サムネイル

大人女子に似合うぱっつん前髪の切り方!失敗しないセルフカットのコツ!

ぱっつん前髪はフェミニンな印象が強いので大人の女性は少し敬遠してしまう髪型かもしれません。ですが、実際は前髪の切り方を工夫することで、大人の女性にも似合うぱっつん前髪に仕上げることが出来ます。ここでは大人女子に似合うぱっつん前髪の簡単な切り方について紹介していきます。セルフカットでぱっつん前髪を手に入れて♡

大人向けぱっつん前髪の切り方

おでこの上で切り揃えられたぱっつん前髪は、幼くフェミニンな印象にすることが出来る前髪です。ぱっつん前髪はおでこが隠れるので、小顔効果も得られるおすすめの前髪です。フェミニンさが強いので大人の女性は敬遠してしまう前髪でもありますが、少し手を加えてカットすれば大人の女性にぴったりの前髪になります。こちらでは、大人の女性に似合うぱっつん前髪や、簡単な切り方をご紹介していきます。

大人女子は切り方をアレンジ

前髪は顔の印象を変えることが出来るパーツです。サイドに流したり、かきあげ前髪にすれば大人っぽく女性らしい雰囲気、おでこで切り揃えられたぱっつん前髪はフェミニンな印象に仕上がります。ぱっつん前髪は可愛いイメージが強いので、大人がぱっつん前髪にすると浮いてしまうのではと前髪を切らずにサイドに流す女性も多いかもしれませんが、ぱっつん前髪は切り方を工夫すればこなれ感や抜け感を出すことが出来ます。

同じぱっつん前髪でも重めに切るか軽めに切るかで印象が変わります。こちらでは、大人の女性に似合うぱっつん前髪をチェックしていきましょう。伸ばしっぱなしでサイドに流している前髪を思い切ってカットして、簡単なイメージチェンジをしてみましょう。

ぱっつん前髪の簡単セルフカット法

理想の前髪を美容師さんに伝えるのは意外と難しいものです。思ったより短い前髪に仕上げられて失敗してしまったという方もいます。前髪のカットは少しコツを押さえれば自分でも簡単に出来ます。セルフカットで自分に似合うぱっつん前髪を手に入れましょう。こちらでは、ぱっつん前髪の簡単セルフカット方法についてご紹介していきます。

①前髪にする毛束をとるってドライヤー

前髪をカットする前に、前髪についたクセは伸ばしておきましょう。クセがついた状態でカットしてしまうと斜めになってしまうからです。まずは、前髪を軽く水で濡らして、ドライヤーで乾かしていきます。濡れた状態のままカットすると前髪が乾いた時に思ったよりも短く仕上がってしまう可能性があるので注意しましょう。

ぱっつん前髪にする時は、前髪をおでこ側におろしてドライヤーを上から当ててクセが付かないように乾かします。前髪をしっかりとキャッチ出来るロールブラシを使ってブローするのがおすすめです。前髪が乾いたらコームで梳かしましょう。この時、前髪の分量を決めます。前髪を厚めにするのか、薄めにするのかで分量が変わります。髪の生え際の上に三角形が出来るようなイメージで前髪を取りましょう。

②ブロッキングする

前髪の分量を決めたら、間違えて切ることのないようにカットする以外の髪はサイドに留めましょう。 次に、前髪をブロッキングしていきます。髪は一気に切ってしまうと斜めになったり、失敗しやすいのでパーツごとに少しずつ切っていくといいでしょう。前髪の厚さにもよりますが、表面から内側に向けて上・中・下の3段階くらいに分けてブロッキングするといいでしょう。一番内側の前髪はおろしたままでOKです。

③下段から順にカットする

前髪をブロッキングしたら、一番内側の前髪である下段からカットしていきましょう。セルフカットでは、髪の毛が落ちることを気にして下を向いてカットしがちですが、下を向いたままだと前髪をどれくらいカットしているのかを確認しづらいです。なるべく、正面の鏡を見ながら前髪をカットするようにしましょう。

一気に切ると失敗しやすいので、最初に真ん中の前髪をカットして、真ん中に合わせてサイドも切っていくといいでしょう。少しずつ切って調整することで、切り過ぎて前髪が短くなってしまうことを回避出来ます。目尻側の髪は少し長めに切ると仕上がり綺麗です。下段を切り終えたら、中段の髪をおろしてカットしましょう。下段の髪よりも2~3mmくらい長めに切ると毛先が重くなり過ぎません。前髪が浮いてしまうと失敗しやすいので、コームで梳かした状態でカットするといいでしょう。最後に上段の髪をおろしてカットします。内側の前髪と同様の切り方でぱっつん前髪にしていきましょう。

④毛先をカットして整える

上段、中段、下段と前髪を切り終えたら、最後に微調整をしてバランスを整えます。ハサミを縦にした状態で、前髪の毛先を軽くカットしていきましょう。前髪の毛先を少し軽くすることで前髪が重くなり過ぎません。ただし、縦方向に何度もカットするとせっかく切りそろえたぱっつん前髪がギザギザになってしまうので注意しましょう。コームで梳かしながらカットすると簡単で、バランスよく仕上がります。

ぱっつん前髪の切り方【重め】

基本のぱっつん前髪の切り方が分かったら、次は色々なぱっつん前髪の切り方を知りましょう。重めのぱっつん前髪はモードっぽくしたり、アンニュイな雰囲気にしやすい前髪です。大人の女性だからこその魅力がある前髪なのでおすすめです。こちらでは、大人の女性に似合う重めのぱっつん前髪の特徴や簡単な切り方についてご紹介していきます。

幅広ぱっつん前髪

重めの幅広ぱっつん前髪は、前髪を幅広に切りそろえた前髪です。面長の女性に似合うぱっつん前髪で、面長の女性が幅広ぱっつん前髪にすると横のラインを出すことが出来るので、顔の長さをカバーして小顔効果を得ることが出来ます。サイドに馴染むようにグラデーションで繋げていき、丸みのあるシルエットにするとバランスがいいです。重めの幅広ぱっつん前髪は切る前髪の分量が多いので、ブロッキングを細かめにしてからカットするといいでしょう。重めの幅広のぱっつん前髪には、ゆるふわなカールヘアが似合うのでおすすめです。

オン眉ぱっつん前髪

重めのオン眉ぱっつん前髪は、モードやアンニュイな雰囲気の女性に似合う前髪です。眉上で切り揃えられた重めのぱっつん前髪は、大人のおしゃれな雰囲気を作りやすいのでおすすめで、思い切ってイメージチェンジしたい時にもぴったりの前髪です。重めのぱっつん前髪の簡単な切り方のコツはバランスを見ながらカットすることです。最初は眉のラインくらいでカットしてから、少しずつ短くしていくと失敗しにくいです。

内巻きぱっつん前髪

フェミニンな雰囲気に仕上げたい時は、重めの内巻きぱっつん前髪がおすすめです。ぱっつん前髪は内巻きにアレンジすると柔らかい印象に仕上がります。重めの内巻きぱっつん前髪にカットする時は、内巻きアレンジのことを考えて少し長めに重め前髪を作るようにしましょう。重めのぱっつん前髪を内巻きにアレンジする時は、大きめのマジックカーラーを使うとふんわりとナチュラルなカールが簡単に付くのでおすすめです。
立体感のある内巻き前髪にアレンジしたい時は、コテを使いましょう。前髪を表面と内側にブロッキングしてからコテで巻くと簡単にアレンジが出来ます。内側の前髪はゆるくコテで巻き、表面の前髪は少し強めにカールを付けると前髪に立体感が出て印象が変わります。おろした重めのぱっつん前髪に飽きてきたら、コテでアレンジして変化をつけましょう。

ぱっつん前髪の切り方【軽め】

可愛い雰囲気や女性らしさを出したい時は、軽めのぱっつん前髪にアレンジしましょう。長めの前髪からぱっつん前髪にする時にも挑戦しやすいのでおすすめです。最近のトレンドであるシースルーバングも軽めのぱっつん前髪で、フェミニンな雰囲気の中にも色っぽさがあるので人気のスタイルです。こちらでは、軽めのぱっつん前髪の特徴や切り方、大人の女性にも似合うアレンジの方法などをご紹介していきます。

シースルーぱっつん前髪

韓国で流行したシースルーバングは日本でも人気のヘアスタイルです。薄めの前髪は清楚なイメージですが、色っぽい雰囲気も出すことが出来るので大人の女性も似合う前髪となっています。シースルーバングにカットする時は、前髪の分量に注意しましょう。シースルーバングは薄めの前髪なので、少なめに前髪を取って、カットしていくことがポイントです。
柔らかい雰囲気に仕上げたい時は、大きめのマジックカーラーやコテで内巻きにアレンジすると簡単です。こなれ感を出したい時は、ウェットで束感のあるシースルーバングにアレンジするのがおすすめです。ヘアオイルやワックスを手に取り、前髪の毛先を中心に付けるだけなので簡単です。前髪全体に付けてしまうとベタベタになったり、かえって重く見えてしまうので注意しましょう。

立体感ぱっつん前髪

ぱっつん前髪はカットだけでなく、アレンジで軽く見せることも出来ます。まずは、少し長めのぱっつん前髪にカットしていきましょう。表面の前髪はカールを付けやすいように内側よりも長めにカットするのがポイントです。ぱっつん前髪をアレンジする時は、細めのコテを準備します。表面の前髪の毛束を取って、コテでランダムに巻いていきます。この時、毛束は細かく取って巻いていくと無造作感がアップします。前髪の表面がふわふわになることで軽い仕上がりになり、大人の女性に似合うこなれ感のあるスタイルに仕上がるのでおすすめです。

幅狭ぱっつん前髪

幅狭のぱっつん前髪は軽めの仕上がりで、フェミニンな印象になる前髪です。切り揃える短い前髪は幅狭にしてサイドは少し長めに仕上げるので小顔効果があります。カットをする時のコツはサイドの髪を前髪にしてしまわないように、サイドをきちんと留めてからカットすることです。前髪にする部分は少し短めにカットした方が可愛らしい印象になります。サイドと前髪の長さにギャップがありすぎると浮いてしまうので、前髪とサイドの境目に違和感が出ないようにグラデーションにしてカットしていきましょう。グラデーションにすることで、前髪とサイドの境目が馴染んでナチュラルな仕上がりになります。

失敗したぱっつん前髪の切り方

ぱっつん前髪のセルフカットはコツを押さえれば簡単ですが、切りすぎてしまったり、不揃いに仕上がったりと失敗してしまうこともあります。ぱっつん前髪のカットに失敗してしまった時は前髪のアレンジで対処しましょう。真っ直ぐににおろしたぱっつん前髪では違和感があっても、アレンジすることでおしゃれなスタイルにすることが出来ます。こちらでは、ぱっつん前髪のカットに失敗した時の対処法をご紹介していきます。

流し前髪にする

ぱっつん前髪にカットしてみたけれど、しっくりこないという場合もあります。そんな時は、斜めに流してアレンジしてみましょう。真っ直ぐおろした前髪だと違和感がある時は、おでこが全て隠れてしまっているのが原因の場合があります。サイドに流すことでおでこが少し見えるので雰囲気が変わるはずです。

コテを使ってサイドに流すと簡単です。前髪の中間を挟んで流したい方向に引っ張りながら内巻きにしましょう。前髪を短くし過ぎてコテで挟むのが難しい場合は、一度前髪を水で濡らしてからドライヤーでクセ付けをしましょう。流したい方向に前髪を流してドライヤーを当てていくと簡単です。バレッタやピン留めを使ってサイドに流して留めてしまうのもありです。前髪の切りすぎは伸びるまで上手く対処していきましょう。

オン眉にする

ぱっつん前髪のカットに失敗してしまったら変にごまかすのではなく、思いき切ってオン眉にカットしてしまうのもありです。オン眉ぱっつん前髪はおしゃれな大人の女性になれるスタイルです。厚めの前髪に仕上げてヘアオイルやワックスでウェット感を出せば、こなれ感のある髪型になるのでおすすめです。自分でオン眉にするのが難しい場合は、美容院で切ってもらうのもいいでしょう。

似合うぱっつん前髪の切り方を習得!

大人女子に似合うぱっつん前髪の切り方や、アレンジの方法についてご紹介しました。ぱっつん前髪は若い女性にしか似合わないと思っている方もいるかもしれませんが、同じぱっつん前髪でも切り方によって印象は変わりますので、自分に似合うぱっつん前髪を見つけましょう。サイドに流す長め前髪ばかりでヘアスタイルがマンネリ化している女性は、イメージチェンジになって新たな魅力を発揮出来るかもしれません。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター