サムネイル

黒髪に似合うメイク術!黒髪が映える垢抜けフェイスの鍵は透明感にあり!

黒髪に似合う透明感溢れるメイク術についてまとめました。垢抜けた印象の黒髪メイクにしたい時は透明感を重視したベースメイクがポイントになります。アイメイクやチークなども黒髪に似合う方法で垢抜けていきましょう!黒髪に似合うメイクで垢抜けフェイスを目指してみませんか?

黒髪でも垢抜けたい!

「黒髪だと地味に見られがち…」「黒髪でばっちりメイクをしたらキツく見られてしまった」という事はありませんか?黒髪に似合うメイクと似合わないメイクがあるので、それを把握しておく事が大切。黒髪に似合うメイクにする事が出来れば、一気に垢抜けられます。ベースメイクやアイメイクなど、各ポイント毎にこだわりながら黒髪に似合うメイク術を取り入れてみましょう。黒髪だったとしても、ちょっとしたメイクの工夫でおしゃれに仕上げられます。

今回は、黒髪さんに似合うメイク術についてまとめました。黒髪でも垢抜けたい時は、ベースからメイクにこだわっていきましょう。アイメイクやリップなどのポイントメイクもテクニックを活用していけば、垢抜けた印象のメイクを楽しめます。黒髪に似合うメイクで素敵な女性に変身していきましょう。

黒髪には透明感メイクがお似合い!


黒髪に似合うメイクのポイントとして挙げておきたいのが透明感。黒髪にマット系のベースメイクや色味が強いアイシャドウやアイラインを使うとキツく見えてしまいやすくなります。黒髪自体の色が強めなので、メイクに関しては透明感を重視して儚げな印象を作っていきましょう。くっきりとしたメイクはモード感が強まってしまいますが、透明感メイクを意識していけば柔らかく女性らしい雰囲気に仕上げる事が出来ます。黒髪に透明感のあるメイクを合わせれば、周囲を惹きつける魅力を身につけられるはず。

メイクで透明感を出したい時は、ベースメイクの方法やアイシャドウ・チーク・リップなどの色選び&質感選びが大切になります。全体的にシアーな質感で柔らかな色味のメイクに仕上げていくのが黒髪に似合う透明感メイクのコツ。透明感あふれる黒髪メイクで垢抜けていきましょう。

黒髪向けメイク【ベース】

黒髪メイクで透明感を出す為にこだわっておきたいのがベース。ベースを工夫しておく事で黒髪に似合う透明感を引き出す事が出来るようになります。ベースメイクで大切になるのが厚塗り感を出さない事。黒髪で厚塗り感が出ると老けた印象になってしまいます。素肌を生かしながらカバーすべき所はカバーする事によって厚塗り感なく透明感を出していくのが黒髪メイクのポイント。そういった所を意識しながらベースメイクを仕上げていきましょう。ベースが変わるだけでもメイク全体の印象がガラッと変わります。

メイク前にしっかり保湿する

メイク前に行っておきたいのが保湿。保湿が十分でないと、素肌を生かした透明感を出す事が出来ません。「メイク崩れがすぐ起きてしまう…」という場合は保湿が足りていない可能性があります。肌が乾燥している状態でベースメイクをするとひび割れが起きやすくなり、時間が経過する毎に崩れてしまうので気をつけましょう。油脂肌の場合は保湿が足りない為に皮脂バランスが取れず、皮脂崩れの原因になります。乾燥肌の場合も、油脂肌の場合も、保湿はきっちり行うようにしてください。

洗顔が終わったら、化粧水で肌を整えます。乾燥が気になる時は導入化粧水を使うのがおすすめ。化粧水の浸透率がアップします。化粧水はハンドプレスするようにすると肌に馴染むので、もっちりとした肌を目指していきましょう。続いて乳液を使って水分に蓋をします。化粧水をつけたままだと水分が蒸発してしまうので、乳液で油分を補ってあげる事が大切。こうして肌にたっぷりと潤いを与えた状態でベースメイクを初めていきます。

パール入り下地でツヤ感を仕込む

保湿が終わったら、ベースメイクに入っていきましょう。透明感のある黒髪メイクにしたい時におすすめしたいのがパール入りの下地。下地で肌のデコボコをならしておくと、後でファンデーションを厚塗りしなくてもナチュラルに綺麗な肌に見せる事が出来ます。また、パール入りの下地なら肌の内側から輝くようなツヤ感を出せるのもポイント。微細なパールが光を反射して、透明感とツヤを与えてくれます。「肌にツヤが足りないかな」と感じている場合は、パール入りの下地を使ってみてください。

パール入り下地を手の甲に適量取ったら、肌の内側に点置きしていきます。両頬・顎・額・鼻といったようにポイント毎に点置きしていきましょう。これが厚塗りにしないようにするコツ。点置きをしたら、外側に向かって塗り広げていきます。下地に関しても厚く塗りすぎるとナチュラル感が薄れてしまうので、薄く広げていくのがおすすめ。これで下地の準備が整いました。

ファンデは薄付きで素肌感を演出

黒髪メイクで透明感を出す為には、素肌のようにナチュラルなベースメイクに仕上げる必要があります。その為、ファンデーションは薄付きを意識しましょう。下地で肌のムラをカバーしてあるので、ファンデーションは厚塗りし過ぎる必要はありません。もし、シミやクマなどが気になるのであればコンシーラーを使います。コンシーラーを使ってカバーしておけば厚塗りになる事もなくなるのではないでしょうか。リキッドの場合はファンデーションの後に、パウダーの場合はファンデーションの前にコンシーラーを入れます。

続いて、ファンデーションを使っていきましょう。ツヤ感と透明感を出したい時はリキッドタイプのファンデーションがおすすめ。自然なツヤを引き出してくれます。ファンデーションも下地と同じように両頰・額・顎・鼻に点置きしてください。それから外側に向かって塗り広げていきます。スポンジを使って馴染ませると定着しやすくなります。

ハイライトを入れて立体感を出す

「もっとツヤ感を出して垢抜けたい!」という場合は、ベースにハイライトを加えてみましょう。ハイライトとは、ポイント毎に使う事でツヤを出す事が出来るメイク術。ハイライトを入れる箇所を間違えると逆効果になってしまうので、取り入れておきたいポイントをチェックしておく事が大切です。まず、ハイライトを鼻筋と額のTゾーンに入れてください。こうする事で目鼻立ちが際立ち、ナチュラルに立体感を出せます。

続いて、目尻から黒目のラインにかけて下瞼にハイライトを入れましょう。目元のくすみが消え、透明感がアップします。ハイライトは顎に少し入れるのもおすすめ。こうする事で顎が細く華奢な顔立ちに見せられます。仕上げに唇の山の窪み部分にハイライトを入れてください。唇がぷっくりと見え、くすみがちな口元も若々しく見せてくれます。

黒髪向けメイク法【アイメイク】

ベースメイクが完成したら、アイメイクに移っていきます。垢抜けた印象になる為には、アイメイクの色使いが大切なポイント。黒髪は強めの色のアイメイクだとキツく見られやすいので、柔らかな印象になるようにまとめていきましょう。色の取り入れ方によってメイクの雰囲気も変わってくるので、アイメイクにもこだわってみてください。

アイシャドウは単色で

黒髪のアイメイクでおすすめしたいのが単色アイシャドウ。黒髪で何色かのアイシャドウを使ってグラデーションを作ると目元がキツくなってしまう事があります。敢えて単色アイシャドウで仕上げる事で抜け感を演出するのがポイント。柔らかく女性らしい目元に仕上げられます。アイシャドウはベージュやブラウンなど、馴染みの良いカラーを使うと良いでしょう。可愛く仕上げたい時はピンク系を使うのもOK。
目元を引き締めたい時は、目尻のキワに暗めの色を少し入れておくと綺麗に仕上がります。アイシャドウの色は肌の色との相性も見ながら決めてみてください。

ふさふさまつ毛で目力を

アイシャドウがシンプルなので、目力を出す為にまつ毛はふさふさに仕上げていきます。ロングタイプのマスカラを使い、ビューラーで上げたまつ毛を根元から持ち上げるようにしましょう。この時、マスカラはブラウン系を使うのがおすすめ。まつ毛の長さを出しながらナチュラルに仕上げる事が出来ます。ボリュームタイプだとナチュラル感が薄れてしまうので、ロングタイプを使うようにしてください。

アイライナーは茶色でナチュラルに

黒髪のアイメイクに黒のアイライナーを合わせると、どうしてもキツイ印象になってしまいます。そうならないように、アイライナーは茶色を選びましょう。茶色なら自然に目元をパッチリと見せやすくなります。瞼のキワにアイラインを入れ、目尻から少しはみ出すようにすると目力アップ。これが基本的なアイメイクの方法になるので、是非取り入れてみてはいかがですか。

黒髪向けメイク法【チーク】

黒髪に似合うアイメイクの次は、チークの入れ方についてご紹介します。チークの入れ方も黒髪メイクで透明感を出せるかどうかのポイント。黒髪でチークを濃く入れると老けた印象になってしまうので、ほんのりとさりげない色味を出す事が大切になります。マット系のチークよりもシアーなチークがおすすめ。透明感のあるチークを選んで女性らしく仕上げていきましょう。

クリームチークでほんのり血色感を

内側からポッと出てきたような血色感を出したい時にぴったりなのがクリームチーク。ほんのりとした赤みを頰に与え、ツヤも出るので透明感がアップします。クリームチークは少量ずつ使うようにしましょう。指の腹でクリームチークを取ってから手の甲で馴染ませ、頰に乗せていきます。頰の高い位置から丁寧に広げてください。色味が足りない時は少しずつ足して、調整をします。

パウダーチークでふんわりほっぺに

ふんわりキュートなメイクにしたい時はパウダーチークがおすすめ。コーラルピンク系のパウダーチークをメイクブラシに含ませたら、頰の高い位置に丸い円を描くように入れていきましょう。ふわっとしたナチュラルな血色感を出していくのがポイントになります。

黒髪向けメイク法【リップ】

メイクの仕上げに大切になるのがリップ。リップの色味によってメイクの印象が変わってくるので、どうなりたいかを考えながらカラーを選んでいきましょう。リップもチークと同じようにシアーな質感の物を選ぶのがおすすめ。マットなリップだとキツくなってしまいますが、シアー系なら透明感のある仕上がりになります。

ピンクは清楚な印象に

清楚な印象の黒髪メイクにしたい時は、ピンク系のリップを使うと良いでしょう。敢えてリップラインは描かず、ラフに塗る事によって抜け感を演出するのがコツです。唇をぷっくりと見せたい時は、透明グロスを重ねるのもおすすめ。お好みに合わせて、仕上げ方を変えてみてください。

赤はモードな印象に

モード系にしたい時は赤リップにチャレンジ。赤リップはキツくなる印象ですが、シアー系を選べば強くなり過ぎないので丁度良いバランスが取れます。赤リップを唇の内側に塗ったら、指を使ってポンポンっと塗り広げていくようにしましょう。しっかり塗るよりも、こうした方が垢抜けた印象のリップに仕上げられます。

黒髪におすすめのトリートメント紹介

魅力的な黒髪女性になる為には、トリートメントも大切。パサついた黒髪だと魅力も半減してしまいます。自宅で簡単にケアが出来る優秀トリートメントを集めました。ツヤのある素敵な黒髪を目指して、トリートメントに力を入れてみませんか?

TSUBAKI/プレミアムリペアマスク/持続性ヒアルロン酸でサロン帰りのような髪質に

持続性ヒアルロン酸で髪にたっぷり潤いを与えられると評判なのがTSUBAKIのトリートメント。パサつきがちな髪も滑らかでツヤのある髪質になると人気を集めています。髪の乾燥が気になる時におすすめ。

ラックス/ルミニークリッチリペアマスク/オーガニックホホバオイルでダメージを補修

オーガニック認証を受けたホホバオイルを始めとしたヘアケア成分がたっぷり含まれたトリートメント。ダメージを受けた髪も綺麗な状態に戻せる事から注目されています。

ルベルコスメ/イオディープマスク/グリセリンやアルギニン成分がうねりやクセを防ぐ

グリセリンやアルギニンといった成分を含み、うねりやクセを抑えてくれるトリートメント。滑らかで綺麗な黒髪を目指したい時に最適なアイテムとなっています。

黒髪に似合うメイクで垢抜けよう♡

黒髪で垢抜けたい時は、メイク方法が大切になります。ベースメイクで透明感が出しつつ、アイメイクやチーク、リップはナチュラル感を重視していきましょう。素敵な黒髪女性を目指して、メイクを工夫してみてはいかがですか。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター