サムネイル

アラサー女子が「こんな仕事やめてやる!」と心の中で叫ぶ瞬間

あなたは仕事を辞めたいと思ったことはありますか?アラサー女子は社会人経験もそれなりに積んできて、辛いことも色々と出てきますよね。辞めたいと一度は思ったこと、あると思います。では、そんな仕事に責任も出てきてやりがいも出てくるアラサー女子は、一体どんな時に「やめてやる!」と思うのでしょうか?みんなの意見をまとめてみました。

口には出せないアラサーなんです

仕事を辞めたい!って大声で言えるのは20代前半まで。アラサーともなると仕事に責任も出てくるし、社会人としての分別もすっかりついた頃。やりがいやお給料も増えたけど、愚痴やストレスもその分たっぷり増えています。
大声で「辞めてやる!」と言えず心の中で叫びまくっている女性は、一体どんなことが原因で辞めたいと思うのでしょうか?アラサー女子のお仕事事情を覗いてみましょう。

仕事の量が多すぎる

理由ナンバー1はズバリ!!「仕事の量が多すぎる」ことです。仕事に慣れてきたアラサー女子は、仕事の優先順位のつけ方はもちろんわかっています。それでも優先順位の高いものが2つも3つも4つもあり、もうどれから手をつけたら良いのか分からない状態…。その上、新入社員の教育係を任されたり、出なければいけない会議の数も増えたり、通常業務以上のことに手を取られて仕事が全くはかどらない。お昼を返上して仕事をしても時間が足りない。もはや一人で抱えることができる仕事量でない状態が長く続く時に「あーもう辞めたい!」と心の中で叫ぶようです。

仕事が忙しいと時間が経つのも早く感じますが、ほっとする時間がないことは問題ですね。

上司と合わない

ウマの合わない人というのはいますが、それが毎日顔を合わせる上司だと大変です。

・上司の機嫌によってネチネチと説教をされた
・無能な上司の尻拭いをしなければいけない
・お局の横槍で仕事がうまく進まない

などなど。上司なので言い返すこともできず、ただただ黙ってやり過ごすことしかできない。そんな時に「やめてやる!」と思うようです。

人間関係がこじれると仕事がスムーズに進まないことにもつながりますよね。それに同じ職場でずっと顔を合わせているとウンザリとしてきます。自分か上司が異動になるのを待つか、自ら辞表を出してしまうか、微妙なタイミングですね。

仕事にやりがいを感じられない

仕事は毎日毎日あるものです。同じ仕事も慣れるまでは大変ですし、慣れてきたら早く終えることができるようになり、プライベートな時間も増えます。でもそれが何年も何年も続き、同じ仕事の繰り返しであれば単調でつまらなくなってしまいます。

またトラブルの対処が多すぎて精神的に参ってしまい、モチベーションが保てないという意見もありました。トラブルの対処やクレームの処理などは大切なお仕事ではありますが、気持ちが引きづられてしまいがちです…。

同期のほとんどが寿退社

同期の結婚式に出席しすぎて、ふと気づくと独身同期がほとんどいない!なんてなると退職を意識します。それでなくてもアラサー女子の結婚事情は切実。それに輪をかけて同期が減り、愚痴を聞いてくれる人も少なくなるとストレスもたまります。幸せそうな同期の前では「おめでとう!」と喜んでいますが、本音は「最後になる前にやめてやる!」という気持ちでいっぱいです。

後輩が寿退社することになり、辞める時に「先輩お先です」と言われてすぐに退職を決意したと言う人も。これは応えますね…

キャリアを取るか結婚を取るかで悩む女性も多いようです。仕事が楽しくなってきてキャリアアップを図りたい、でも結婚して旦那さんの帰りを待つ生活にも憧れる。これは非常に難しい選択ですね。

番外編

ここで番外編をいくつかご紹介。

①会社が倒産しそうで毎月お給料が振り込まれるか心配で辞めるかどうか悩んでいるという恐ろしい話も。働いた分の報酬が出なければそれはもう辞めるしかないですね。

②社長に愛人がいて、社長の奥さんがそれを知ったらどうなるのだろうか…と冷や冷やしている人も。仕事以外のことで神経をすり減らすことは勘弁願いたいですね。

頑張れわたし!

「辞めたい辞めたい!!」と心の中で叫んでいる頑張るアラサー女子の方。顔で笑って心で泣いて、なんて演歌のような心情かと思います。そんなアラサー女子のみなさんにエールを送りたいです。

『毎日お疲れ様です!』

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター