サムネイル

どんな仕事でも楽しめる人の考え方

希望の会社、希望の部署に入って仕事ができるとは限りません。時にはやりたくない仕事も行わなくてはならないのが社会の厳しい現実。。。でも、そんな現状に文句を言うことなく、どんな場所でも楽しんで生き生きと仕事ができる人もいますよね。そして、そんな人は、共通するある考え方を持っているようです☆

楽しむコツは、ポジティブな考え方

きっとこの世の中、思い通りにいく事なんてそんなにないでしょう。むしろ、いかない事の方が多いかもしれません。仕事においても、一見楽しんで仕事をしているように見える人も、“全く不満がない”という人は存在しないと思います。しかし、そんな不満をポジティブに変えていってしまう人がいるんですね。側から見たら仕事を楽しんでいるようにしか見えない人。あなたの周りにそんな人いませんか?

それでは、そんな楽しんで何事もこなしているように見える人は、一体どのような考え方を持っているのでしょうか。見ていきたいと思います。


“目標を設定して、常に何かを得よう”とする考え方

例えば、デザインの仕事がしたかったのに、事務の部署に配属されたとします。デザインをしたい人にとって、全く関係のない仕事をすることはやる気が出にくいものですよね。
しかし、仕事を楽しめる人とは、事務の仕事から何かを学ぼうと考えます。「正確に仕事をこなせるようになろう!」と目標を設定し、“資料を用意する際には角を揃えて見栄えを美しくしよう”、“資料をまとめたときにクリップが重ならないように、クリップの留め方を工夫しよう”などと、小さな目標をどんな仕事に対しても設定するんです。そうすることで自分のモチベーションも上がり、仕事も楽しくなってくるんですね。また、そういう人は結果として周りから認められます。周りの人から頼りにされたり、感謝されることによって、ますます仕事も楽しくなってくるんです。

“今はただ試練にすぎない”とする考え方

“人生良いこともあれば悪いこともある”と分かっていながらも、悪いことに直面した時、その事実を受け入れることはなかなか難しいことではありませんか?
しかしポジティブな人とは、その事実をきちんと受け止め、明るい未来への希望を失わずに前向きでいる努力をします。というのは、「この困難はきっと今だけ」と思うんですね。「辛いのは今だけ。ただの試練にすぎない」と、巻き返しのチャンスがあることを忘れずに、今を精一杯頑張ることができるのが、何事も楽しんでいる人の特徴です。

試練もチャンスだと捉えると、より一層人生を楽しめるかもしれませんね。

“仕事をするメンバーのことを好きになろう”とする考え方

一緒に仕事をする人のことを好きになれるかどうかで、仕事の楽しさは大きく変わります。

小学校のときの毎日の掃除時間のことを思い出してみてください。掃除自体は楽しくはないはずなのに、掃除チームのメンバーによって、掃除の楽しさが大きく変わりませんでしたか?好きな人と一緒に行えば、例えその仕事自体はおもしろくないものだったとしても、不思議と楽しいものになっていませんでしたか?

「職場の人ことをなかなか好きになれない」という人も多いかもしれませんが、まずは苦手な人の良いところを見つける努力をしてみましょう。世の中で自分と気が合う人、一緒にいて楽しいと思える人に出会う確率は低いです。しかし、相手を知ろうと努力し、良いところに注目を向けるようにすれば、好きになることもできます!好きになることが難しければ、「この人のこういうところがすごい!」と、尊敬できる部分を見つけて、その部分に焦点を当ててみてください。そしてそこから何か学ぼうとすれば、一緒に仕事するのが楽しくなるはずですよ。


考え方を変えることで、仕事を楽しみましょう

いかがでしたか?
現実は変えられなくても、考え方を変えるだけで物事の見え方は変わってきます。そして、未来を変えることもできます。どんな場所でも仕事を楽しめる人は、どんな仕事も一生懸命にやることによって自ら楽しみを見出し、周りからの信頼を得て、結果的に自分がやりたい仕事へと繋げていくんです。

あなたが今もし、やりたい仕事ができていなくて悩んでいるのなら、この瞬間から少し考え方を変えて、仕事に望んでみてくださいね。この記事が少しでも参考になったら嬉しいです♪

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター