよね。彼に「同棲しよう」と言わせるにはどうしたらいいか、今回は同棲経験者や私の経験から、いい方法を教えちゃいます♡

素敵な同棲生活へ

結婚はまだ早いけど、早く一緒に暮らしたいな♡なんて考えているタイミングの方はいませんか。勇気を出して「ねえ一緒に暮らそうよ」と自分から言ってみたけれど彼は全然その気じゃない様子…。

逆に「じゃあそろそろ考えようか」とか「計画しよう」なんて言葉が彼からあったら嬉しいですよね!今回は彼が同棲をしたがるような持って行き方や、彼が同棲の計画に乗ってくれるような方法を、周りの同棲してるカップルや私の経験をもとに書いていきますので、是非参考にしてみてください♡

部屋探しに彼も巻き込む♡

今現在、同棲している男性に「同棲のきっかけ」をヒアリングしてみたのですが、結構多かったのが「彼女が実家を出ると言うので」「彼女が引越ししようか考えてたので」という答え。「実家を出るんならもう一緒に暮らす?」「引っ越すのなら俺も一緒に暮らそうかな?」と言う気分になり一緒に暮らすことになった。との事です。

実は男性の方も「一緒に暮らそうか?」と言葉を掛けるきっかけを探しているのかもしれませんね。いつか食事をしながら気軽に「そろそろ実家出て職場の近くに家探してみようかな~」と言ってみたり、「そろそろ家の更新なんだよね」と引っ越しを匂わせてみてください。

家で同棲生活再現ディナー♡

再現ディナーとは、「同棲したらこんなご飯が食べれるんだよ♡」というディナーを再現して家で彼氏と食べること!是非自分の家に呼んで、手作りのご飯をごちそうして下さい。家庭的なメニューだとベスト!

これを続けることで、彼に「こいつと一緒に居れるなんて最高じゃん!」と思ってもらえるようになるんです。料理を作る分大変かもしれませんが、男性の胃袋が「コイツの手料理最高!」と思った瞬間に「一緒に暮らさない?」って言葉が聞けると思いますよ!きっと努力は実ると思うので、頑張ってみてください。

少しずつテリトリー拡大♡

この作戦は是非こっそり実行に限ります♡こっそりとは、例えば彼の家に遊びに行く、お泊りする!なんて時は洋服やアクセサリー、一緒にみるDVDや本など自分の私有物をこっそりおいて帰るのです!歯ブラシ、ヘアーブラシ、自分専用のタオルなどなど1つ2つ毎回置いて帰り、どんどん彼の部屋を自分仕様にしていくと「あれ?これあいつのだな…」と彼の中であなたを思い出す時間が増えるので、来ない日は少し寂しくなるのだとか。

彼にもし「いい加減持って帰れよ」なんて言われた時は可愛く「このスペースだけ私の物置いてもいい?♡またすぐお泊りしたいし」なんてごまかして下さい♪自分は彼の部屋にいないけど、彼の部屋に自分の存在感を増やしていつの間にか彼の家から仕事に行ってるようになれば、自然に同棲スタートです!ポイントは目立つものを最初から忘れて行ったり、わざとらしくするのはNGです!小さなものからなじませてテリトリー確保して行ってくださいね!

周りの人も巻き込み作戦♡

彼のご家族と接点がある方は、ご両親と会話をする際に“彼を想っている彼女”をアピールをすることで、ご両親から彼の方へ「早く彼女と一緒になれば?」といった話をしてくれることも。

“彼を想っているアピール”ってどうゆう事?と思いますよね。例えば「●●くん最近風邪っぽいので心配で…。なんか小さい頃から予防の為にしてる事ありますか?」など、ご両親しか知らない彼の事を色々聞いて下さい。そうすると「この子は息子の事大切にしてくれているのだな…こんな子がお嫁さんに来てくれたらな」という印象に。彼の身内とあまり接点がない場合は、彼の友達から一押ししてもらうのも良いですね。

ここで大切なのは「彼の○○」という彼にとって身近な関係を巻き込むことです。自分サイドの方から攻めると、彼はなかなか納得しない傾向にあるみたいです。やはり1番良いのは彼のお母さんの意見です。男性は何だかんだで「マザコン」そんな事ない!と言ってる強い大の男の人でも「母親」の前では弱いものです。「早く彼女と一緒にくらして落ち着きなさい」と母親に言われることで考えが変わることもあります。

是非周りの方の力も少し借りて、素敵な同棲生活のきっかけを掴みましょう♡

二人の素敵な生活を作る為に♡

いかがでしたでしょうか?同棲へ向けて彼の背中を押す一歩につながれば嬉しいです♪

昔友人から「ただの憧れだけではいい同棲生活をおくれないよ」とアドバイスをもらったことがあります。憧れだけで同棲をスタートしてしまうと下記のような気持ちになってしまうことも…。

・同棲生活に息が詰まってきてしまった
・ひとりの時間が欲しい
・ケンカばかりで嫌
・なんか理想と違う

そんな結果にお互いがならない様、個人のプライベートの時間も加味して、いい距離感を保ちつつ、帰宅したら「お帰り」と言って迎えてくれるようなあたたかい同棲生活が出来る様になるといいですね。今まで離れていたさみしい気持ちを忘れず、一緒に居れる幸せな時間を大切に同棲生活が送れますように♡

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター