サムネイル

人気のヘアカラー「ハイライト」に挑戦!おしゃれな髪色のオーダー方法は?

垢抜けた髪色になれるおすすめのハイライトについてまとめました。ブリーチや明るめのヘアカラー剤を使って作るハイライトはトレンドの髪色を楽しみたい時におすすめ。暗めから暗めまで色々なタイプのハイライトがあるので、髪色に合わせてヘアカラーやブリーチを選んでみてはいかがですか?ここではオススメのハイライトをご紹介します!

ハイライトで髪型をイメチェン!

「今の髪色から一気に垢抜けたい!」という場合におすすめしたいのがハイライト。ハイライトを入れるだけで立体感やツヤ感が生まれて、おしゃれな髪色に仕上げる事が出来ます。「この髪色に飽きていたな」という時にもハイライトを入れるのがおすすめ。ハイライトの入れ方によって髪色に変化をつける事が出来ます。シーンや普段のファッションに合わせてハイライトの入れ方を工夫するのがポイント。自分にぴったりのハイライトカラーを入れる事が出来れば、トレンドの髪色を楽しむ事が出来ます。

今回は、髪色に変化をつけたい時にぴったりなおすすめハイライトについてまとめました。アッシュ×ハイライトやブルージュ×ハイライトなど、ハイライトの入れ方は様々。なりたい自分に合わせてハイライトを入れていけば、きっと魅力的な髪色にする事が出来るはずです。ブリーチを入れたり、ヘアカラーで仕上げたりといったようにハイライトを入れる方法によっても風合いは変わってくるので、ハイライトの知識を備えてお気に入りの髪色にしていきましょう。

ハイライトってどんなヘアカラー?

ヘアサロンでヘアカラーをする時に聞く事が多いハイライトですが、どういったタイプのヘアカラーの事を指すのでしょうか。ハイライトとは、ベースの髪色よりも明るめのヘアカラーを線状に細く入れるヘアカラーの事です。ベースの髪色よりも明るめにする事でツヤや立体感を出しやすくなり、ヘアカラーのニュアンスを変えられるのが魅力。ハイライトを入れるだけで一気に垢抜けた印象の髪色になれると人気を集めています。

ハイライトの入れ方は様々。細くナチュラルにハイライトを入れる方法や太めに存在感のあるハイライトを入れる方法など、お好みに合わせて選ぶ事が出来ます。アッシュ×ハイライトのようにヘアカラーの組み合わせによっては外国人風の透明感のある髪色にする事も可能。今の髪型に合わせたハイライトで素敵なヘアカラーに仕上げてみませんか?

ブリーチしないとできないの?

ハイライトはベースの髪色よりも明るめのヘアカラーを入れるので「ブリーチをしないと出来ないのでは?」と思う方も多いのではないでしょうか。ブリーチとは、髪を脱色する事でヘアカラーを入れやすくする方法の事です。ブリーチをしておけば明るめのカラーも入れやすくなるので、ハイライト=ブリーチをしなければならないと考える事もあるかもしれません。しかし、ハイライトはブリーチをしなくてもOK。明るめのヘアカラーをライン状に入れていけば、ブリーチ無しでも魅力的なハイライトに仕上げられます。
勿論、ハイライトの存在感を引き立てたい時などはブリーチを入れてからハイライトをするのでも大丈夫。ブリーチは髪に負担を与えやすいので、髪の状態によってブリーチを入れるかどうかを判断してくのがおすすめです。ヘアサロンで美容師さんと相談しながらハイライトの入れ方を決めていきましょう。

髪の毛にハイライトを入れる魅力

最近は髪にハイライトを入れる人が増えていますが、ハイライトの魅力とはどういった所にあるのでしょうか。まずは、ハイライトの良い所についてチェックしていきましょう。ハイライトには色々な魅力があり、そういった所にメリットを感じるからこそハイライトでヘアカラーをチェンジする人が増えているようです。ハイライトの良さを活かせるようなヘアカラーなら、おしゃれなトレンド感を演出する事が出来るのではないでしょうか。

髪が伸びても目立ちにくい

ハイライトの良い所として挙げられるのが髪が伸びても目立ちにくいという事です。通常、ヘアカラーをしていると髪が伸びていくうちに根元の部分だけ黒くなるプリン状態になってしまうのが問題。プリン状態になるとだらし無い印象を与えたり、おしゃれ感も薄れてしまいます。

ハイライトは細く線状にヘアカラーを入れているので髪が伸びたとしても目立ちにくいのが嬉しいポイント。「ハイライトを入れた後にしばらくヘアサロンに行く事が出来ない」「プリン頭になってダサくなるのが心配」という方にもハイライトがぴったりです。

髪に立体感を出せる

ハイライトの魅力は、立体感を出せるという所にもあります。ハイライトは線状に明るいヘアカラーを入れるので、髪に立体感を与えやすいのが特徴。ハイライトを入れる事でふんわりとした女性らしい質感の髪に仕上げる事が出来ます。人気を集めているのがハイライトとウェーブヘアも組み合わせ。ハイライトが入っているとウェーブヘアの立体感が引き立ち、外国人のようなふわふわ感のある髪型になります。

勿論、ストレートヘアとハイライトの相性もバッチリ。ストレートヘアは髪型が平面的に見えがちですが、ハイライトを入れる事で立体感が出て素敵な仕上がりになります。レイヤー入りのストレートヘアなど、髪型に合わせたハイライトの入れ方をすれば魅力的なヘアカラーになるのではないでしょうか。

染める髪以外を傷めない

「ちょっと明るめの髪色にしてみたいけど、髪が傷むのは避けたいな」という場合にもハイライトはおすすめです。ハイライトは線状になるように部分的なヘアカラーの入れ方をしているので、明るめの色を入れたとしてもダメージを減らせるのが魅力。ブリーチをした場合でも部分的なので、髪への負担を最小限にする事が出来ます。部分的にでも明るいハイライトを入れるだけで垢抜けた髪色になるので、痛みがちな髪でも気軽に取り入れる事が出来るはず。ハイライトで髪色のおしゃれを楽しみませんか?

色落ちまで楽しめる

ハイライトは色落ちを楽しむ事も出来ます。線状に入れているので色落ちしたとしても全体の髪色に大きな影響はなく、徐々に変化していく髪色を楽しめるのがハイライトの良い所。最初から色落ちしにくいハイライトを入れておけば、ベースの髪色が色落ちしたとしてもおしゃれなコントラストが生まれます。

このようにハイライトにはメリットが沢山あるのが嬉しいポイント。おしゃれな髪色に仕上げつつ、髪へのダメージを減らしながら色落ちまで楽しめるのであれば「ハイライトを入れてみたい!」と感じる人も多いのではないでしょうか。ハイライトでおしゃれな髪色にしていきましょう。

ハイライトのおすすめのオーダー法

ハイライトと一口に言っても、その入れ方は様々です。細かくハイライトを入れるのか、太めに入れるのか、ハイライトのトーンはどうするのかなどこだわるポイントによってハイライトの仕上がりが変わってくるので、なりたい自分に合わせて選んでいきましょう。今回は、ハイライトのオーダー方法についてもまとめました。「こうしたい!」という目的に合わせたオーダー方法でハイライトを頼んでいきましょう。ヘアサロンで美容師さんと相談しながらハイライトを入れておけば、理想の髪色になるはずです。

①オフィスでもOKなオーダー法

「ハイライトを入れてみたいけど、あまり派手なハイライトだとオフィスで浮いてしまうので暗めが良い」という場合もあるのではないでしょうか。そんな時は「オフィスでも浮かない暗めのハイライトにしてください」とオーダーしましょう。そうすれば、トーンを抑えた暗めのハイライトを入れてくれるので自然な立体感を出しながら落ち着いた風合いの髪色に仕上げてくれます。暗めのハイライトでも光の当たり具合でおしゃれなニュアンスを感じられるのが魅力。

②立体感を出すオーダー法

「ハイライトで立体感を出したい!」という場合は、「ベースの髪色とのコントラストがはっきりしたハイライトにしてください」と注文するのがおすすめ。コントラストが明確になっているハイライトなら、立体感を出しやすくなります。この場合、明るめのハイライトを入れる事が多いので、場合によってはブリーチをした方が綺麗に仕上がるかもしれません。

③ヘアスタイルに合わせたオーダー法

髪型に合わせたハイライトにしたい時は「デザインハイライトにしてください」か「ポイントハイライトにしてください」とオーダーするのがおすすめです。デザインハイライトはラインと強調し、髪型の流れに合わせて入れるハイライトの事。ポイントハイライトは毛先など、部分的にハイライトを入れる方法です。どちらも髪に合わせた入れ方が出来るので、おしゃれで個性的な仕上がりになります。

④外国人風なオーダー法

外国人風の髪色にしたい時は「グラデーションとハイライトを組み合わせてください」とオーダーしてみましょう。ハイライトは毛先に向かって細くなっていくので、グラデーションカラーで色調を合わせる事でナチュラルな外国人風の髪色に出来ます。更に外国人感を出したい時はアッシュ系のカラーをベースとしてグラデーション×ハイライトにするのがおすすめ。アッシュ系のヘアカラーは透明感が増して外国人風に仕上げやすくなります。

ハイライトした後のカラーは?

ハイライトをした後に気になるのが「この後のヘアカラーはどうしよう?」という事。ハイライトを続けたい、ヘアカラーを重ねたい、など目的に合わせてどうするべきか決めていきましょう。

ハイライトを戻したいときは…

「ハイライトは十分に楽しんだから、元の色調に戻したいな」という場合はローライトを入れましょう。ローライトとは、暗めのヘアカラーを線状に入れる方法の事。ベースの髪色と同じようなローライトを重ねる事で色調が統一されます。

ハイライトを継続したいときは…

「ハイライトをまだ続けたい!」という場合は、次のヘアカラーの時にハイライトを重ねていきましょう。ハイライトは重ねていく事で色がくっきりとしてくるので、立体感が増します。ハイライトはそのままに雰囲気を変えたい場合はスタイリング方法を変えたり、レングス&バングスを変えてみるのも良いでしょう。

ハイライトを残したいときは…

ハイライトを残したい場合は、違うテイストのカラーのハイライトを入れてもOK。違う色をハイライトに入れる事で印象が変わります。また、ハイライトはそのままに上からヘアカラーをかけるのも可能。この場合、アッシュ系のヘアカラーを入れると色落ちした時に髪色がグリーン系になってしまう事があるので、ヘアサロンのスタッフを相談しながら色を考えていきましょう。

色別!ハイライトのヘアカタログ

ハイライトについて詳しく知る事が出来たら、ハイライトを入れた髪色の事例も要チェック。色々なタイプのハイライトがあるので、お好みで取り入れてみてはいかがですか。

「ブルージュ×ハイライト」で暗めに

暗めのヘアカラーにしたい時はブルージュ×ハイライトがおすすめ。ブルージュでほんのり青みのある暗めの髪色にすれば、透明感がアップします。光が当たる毎に魅力的な暗めの髪色になるのも魅力。暗めの髪色でも透明感は失いたくない、という場合に取り入れてみてください。

「アッシュ×ハイライト」で外国人風に

「トレンドの外国人風の髪色にしたい!」という場合には、アッシュ×ハイライトがおすすめ。アッシュは、くすみのあるグレー系の髪色の事です。アッシュを入れる事で髪の赤みが抑えられるのが外国人風に仕上がるポイント。日本人の髪は赤みが入っているので重たく見えがちですが、アッシュで赤みを消せば透明感が増して外国人のような軽さのある髪色になります。アッシュ×ハイライトなら立体感もアップ。光の当たり具合によって魅力的なアッシュ系ヘアカラーになります。

「ベージュ×ハイライト」でモテ髪に

「モテ感を優先したい!」という場合はベージュ×ハイライトにしてみましょう。柔らかなテイストのベージュは男性ウケが良いヘアカラーとして人気。ベージュ×ハイライトにする事でナチュラルに立体感を生み、おしゃれなヘアカラーに仕上げる事が出来ます。

「ピンク×ハイライト」であざとさを

女性らしさをさりげなく感じさせるにはピンク×ハイライトにしてみてはいかがですか。光に当たるとほんのりピンク色になるヘアカラーは女性らしく、可愛い印象になります。ピンクカラーに抵抗がある場合もハイライトと組み合わせる事で取り入れやすいのも嬉しいポイント。

ハイライトでおしゃれな髪型になろう♡

ヘアカラーの雰囲気を変えたい時はハイライトがおすすめ。暗めのハイライトならナチュラルに、明るめならおしゃれに、といったように暗め・明るめで仕上がりが変わってくるのでお好みで選んでいきましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター