サムネイル

仕事でモチベーションが下がった時にこそ試したいモチベUP術

仕事や人間関係で、何かとストレスを抱えてしまう職場。ついついチベーションが下がってしまうこともありますよね。モチベーションが下がってしまうときもあって当然。そんなときは、少しの工夫でその場を楽しんじゃいましょう♪ついつい試したくなるモチベUP術をご紹介します。

工夫次第でモチベーションは上げられる

どうせなら、職場でもストレスなく楽しく仕事をしたいと思うものですよね。もちろんストレスをゼロにすることは難しいですが、努力次第でいくらでも楽しみを増やすことはできるんです。ちょっとの工夫で、ストレスを少なく!楽しみを増やし!モチベーションをUPさせて仕事に取り組んでいきましょう。

ストレスが溜まる原因こそネタにしちゃえ

自分が悪くないのに自分のせいにされてムカつくとき。仕事の量が多く、毎日残業で泣きたくなるとき。大きな失敗をして悔しいときなど、仕事にはストレスがつきものですよね。現実を見れば現実を見るほど、更にモヤモヤとした気持ちは大きくなるばかりです。だからこそ、嫌なことは、全てネタに変えてしまいましょう!

「怒られた」「残業した」「失敗した」という事柄は、事実だけを捉えれば、全てストレスに感じてしまうもの。しかし、「辛いー!でも、ネタにしてやる~!」と思えば、少しは気が楽になるはずです。「よしよし。ネタ!ネタ!」と思って、内容をネタ帳に書き込むつもりで事柄を細かく記憶していき、後で実際に友人にネタとして話すのもよいかもしれませんね。

なんとなく気分が上がらないときは、身の回りを自分の好きな空間に

「理由は分からないけど、なぜか気分が上がらない」っていうときもありますよね。そんなときは、ウキウキするような空間を作っちゃいましょう。デスク周りを自分好みのアイテムで飾ったり、好きな香りのアロマをたいてみたり、サボテンなどのミニ植物を置いてみたり。PCのデスクトップを変えてみるのも、ちょっとの工夫ですが、好きなものが目に入るたびになんだかワクワクしてくるはずです。

変化のない日常には、自分から変化を起こす

もしも毎日大きな変化のない職場だとしたら、モチベーションを維持させるのは至難のわざですよね。そんな状態のときは、自ら些細な変化をもたらしてみましょう。「誰かに渡すメモをかわいいキャラクターのものに変えてみる」「ちょっとしたお菓子を差し入れする」「職場にお花を飾ってみる」など、すぐにでもできるようなことをさりげなく♡

「人に良いことをする」ことは、案外自分でも気持ちのよいものです。また、そんなあなたの行動に反応してくれる人も現れるでしょう。「ありがとう」という感謝の言葉や、「今日はなんか違うね。」といったような自分を気にしてくれている言葉に、モチベーションは間違いなくUPするはずです。

「ポジティブな言葉」で気持ちもポジティブに

ポジティブな言葉には、それだけで力があります。ポジティブな言葉を言い続けているだけで気持ちもポジティブになり、行動もポジティブになってくるでしょう。ストレスが溜まってモチベーションが下がっているときにこそ、あえて言ってみるのがお勧めです。「仕事大変だぁ~。でも、プレゼンで勝って部長にご飯ご馳走してもらうぞ~!」など、「ストレス発散の言葉+ポジティブな言葉」で、前向きに仕事に取り組めるはずです。

人間関係によるストレスは、相手を観察することで解消

職場で一番と言っていいほどのストレスの原因は、「人間関係」によるものではないでしょうか。苦手な相手だからといって、避けることはできないもの。自分の苦手な人と付き合わなければならない場合は、相手を「観察」するつもりで接してみると、ムカつかずに済むことがあります。「この人、動物占いに例えるとコアラかもしれない・・・」「こんなに嫌味な言い方をするということは、小さい頃からコンプレックスの固まりで、劣等感にさいなまれているのではないだろうか・・・」などと、一歩後ろに立って客観的に捉えるようにしてみてください。観察や分析の視点で相手を捉えると、冷静になれてイラつかずに相手と接することができます。

考え方・工夫次第で人生を楽しめる!

モチベーションが上がらない日があることは仕方のないこと。日々の仕事の中で「いかにマイナスな事柄をプラスに捉えれるか」を考え、また「日々を楽しめるように工夫すること」が、モチベーションをUPさせ仕事をがんばっていける秘訣なのかもしれません。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター