サムネイル

ストレートアイロンの人気おすすめ!憧れのさらツヤ髪を手に入れよう!

くせ毛やまとまりの無い髪に悩む女性から人気のストレートアイロンですが、「どのストレートアイロンを購入すれば良いのか分からない」と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか今回はストレートアイロンのメリットとデメリット、おすすめの選び方や人気のストレートアイロンをご紹介します。

サラ艶髪に!おすすめの人気ストレートアイロンを紹介!

ストレートアイロンは、くせ毛に悩む女性やまとまりの無い髪の毛に悩む女性の強い味方です。ストレートヘアに憧れる女性や、ヘアアレンジの幅を広げたいと考える女性ならば、一度はストレートアイロンを使用した事はあるのではないでしょうか。新たにストレートアイロンを購入しようと考えても、電気屋やネットショップなどでは数多くのストレートアイロンが販売されていて、一体どのストレートアイロンを選べば良いのか分からない、と悩む女性も多いはず。
そんな時は、ストレートアイロンのメリットとデメリットを押さえた上で、自分の髪の毛や目的に合ったストレートアイロンを選ぶ事が重要です。そこで、今回は人気を集めているストレートアイロンにスポットを当て、ストレートアイロンのメリットとデメリット、ストレートアイロンの選び方やストレートアイロンの使い方とコツをご紹介します。他に、モデルやプロが愛用しているなど、カテゴリ別に人気のストレートアイロンを厳選して19個ご紹介しますので、ストレートアイロン選びに役立てて下さい。

ストレートヘアの魅力

ふんわりと女性らしい巻き髪やお団子ヘア、パーマヘアなど様々な髪型がありますが、ストレートヘアは女性らしさ溢れる髪型として男性ウケも抜群です。しかし、思わず触れたくなってしまうサラ艶なストレートヘアは、髪が傷んでいない女性だけの特権だと思い込んでいる方も多いかもしれません。
勿論、髪は傷んでいないに越した事はありませんが、ストレートアイロンを使えばサラ艶なストレートヘアになる事は可能です。いつもどこか髪にまとまりが無い女性にもストレートアイロンはおすすめ。ストレートアイロンを使って、誰もが憧れるサラ艶なストレートヘアになりましょう。

ストレートアイロンのメリットとデメリット

サラ艶なストレートヘアにしてくれるストレートアイロンですが、使用する上でメリットとデメリットの両方がある事を押さえておく必要があります。メリットだけに惹かれてストレートアイロンを使うと、想像していなかったダメージを負ってしまう可能性も。そうならないように、ストレートアイロンの選び方や人気のストレートアイロンを見ていく前に、まずはストレートアイロンのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット 1

ストレートアイロンのメリット1つ目は、「くせ毛の人でも短時間でストレートヘアになれる」というもの。言うまでもありませんが、ストレートアイロンは髪の毛を真っ直ぐにしてくれるアイテムですので、くせ毛やまとまりの無い髪の毛に悩む女性にピッタリです。殆どのストレートアイロンは電源を入れるとすぐに温まるので、短時間でストレートヘアになれるのもメリットと言えるでしょう。

メリット 2

続いて、ストレートアイロンのメリット2つ目は、「ストレートヘアだけでなく内巻きなどのヘアアレンジも出来る」というもの。ストレートアイロンは基本的にストレートヘアにするアイテムですが、内巻きや外巻きも簡単に作ることが可能。しかも、技術が不要なのでヘアアレンジ初心者でも簡単に出来るのも嬉しいポイントです。

メリット 3

ストレートアイロンのメリット3つ目は、「ドライヤーよりもヘアスタイルが長持ちする」というもの。朝のセット時にドライヤーを使用している方も多いかもしれませんが、ドライヤーでセットしたヘアスタイルは崩れやすいというデメリットがあります。一方、高温で髪をセットするストレートアイロンならば、長時間ヘアスタイルをキープする事が可能です。他に、雨の日や梅雨の時に髪の毛が広がってしまうというお悩みを抱えている女性にも、ストレートアイロンはおすすめ。

メリット 4

最後に、ストレートアイロンのメリット4つ目は、「ストレートパーマや縮毛矯正よりもコスパが良い」というもの。ストレートヘアにしたい時に美容院でストレートパーマや縮毛矯正をすると、5,000円~2万円、高いと3万円近くする場合もあります。髪のくせが強い女性の場合はストレートパーマや縮毛矯正をする事をおすすめしますが、くせがそこまで強くない方、日によってストレートヘアや巻き髪を楽しみたいという女性の場合は、壊れるまで何度でも使えるストレートアイロンの方がお財布にも優しいでしょう。

デメリット 1

続いて、ストレートアイロンのデメリットも見ていきましょう。まず、ストレートアイロンのデメリット1つ目は、「毎日ヘアアレンジをする事が面倒」というもの。ストレートパーマや縮毛矯正は一度施術すると数ヶ月間効果が持続しますが、くせ毛の女性がストレートアイロンを使う場合は毎日へアセット・アレンジをしなければいけません。朝の身支度に時間が掛けられるか、毎日ストレートアイロンを使うのを面倒に感じないのか、自分に聞いてみましょう。

デメリット 2

続いて、ストレートアイロンのデメリット2つ目は「火傷をする可能性がある」というもの。ストレートアイロンは100度以上の高温で髪の毛をセットしますので、熱を持っているプレート部分に手やおでこ、皮膚が当たると火傷をしてしまいます。特に、細かい作業が必要になる前髪のセットは火傷をしやすいと言われています。ストレートアイロン初心者の方は間違ってプレート部分に触れないよう、特に注意が必要です。

デメリット 3

最後に、ストレートアイロンのデメリット3つ目は、「髪の毛が傷んでしまう」というもの。髪の毛はたんぱく質で出来ていますが、たんぱく質は熱に弱いという特徴があります。この為、100度以上の熱で髪の毛をセットするストレートアイロンを使用し続けると、どうしても髪の毛が傷んでしまいます。ストレートアイロンを使用する上で、髪の毛の傷みは避けられないので、最大のデメリットと言えるかもしれません。しかし、ストレートアイロンを使用する際にしっかりケアをしていけば、髪の傷みを最小限に抑える事は出来るでしょう。

ストレートアイロンの選び方

ストレートアイロンは各メーカーから販売されていて、InstagramなどのSNS上では人気モデルや人気インスタグラマーが様々なストレートアイロンをおすすめしています。その為、ネットでストレートアイロンを見ていると、”どれを購入すれば良いのか分からなくなってきた”と感じるアイロン初心者の方も多いのではないでしょうか。
そんな時は、自分の憧れのモデルと同じストレートアイロンを購入するよりも、自分に合った選び方をした上でストレートアイロンを購入する事をおすすめします。そこで、続いてはストレートアイロンの購入前に知っておきたい、ストレートアイロンの選び方を幾つかご紹介します。

①髪の長さに合わせてプレートのサイズを選ぶ

ストレートアイロンの選び方1つ目は、「自分の髪の長さに合わせて選ぶ」というもの。ショートヘアの方とロングヘアの方が同じストレートアイロンを使えない訳ではありませんが、ショートヘアの方が大きめなストレートアイロンを使うと、細かな部分がやりづらく感じてしまいます。そこでおすすめなのが、ショートヘアは15mm前後のプレート、ボブ~ミディアムヘアも短めのプレートもしくは2wayタイプ、セミロング~ロングヘアの方は幅が長いストレートアイロン、といった選び方。

ショートヘアの方や細かな部分もしっかりセットしたいと考えている人には、根元からしっかりセット出来るプレート部分の幅が狭くてヘッド部分が薄いストレートアイロンがおすすめです。ボブ~ミディアムヘアの方におすすめの2wayタイプは、ストレートヘアや巻き髪の両方が楽しめる優れもの。伸ばしかけでまとまりにくい髪でも可愛くセット出来ます。髪が長く量も比較的多いセミロング~ロングヘアの方が、幅の狭いストレートアイロンを使うとセットに時間が掛かってしまうので、基本的に幅の広いストレートアイロンがおすすめです。前髪などの細かい部分用として小さめのストレートアイロンを使っても良いでしょう。

②プレートの素材で選ぶ

続いて、ストレートアイロンの選び方2つ目は、「ストレートアイロンのプレートの素材で選ぶ」というもの。ストレートアイロンのプレートは髪に直接当たる部分なので、それぞれの素材の特徴やメリットとデメリットなどを考慮した選び方がおすすめです。ストレートアイロンのプレートの素材は、大きく分けて「テフロン・チタン・セラミック」の3種類。まず、プレートの素材がテフロンのストレートアイロンは摩擦が少ないので、髪へのダメージを最小限に抑えられるという特徴があります。この為、髪の傷みが気になる方におすすめ。

ただしテフロンは耐久性が低いので、使い続けているとコーティングが剥がれてくるのがデメリット。コーティングが剥がれたまま使い続けると、髪に大きなダメージを与えてしまうので注意が必要です。続いて、プレートの素材がチタンのストレートアイロンは熱伝導に優れているので、髪に対して均一に熱を伝えられるのが特徴。他にも、抗菌性に優れていて衛生的に使用出来るのも嬉しいポイント。ただし、チタンは高価な素材なので、チタンのプレートを採用しているストレートアイロンは高価な傾向にある、というデメリットがあります。

③温度調整機能と温まるまでの時間で選ぶ

ストレートアイロンの選び方3つ目は、「温度調節機能が備わっているか」と「プレートが温まるまでに要する時間」をチェックする、というもの。ストレートアイロンは熱で髪をセットするので、商品によっては200℃以上の高温になる物もあります。しかし、高温のストレートアイロンを使うと髪の傷みが激しくなってしまいます。そこでおすすめなのが、自分の好みの温度に調節出来るストレートアイロンです。ストレートアイロンの適正温度は150~170℃と言われていますので、使用する際は必ず温度調整をするようにしましょう。
また、ストレートアイロンは電源を入れてからプレートが温まるまでの時間は商品によって異なります。早いものだと30秒ほどで温まりますので、時間が無い朝にストレートアイロンを使用したい人は、購入時にプレートが温まるまでの時間をチェックする選び方がおすすめです。メイクなど、身支度をしている間にストレートアイロンが使えるようになっていればOKという人の場合は、プレートが温まるまで時間が掛かるタイプのストレートアイロンでも問題無いでしょう。

④初心者は扱いやすさで選ぶ

ストレートアイロンの選び方4つ目は、「扱いやすさや使用シーンで選ぶ」というもの。ストレートアイロン初心者の方は扱い方に慣れていないので、中々思うようなセットが出来ないものです。そんなストレートアイロン初心者の方には、扱いやすいコンパクトサイズのストレートアイロンがおすすめ。
他に、自宅で使用するならばコード式のストレートアイロン、旅先で使用するならコードレスのストレートアイロン、電源自動オフ機能の必要性や海外で使えるかどうかなど、初心者でなくても自分に合った扱いやすいストレートアイロンを選ぶ事が大切です。

人気ストレートアイロン【モデル・プロも愛用】

ストレートアイロンのメリットとデメリット、自分に合ったストレートアイロンの選び方を押さえたら、次に気になるのはどんなストレートアイロンが人気を集めているのか、という点ではないでしょうか。そこで、続いては人気のストレートアイロンを「モデル・プロも愛用」「有名メーカー」「2wayタイプ」の3つのカテゴリに分けて、合計で19個ご紹介します。まずは、モデルやプロも愛用している人気ストレートアイロンから見ていきましょう。

モデル・プロも愛用・人気①SALONMOON/ストレートヘアアイロン/税込3,218円

SALONMOONストレートヘアアイロン(待ち時間:約60秒/温度調整機能:120 〜 230 ℃/コード:360°回転の2.5m電源コード/重さ:約370g)は、タレントやモデルとして活躍中の紗栄子さんや、プロも愛用している一品です。チタニウムプレートが摩擦によるダメージを軽減し、枝毛などを防ぎながら理想のストレートヘアに。

モデル・プロも愛用・人気②グランパーム/ストレートアイロン/税込 19,440 円

グランパームのストレートアイロン(待ち時間:約26秒/温度調整機能:100 〜 200 ℃/コード:3m電源コード/重さ:約232g)は世界中のプロが認める一品で、LEDライトの温度表示が特徴です。髪へのダメージが軽減される特殊セラミックプレートが採用されている他、丸みがあるデザインのおかげでストレートヘアだけでなく、ワンカールや波ウェーブなどのアレンジもしやすくなっています。

モデル・プロも愛用・人気③クレイツ/グレイス ストレート(CIS-R01)/税込み9,180円

クレイツのグレイス ストレート(待ち時間:記載無し/温度調整機能:120 〜 200 ℃/コード:3m電源コード/重さ:約320g)はプレートの幅が20mmと小さいので、ショートヘアやボブヘアの方、細かな部分のセットをしたい方におすすめ。120℃~200℃まで20℃毎の5段階温度調整が可能な他、海外でも使用出来る一品です。

モデル・プロも愛用・人気④リュミエリーナ/ヘアビューロン ストレート/税込37,800円

リュミエリーナのヘアビューロン ストレート(待ち時間:記載無し/温度調整機能:約40~180℃/コード:2m電源コード/重さ:約417.5g)は、使えば使うほど髪が綺麗になると言われていて、多くの美容師やモデルが愛用している一品です。プロやモデルが愛用しているとあって高価ですが、低温でもしっかりストレートに出来るので、髪の傷みが気になっている方や初心者にもおすすめ。

モデル・プロも愛用・人気⑤/絹女~ KINUJO 〜/ストレートアイロン/税込み19,440円

絹女~ KINUJO 〜のストレートアイロン(待ち時間:約20秒/温度調整機能:10段階・130~220℃/コード:360度回転式コネクタ/重さ:約390g)は、プロ以外に人気モデルの高橋メアリージュンさん、同じくモデルの高橋ユウさん、ゲンキングさんも愛用している一品。革命的な技術によって作られた「シルクプレート」が、髪へのダメージを最小限に抑えながらスタイルを長時間キープしてくれます。

人気ストレートアイロン【2wayタイプ】

「ストレートヘアと巻き髪の両方を楽しみたい」と考える女性におすすめなのが、ストレートとカールを1台で2役こなす2wayタイプのヘアアイロンです。2wayタイプのヘアアイロンは様々なヘアセットが出来る一方、ストレートアイロンとして使用する際は本体が熱くなる場合がありますので、特にストレートアイロン初心者の方は火傷に注意が必要です。では、早速2wayタイプの人気ストレートアイロンを見ていきましょう。

2wayタイプ人気①モッズ・ヘア/マイナスイオン 2wayアイロン/税抜き8,380円

モッズ・ヘアの「マイナスイオン2wayアイロン」(待ち時間:約45秒/温度調整機能:10段階・120〜200℃/コード:1.7m/重さ:380g)は、耐久性が高く髪への摩擦を抑えたグロスシャインコーティングプレートが採用されているので、髪を傷めずにストレートとカールヘアを楽しむ事が出来ます。

2wayタイプ人気②サロニア/2wayストレート&カールヘアアイロン/税込み3,218円

サロニアの「2wayストレート&カールヘアアイロン」(待ち時間:約50秒/温度調整機能:5℃単位・100〜220℃/コード:360度回転式/重さ:約380g)は、おしゃれなデザインと誤作動防止機能が人気となっています。お手頃価格なので、2wayタイプのアイロン初心者にもおすすめ。

2wayタイプ人気③ヴィダル サスーン/2WAYヘアアイロン/2,575円

ヴィダル サスーンの「2WAYヘアアイロン」(待ち時間:記載無し/温度調整機能:約100~180℃/コード:約1.9m/重さ:約370g)は、髪に熱を優しく素早く伝えるシルキーピンクコーティングが魅力の一品。ストレートもカールも楽しめる、両面ヒーターが搭載されています。

2wayタイプ人気④SALONMOON/2wayヘアアイロン ストレート & カール32mm/税抜き9,980円

SALONMOONの「2wayヘアアイロン ストレート & カール32mm」(待ち時間:約60秒/温度調整機能:100〜220 ℃/コード:360度回転式・約2m/重さ:約450g)は、ストレートプレート使用時の火傷を防ぐ、本体に装着するシリコンカバーが搭載されているので、2wayタイプのアイロンに慣れていない初心者の方でも安心して使用出来ます。

2wayタイプ人気⑤コイズミ/マイナスイオン2WAYアイロン/税込み6,382円

コイズミの「マイナスイオン2WAYアイロン」(待ち時間:記載無し/温度調整機能:5段階・約80~200℃/コード:360度回転式・約1.7m/重さ:約380g)は、両面ツインヒーターが採用されているので、ムラ無くストレートヘア&カールヘアを作る事が可能。マイナスイオン機能が搭載されているのも人気のポイントです。

2wayタイプ人気⑥テスコム/2WAYヘアーアイロン「naturam」/税抜き2,380円

テスコムの「2WAYヘアーアイロン・naturam」(待ち時間:約40秒/温度調整機能:10段階・90~180℃/コード:記載無し/重さ:約400g)は、温度ロック機能が搭載されているので、気付かないうちに設定温度が変わっていた、という失敗をしがちなアイロン初心者の方にもおすすめの一品です。

2wayタイプ人気⑦Agetuya/2wayヘアアイロン/税込み3,128円

Agetuyaの「2wayヘアアイロン」(待ち時間:約30秒/温度調整機能:10℃刻み・120~230℃/コード:360度回転式/重さ:約390g)は、表面が滑らかなチタニウムプレートを採用した2wayタイプのヘアアイロン。お手頃価格なのに本格的と口コミやSNS上で話題となり、売り切れが続出している一品です。

ストレートアイロンと使い方のコツ

自分好みのストレートアイロンが見つかったら、ストレートアイロンの使い方とコツもしっかり押さえておきましょう。”ストレートアイロンは髪が傷みやすい”と、使用を敬遠している方も多いようですが、正しい使い方とケアをしていけばダメージを最小限に抑えられるのです。

①専用スタイリング剤を付けブラッシングする

ストレートアイロンを使用する時は、下準備をする事が重要です。まずはアイロン用のスタイリング剤を髪に付け、ブラッシングをしていきましょう。専用のスタイリング剤を使用する事で、綺麗なストレートヘアを長時間キープ出来るだけでなく、髪のダメージも抑えられます。

②髪が乾いてから使う

アイロン初心者の方が陥りやすい失敗が、「濡れた状態の髪にアイロンを使って傷めてしまった」というもの。濡れた状態の髪に使用するとセットしづらく、ヘアスタイルが長持ちしません。そして何よりも、濡れた状態の髪にストレートアイロンを使用すると、髪の内部に浸透している水分が一気に蒸発し、キューティクルが傷んで髪に多大なダメージが及んでしまいます。そうならない為に、ストレートアイロンを使用する前はドライヤーでしっかりと髪を乾かしましょう。

③髪を少量ずつ分けてアイロンを当てる

乾いた状態の髪に専用のスタイリング剤を付けてブラッシングをしたら、クリップなどで髪の毛を簡単にブロッキングしていきます。こうする事で、アイロンを当てたい部分と当てたくない部分を区別するのがポイント。ブロッキングが出来たら、いよいよストレートアイロンでストレートヘアにしていきます。まずは少量の毛束を取って平らになるようにプレートで挟み、根元から毛先に向かってストレートアイロンを掛けていきます。この時、長時間髪を挟んでいると傷んでしまうので、2~3秒ほどにしましょう。
同じ要領で他の部分もストレートアイロンを当てていき、ブロッキングした下の部分が終わったら、上の部分の髪を下ろして同じように気になる部分にストレートアイロンを当てていきます。ストレートアイロンは熱が届かない部分の毛をセット出来ませんので、プレートから毛がはみ出たり、毛束が厚くなりすぎないように気を付けましょう。

④ストレートアイロンが終わったら髪のケアを忘れずに

ストレートアイロンを当て終わったら、髪のダメージを抑える為にケアをしていきましょう。まず、ストレートアイロンを当て終わった髪にドライヤーの冷風を当て、髪を冷ましてキューティクルを引き締めていきます。そして最後に、ストレートアイロンの熱によって水分が失われた髪が乾燥して傷むのを防ぐ為に、ワックスやスプレーなどのスタイリング剤で保湿をしていきましょう。

ストレートアイロンでツヤ髪を手に入れよう♡

今回はストレートアイロンにスポットを当て、ストレートアイロンのメリットとデメリット、おすすめの選び方や人気のストレートアイロン19選、ストレートアイロンの使い方とコツを一挙ご紹介して参りました。ストレートアイロンは各メーカーから様々な特徴を持った製品が販売されていますので、自分に合った選び方をして購入する事、正しい使い方をする事が重要です。くせ毛やまとまりの無い髪で悩んでいる方、アイロン初心者の方は、お気に入りのストレートアイロンを見付けて、憧れのツヤ髪を手に入れてみませんか?

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター