サムネイル

エリートと結婚したい女性へ!合コンでエリート男子を落とす方法

経済力有りで昇進確実!明るい将来が保障されているエリート君。そんなエリート男子と結婚したいと思っている女性は結構多いのではないでしょうか。そして忘れてはいけないのが、エリート君を狙うライバルたちの存在。合コンで他の女性たちに差をつけて、エリート男性を落とす方法をお伝えしちゃいます。

エリート男子を諦めるのはまだ早い

エリート君を狙うのは、ライバルが多くて難しいと考え、狙う前から諦めてしまっていませんか?しかし、初めから諦める必要はありません!これからご紹介するエリート君を狙うコツさえ知っておけば、誰にでもチャンスはありますよ。

エリート男子を落とす方法♡

高学歴を褒めない!エリート君の気を引いてみましょう

エリート君は、ちやほやされていることになれているはずです。そして、「頭がいい」「仕事ができる」といったような、勉強や仕事に関連した事柄をほめられ続けてきたはずです。合コンでも、女性たちはきっと、エリート君が聞き飽きたようなワードでほめて、自分をアピールするはずです。他の女の子と差をつけるためには、あえて同じようにほめないこと。他の人たちがほめている会話を黙って適度な相槌と微笑みで聞いていましょう。そうすれば、エリート君は、あなたに対して悪い印象は抱かないまでも、「俺に興味ないのかな?」と、少し不安になって気になり始めるはずです。男性は、本来自分から女性を追いかけたい生き物。自分に向かってくる女性より、脈があるかないかのギリギリのラインにいる女性の存在が気になり、自分のものにしたくなる本質を持っているのです。

合コンの後半らへんでいよいよ!エリート君をほめてあげましょう。ほめるポイントは、“他の人がほめたことのないような事柄”についてほめることです。例えば、「○○さんって、すごく気が利く方ですよね。さりげなく飲み物のオーダーを取ってくださるのがすごいなって、ずっと思ってたんです。」など。相手の人柄をほめると、「自分の内面までわかってくれているんだ。」と、嬉しさはUPするはずです。また、エリートという肩書きだけでなく、内面を評価してくれたあなたに、好感度もUPするでしょう。

教養があるかも重要なポイント

エリート男性ということは、それなりの教養を受けて育ってきたはずです。そんな男性にとって、“教養があるかどうか”は、女性を見る大きなポイントの一つ。“両親や友人に紹介できるか”という目線でも、女性を判断しているはずなのです。合コンでは、誰に紹介しても恥ずかしくないような、教養もあるということをアピールしましょう。

まず気をつけたいのが「言葉遣い」です。気をつけないと、男性っぽい言葉を遣ってしまっていることはないですか?「うまい!」や「すげー!」といった言葉は、女性同士だと普通に言ってしまいそうな言葉ですが、引いてしまう男性は案外多いんですよ。かしこまった言い方をする必要はありませんが、適度に品のある大人の女性らしい言葉遣いを心がけましょう。

気遣いができるアピール

合コンでアピールしやすいのが「気遣い」です。女性としては、「これ、アピールしすぎかな?」と思うくらいの気遣いでも、男性は好感をもって受け取ってくれます。鉄板ですが、料理を取り分けてあげたり、タイミングよく飲み物をオーダーしてくれたりする気遣いのできる女性に、男性はグッとくるはずです。しかし、ライバルが多い合コンでは、同じようなことを考え行動する女性も多いため、その時はでしゃばり過ぎないように一歩引いて、“空気の読める女性”を心がけましょう。

マナー習得も重要!

礼儀作法もしっかりとわきまえましょう。ナプキンをひざにかけたり、ナイフとフォークの使い方を知っていたりと、テーブルマナーを心得ている女性はポイントアップです。どんな場所に連れて行っても恥ずかしくない女性は、お嫁さん候補になれるチャンス大です。

聞き上手・ほめ上手で日ごろの疲れを癒してあげましょう

日ごろ多くのストレスを抱えており、“癒し”を求めているエリート男性は多いはずです。聞き上手・ほめ上手になって、エリート君を癒してあげましょう。合コンでは、上手に質問と相槌を使いながら、相手に話しをさせるようにしましょう。そして、その話しを否定することなく、「大変ですよね。」「がんばっているんですね。」と、相手の気持ちに寄り添ってあげましょう。自分の心の中にあるストレスを素直に打ち明けられる存在。そして、共感してくれる存在というのは、ずっと一緒にいたい存在と思ってくれるはずです。

攻略法をおさえ、エリート男子をGETしちゃいましょう

ライバルが多いエリート君ですが、だからと言って怯むことはありません!今回ご紹介したような攻略法を使い、合コンで素敵なエリート君をゲットしちゃいましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター