サムネイル

ストレートアイロンを使った前髪の巻き方!初心者でも失敗しないコツ!

ストレートアイロンを使った初心者でも失敗しない簡単な前髪の巻き方や流し方についてまとめました。流し前髪やぱっつん前髪を綺麗に仕上げるにはストレートアイロンを使った簡単な巻き方を覚えておくと便利。基本的な巻き方を知っていれば初心者でも失敗せずにストレートアイロンで前髪を整える事が出来ますよ。

ストレートアイロンで前髪アレンジ

ヘアスタイルを整えたいと思っていても「前髪だけ綺麗な形にならない…」という事は多いのではないでしょうか。前髪の形が決まらないとヘアスタイル全体をまとめる事が出来ないのが悩み所。しかし、忙しい朝などは前髪を整えるだけに時間をかける事は出来ません。そんな時は、ストレートアイロンを使った前髪の巻き方を把握しておくと便利。初心者でも失敗しないストレートアイロンの巻き方を覚えておく事で、時間をかける事なく前髪を綺麗に整える事が出来るようになります。
今回は、初心者でも簡単に出来るストレートアイロンの失敗しない前髪の巻き方についてまとめました。ストレートアイロンを使う時に心配なのが「初心者だから失敗するかもしれない」という事。ストレートアイロンを使った巻き方は難しそうなイメージがありますが、前髪の巻き方の基本を覚えておけば大丈夫です。流し前髪やぱっつん前髪も簡単なストレートアイロンの巻き方でアレンジする事が出来るので、是非お好みの巻き方で前髪を整えてみませんか?ストレートアイロンでおしゃれなヘアスタイルを作っていきましょう。

ストレートアイロンとコテとの違いは?

前髪だけでなくヘアスタイル全体を綺麗に整える為に使われる事が多いストレートアイロン。そんなストレートアイロンと同じようなアイテムとして「コテ」も挙げられます。どちらも熱を使って髪をスタイリングするアイテムですが「ストレートアイロンとコテは何が違うのだろう」と初心者の方は疑問に思う場合も多いのではないでしょうか。ストレートアイロンとコテは、元々の形と使用目的が異なります。コテは筒状の形になっており、巻き髪を作るのが主な使用目的。太さによって巻き髪の細かさが変わってきます。
一方でストレートアイロンはプレートの表面の熱を均一に当てる事によって髪のうねりや癖を直し、ストレートヘアを作るのが特徴。また、ストレートアイロンの使い方によってはワンカールやウェーブヘアを作る事も出来ます。プレートで挟んで使うのでショートボブなど短い髪をスタイリングするのにも適しており、前髪を巻くのにも最適なアイテム。コテで前髪を巻く事も出来ますが、ストレートアイロンの方が初心者でも簡単に巻けるのがポイント。失敗しない前髪の巻き方にしたい時はストレートアイロンを使うのがおすすめです。

どんな巻き方も簡単にできる

ストレートアイロンはストレートヘアを作る為のアイテムと思われがちですが、実は色々な巻き方が簡単に出来る事でも知られています。ストレートアイロンのプレートで前髪を挟み、流し前髪にしたり、ワンカールのぱっつん前髪にしたり、工夫次第で色々な巻き方が出来るのが魅力。コテは巻き髪を作る為に使われる事が多いですが、ストレートアイロンなら髪を真っ直ぐにしつつカールを作る事が出来るので初心者でも簡単に綺麗なヘアスタイルに仕上げやすいです。
かき上げ前髪や流し前髪、ぱっつん前髪など、色々なストレートアイロンの巻き方でヘアスタイルを整えていきませんか?自分にぴったりのストレートアイロンの巻き方で前髪をスタイリングしていけば、ワンランク上のおしゃれを楽しむ事が出来ます。

失敗しないストレートアイロンの巻き方

色々な前髪の巻き方が出来るストレートアイロンですが、初心者の場合は「失敗してしまうかも?」と心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。「ストレートアイロンを使ってみたら、何故か失敗してしまった」という初心者の方もいるはず。ストレートアイロンは熱を使って髪をスタイリングしていくので、巻き方が間違えると失敗に繋がってしまいます。また、髪へのダメージも大きくなるので使用前に失敗しないストレートアイロンの巻き方のポイントを把握しておく事が大切。
ストレートアイロンは基本的な巻き方のポイントを覚えておけば、失敗する事なく前髪のスタイリングをする事が出来るようになります。前髪の巻き方で失敗したり、髪を傷めたりする前にストレートアイロンを使いこなすコツについてチェックしていきましょう。ストレートアイロンを使いこなす事が出来るようになれば、色々な前髪の巻き方を楽しめるようになるはずです。

乾いた髪に使用する

ストレートアイロンを使う上で気をつけておきたいのが髪を濡らした状態で使わないという事です。髪が濡れた状態でストレートアイロンの熱を当てると、水分が蒸発するのが問題。表面の水分が蒸発するだけでなく、髪の内部の水分も蒸発しやすくなります。それによって髪の潤いが失われ、パサパサとした状態になってしまうので気をつけましょう。また、髪が濡れているとキューティクルが開いた状態になっています。キューティクルが開いている時にストレートアイロンで熱を与えるとダメージが大きくなるので要注意。
ストレートアイロンで前髪をスタイリングする時はしっかりと乾かした状態にしておきましょう。ストレートアイロンを使う時は髪を保護する為にスタイリング剤を使う事が多いかと思われますが、スタイリング剤で髪が濡れた状態でストレートアイロンを使うのもNG。スタイリング剤を前髪に馴染ませたら、ドライヤーで乾かしてから使うようにします。このように、どのような場合でも髪が乾いた状態でストレートアイロンを使うようにしてください。

適正温度を守る

ストレートアイロンを使う時に初心者が迷いがちなのが「どの温度にすれば良いのだろう?」という事です。ストレートアイロンは温度が高いとスタイリング力が高まりますが、髪へのダメージも大きくなるのが問題。プロは200度以上の温度でストレートアイロンを使い、素早くスタイリングをする事も出来ますが初心者でそのやり方をすると髪を傷めてしまうので気をつけましょう。一般的に、髪は160度以上の熱が加わると内部にある成分が変質し、ダメージが与えられやすくなると言われてます。
その為、ストレートアイロンを使った前髪の巻き方を取り入れる場合は160度くらいに抑えておくのがおすすめ。初心者が160度以上のストレートアイロンを使うと髪を傷めやすくなる可能性が高くなります。安心して前髪のスタイリングをする為にも160度を目安にしてください。ただし、ストレートアイロンの温度が低過ぎるとキープ力が落ちてしまうので、低過ぎないようにする事も大切になります。

同じ部分にあてない

ストレートアイロンを使った前髪の巻き方で初心者が失敗してしまいがちなのが、同じ部分に何度も当てるという事。ストレートアイロンを前髪の同じ部分に何度も当てると、熱によるダメージがどんどん重なってしまいます。そうする事で、前髪の形が整ったとしても乾燥してパサパサとした状態になる可能性があるので気をつけましょう。「ストレートアイロンで前髪を巻いたら、広がってパサパサになってしまった」という場合は同じ部分に何度もストレートアイロンを当てているのかもしれません。
初心者の場合、そのままの状態で前髪を巻くと何度も同じ部分にストレートアイロンを当てて失敗してしまいがち。そういった事を防ぐ為に前髪をブロッキングした上でストレートアイロンを使う巻き方がおすすめです。前髪をブロッキングした巻き方ならどの部分をストレートアイロンで巻いたのか分かりやすいので、簡単に前髪をスタイリングしやすくなるのがポイント。こうした事も意識しながら簡単な巻き方でストレートアイロンを前髪に使っていきましょう。

冷風で仕上げる

ストレートアイロンで前髪を巻いた後は、冷風を当てて仕上げていきましょう。設定温度に気をつけていたとしても、ストレートアイロンで前髪に熱を加えた後はキューティクルが開いた状態になります。キューティクルが開いた状態が続くと髪のダメージに繋がるので、仕上げにキューティクルを引き締める事が大切なポイント。ストレートアイロンで前髪を整えたら、ドライヤーの冷風を当てて仕上げていきましょう。
しっかりと前髪をカールさせたい時はストレートアイロンを使ってから少し置いて熱がおさまってから前髪をほぐして冷風を当てるのがおすすめ。ナチュラルな質感に仕上げたい時はストレートアイロンで巻いたら早めに前髪をほぐし、冷風を当てましょう。前髪をほぐすタイミングで仕上がり具合も変わってくるので、ストレートアイロンを使った巻き方と一緒にこだわってみてください。

ストレートアイロンの巻き方【流し前髪】

ストレートアイロンの基本的な巻き方のポイントについてチェック出来たら、具体的な前髪の巻き方について見ていきましょう。ストレートアイロンを使えば、様々な巻き方が出来るのが嬉しいポイント。清楚な流し前髪やおしゃれなぱっつん前髪、大人っぽいかき上げ前髪といったように雰囲気の異なる前髪の巻き方をストレートアイロンでする事が出来ます。
まずは、ストレートアイロンを使った流し前髪の巻き方からご紹介。流し前髪はふんわりとした質感が出る巻き方が人気。斜めに流しながらふんわり感を出す事で清楚な女性らしさを演出する事が出来ます。失敗しないストレートアイロンの巻き方で流し前髪を作ってみてはどうでしょうか。

①前髪をわける

初心者が簡単に流し前髪を作る時に必要となるのがブロッキング。ブロッキングをしておかないと、どこにどのくらいストレートアイロンを当てたのか分からなくなりがちです。また、ブロッキングをした巻き方の方が簡単に前髪を理想の形にする事が出来るので、ブロッキングはしっかりやっておくようにしましょう。流し前髪の場合、前髪は上下に分けます。前髪を上の部分と下の部分に分けて、上の部分はヘアクリップで留めておいてください。これでヘアアイロンを使った流し前髪の巻き方の準備が出来ました。

②わけた前髪を挟んで巻く

前髪を上と下にブロッキングしたら、ストレートアイロンで巻いていきましょう。流し前髪を作る場合は、下の部分からストレートアイロンを当てていく巻き方をします。下の前髪をストレートアイロンで挟んだら、斜めに流しながらスライドさせてください。この時、ポイントになるのが前髪の中間地点からストレートアイロンを挟む事です。こうした方がふんわりとした流し前髪を作りやすくなるので、挟む位置を意識してみましょう。
毛先付近になったらストレートアイロンを内側に巻き、流していきます。続いて、上の部分の前髪も同じような巻き方で流していけばOK。手首を回転させるようにして毛先を内巻きにするのが綺麗に仕上げるコツです。

③ヘアスプレーをかけて整える

ストレートアイロンを使った巻き方で流し前髪を作ったら、ヘアスプレーを前髪全体にかけて整えましょう。顔にヘアスプレーがかからないように顔に新聞紙や雑誌などを被せた上でスプレーするのがおすすめです。ヘアスプレーをかけた方が流し前髪が乱れにくくなるので、仕上げに使っておきましょう。指を使って流し前髪の形を整えたら完成です。簡単な巻き方で理想の流し前髪を作ってみてはいかがですか。

ストレートアイロンの巻き方【ぱっつん前髪】

続いて、ストレートアイロンを使ったぱっつん前髪の巻き方も見ていきましょう。ぱっつん前髪の巻き方は可愛らしく仕上げたい時にぴったり。ストレートアイロンで毛先をくるんっとさせる巻き方にする事で、キュートなぱっつん前髪に仕上げる事が出来ます。長めの前髪もぱっつん前髪をワンカールで巻いていけばふわっとした優しげな雰囲気に出来るので、ぱっつん前髪の巻き方もレパートリーに加えてみてはどうでしょうか。ストレートアイロンを使ったぱっつん前髪の巻き方は簡単なので、是非チャレンジしてみてください。

①前髪を3つにわける

ストレートアイロンでぱっつん前髪の巻き方をする場合も前髪をブロッキングしていきましょう。流し前髪の場合は上と下で前髪を分けましたが、ぱっつん前髪の時は左右と中央の3つに分けるのがポイントになります。ぱっつん前髪は真っ直ぐにストレートアイロンで巻いていくので、上下に分けるよりも左右中央で分けた方が綺麗に仕上がりやすくなるので巻き方のコツとして取り入れてみてください。真ん中の毛束を残し、左右の前髪をヘアクリップで留めておきます。それからストレートアイロンでぱっつん前髪を巻きましょう。

②真ん中から巻く

ぱっつん前髪では、最初に真ん中の毛束から巻いていきましょう。前髪の根元付近からストレートアイロンで挟み、毛先に向かって内巻きになるようにスライドさせていきます。毛先が内巻きになると、可愛い印象のぱっつん前髪になるのでふんわり感を意識する巻き方にしてみてください。

②左右を巻く

真ん中の前髪を巻いたら、左右の前髪も巻いてください。この時、巻き方のポイントとなるのが真ん中の長さに合わせて左右の前髪を巻くという事です。左右と真ん中で長さが異なると不自然な印象になるので注意が必要。左右中央それぞれのバランスを見ながらストレートアイロンで巻いていくと、綺麗なぱっつん前髪に仕上がります。ぱっつん前髪が出来上がったら、流し前髪と同じようにヘアスプレーで形を整えて出来上がりです。

ストレートアイロンの巻き方【かきあげ風前髪】

「大人っぽい前髪の巻き方にしたい!」という場合は、ストレートアイロンを使ってかき上げ風前髪にしていきましょう。ストレートアイロンを使えば、かき上げ前髪も簡単に作る事が出来ます。セクシーな雰囲気も出せるかき上げ前髪でおしゃれなスタイルを簡単に作っていきませんか?

①巻き方は根元から5cmを内向きに

まずは、前髪を8:2で分けましょう。8で分けた部分をストレートアイロンで巻いていきます。ストレートアイロンでかき上げ前髪を作る時に重要になるのが根元を立ち上げるという事。根元が立ち上がっている事によって、ふわっとした質感のかき上げ前髪を作っていきます。前髪の根元から5cmくらいの所でストレートアイロンを挟み、内巻きにしてください。ここでストレートアイロンを内巻きにする事でふわっと感を出していきます。

②そのまま後ろにすべらせる

ストレートアイロンで内巻きにしたら、そのまま後ろの方へ滑らせていきます。この巻き方を両サイドにあるハチの部分にも行い、かき上げ前髪を仕上げていきましょう。

③全体のバランスを整える

ストレートアイロンでかき上げ前髪を作ったら、スタイリング剤を使って全体のバランスを整えます。ふわっとした質感が出るようにスタイリングをしていくと大人っぽい雰囲気のかき上げ前髪になるので鏡を見ながら整えてください。これでかき上げ前髪の完成です。

初心者におすすめのストレートアイロン

続いて、簡単な巻き方で綺麗に仕上がるおすすめストレートアイロンをチェックしていきましょう。髪にダメージを与えない巻き方が出来るストレートアイロンで理想の前髪を目指してみてください。

サロニア/2WAYストレート&カール

価格:3,218円
特徴:セラミックプレートで均一に熱を与えダメージを最小限に抑える

髪へのダメージを最小限に抑える巻き方が出来るストレートアイロンとして人気なのがサロニア。こちらのストレートアイロンはセラミックプレートを使用しているのが特徴。均一に熱を与える事が出来るので素早く前髪をスタイリング出来ます。熱への影響を抑えた巻き方をしたい時に最適ではないでしょうか。また、ストレートアイロンとしてだけでなくコテとして使えるのも特徴。ワンタッチでストレートアイロンとコテを切り替えられるので便利です。

アゲツヤプロ/アゲツヤチタニウムストレートヘアアイロン

価格:2,980円
特徴:クッションプレートで滑らかに動かせて初心者でも使いやすい

初心者でも簡単な巻き方で使えると評判になっているのがアゲツヤのストレートアイロン。こちらのストレートアイロンにはクッションプレートが付いているので、滑らかに動かせるのが魅力です。髪に絡みにくく、初心者でも使いやすくなっているのが嬉しいポイント。簡単な巻き方で艶やかな状態に仕上げる事が出来ると人気です。

アレティ/マイナスイオンストレートカール両用ヘアアイロン

価格:10,980円
特徴:マイナスイオンを放出するプレート搭載でツヤのある仕上がり

マイナスイオンを放出し、ツヤのある仕上げりに出来るのがアレティのヘアアイロン。簡単な巻き方でナチュラルな前髪を作れると注目されています。こちらのヘアアイロンもカールとストレートの両方の巻き方が出来るので、アレンジに合わせて使い分けられるのが魅力。色々な巻き方でスタイリングを楽しむ事が出来ます。

ストレートアイロンで巻き方自在な前髪に♡

前髪の巻き方は、基本を覚えておけばとても簡単に出来ます。ストレートアイロンは熱を使うので、髪へのダメージを抑える巻き方にする事が重要なポイント。髪を濡らした状態で使わない、仕上げには冷風を当てるといった基本的な巻き方を把握しておくだけでも前髪の仕上がりが変わっていきます。流し前髪やぱっつん前髪を作る時は、ブロッキングをしてからストレートアイロンを使う巻き方がおすすめ。このように前髪の巻き方のコツをチェックして、ストレートアイロンを活用していきましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター