サムネイル

金髪にした時の眉カラーは?眉毛だけ浮かないよう髪色に合わせよう!

金髪にした時に簡単に眉毛を髪色に合わせた色にするアイブロウのやり方・染め方についてまとめました。金髪にした場合は眉毛も髪色に合わせないと不自然な印象になってしまいます。 ここでは眉マスカラを使った簡単なアイブロウのやり方から眉毛の色を変える染め方をご紹介します!眉毛を髪色に合わせて簡単に変えていきましょう。

金髪に合う眉カラーを紹介♡

イメージチェンジする為に金髪にしてみたものの「何だか垢抜けないな」と感じた事はありませんか?折角髪色を変えたのに思ったような雰囲気に慣れない場合の理由として挙げられるのが眉毛。髪色は変えたとしても眉毛の色を変えていないと全体的にバランスが取れず、チグハグな印象になってしまいます。金髪にしたのであれば、眉毛の色も変えるのがおすすめ。簡単なアイブロウのやり方や眉毛の染め方をチェックしておけば、金髪にしても眉毛だけが浮く事はありません。

今回は、金髪にした時におすすめしたい眉毛のアイブロウ方法や染め方についてまとめました。簡単に眉毛の色を金髪に合わせたい時は眉マスカラなどのコスメを使うのが最適。眉マスカラを使えばナチュラルに眉毛を髪色に合わせる事が出来ます。また、市販の脱色クリームの染め方を覚えておけば眉毛の色自体を金髪に合わせる事も可能。色々なやり方があるので、自分がやりやすい方法で眉毛を金髪に合わせていきませんか?おしゃれな金髪を楽しむ為に眉毛にもこだわっていきましょう。

金髪にすると眉毛が浮いてしまう

おしゃれな髪色として人気の金髪。ヘアカラーには色々な種類がありますが、「一気にイメージチェンジをしてみたい!」「垢抜けた印象にしたい」という場合には金髪にするのがぴったり。透明感と軽さのある金髪は外国人風のヘアカラーとしても人気を集めています。金髪にも色々なトーンがあるので、日本人にも合わせやすい髪色は沢山。そういった事も合間って金髪に髪色を変える女性が増えてきています。しかし、金髪に髪色を変えた後に「野暮ったいな」と感じてしまう事も。その野暮ったさも原因は眉毛かもしれません。

髪色は金髪にしたのに眉毛は地毛のまま、という事はありませんか?金髪で眉毛が黒いままだと違和感を与えてしまう事があります。その為、金髪にしたとしても眉毛のせいで野暮ったく見えてしまうので気をつけましょう。おしゃれな金髪スタイルを楽しみたい時は眉毛の色にこだわる事も大切。眉マスカラを使ったアイブロウや簡単な脱色クリームの染め方をチェックしておけば、野暮ったかった眉毛も垢抜ける事が出来るようになります。

髪色に合わせて眉色も変えよう!


日本人が金髪にした時に眉毛が浮いてしまう理由は、地毛の色と金髪がマッチしていないから。日本人の地毛には赤みが含まれていると言われています。一方で、金髪はブリーチをして赤みを決して外国人風の髪色にしている為、赤みを含んだ地毛の黒眉とはマッチしません。その為、金髪にしたのに眉毛の色を変えていないとチグハグな印象を生み、野暮ったい印象を与えてしまいます。「日本人でもおしゃれな金髪ヘアスタイルを楽しみたい!」という場合は眉毛の色も変えていくのが大切なポイント。

本記事では、初心者でも簡単に出来る眉毛の色の変え方や染め方についてご紹介します。金髪に変えたら、なるべく早めに眉毛のアイブロウのカラーもチェンジするのがおすすめ。意外と簡単な染め方で眉毛の色を変える事も出来るので、自分がやりやすい方法を取り入れていきましょう。眉毛の色を変えるだけでそれまでの印象とは大きく変わってくるので、金髪に合わせておしゃれに決めていきましょう。

金髪に合う眉毛の色をチェック

「金髪に合わせた眉毛の色にしたい!」と思っていても、実際にどのような色にすれば良いのか分からないという場合も多いのではないでしょうか。「黒眉のままでは野暮ったいのは分かっているけれど、金髪に合う眉毛の色ってどのようなカラーなのだろう」と迷ってしまい、結果的にあまり似合わないアイブロウペンシルや眉マスカラを選んでしまう事もあるので気をつけてください。様々なカラーが揃うアイブロウコスメの中でぴったりの色を選ぶ事が大切。眉毛を染める場合は最適なトーンにする染め方が重要になります。

金髪に似合う眉毛の色を把握しておけば、とても簡単に全体の印象をガラッと変えられるのが嬉しいポイント。眉毛の色はその人の雰囲気を左右するとも言われているので、イメージチェンジしたい時は髪色だけでなく眉毛の色も変えていきましょう。「すごくおしゃれになったね!」と周囲から褒められるような金髪スタイルになるように似合う眉毛の色チェックしていきませんか?

基本はイエローベースのブラウン

金髪に似合う眉毛にする為に基準としたいのが髪色。金髪に合わせた眉毛の色を選ぶ事で垢抜けた印象にする事が出来ます。金髪のカラーを見てみると、基本的にイエローベースであるという事が分かるのではないでしょうか。髪色から赤みを取り、イエローベースに仕上げた金髪なら同じようにイエローベースのブラウンを眉毛の色として選んでみましょう。イエローベースの明るめのブラウンに眉毛の色を変えれば、金髪とマッチしておしゃれな仕上がりになります。

イエローベースの明るめブラウンにすると、色素が薄い儚げな印象になれるのも魅力。金髪と眉毛の色が合間って、アンニュイな雰囲気をまとえます。「外国人のような色素が薄い系の人になりたい!」という場合は、イエローベースの明るめブラウンにしてみましょう。アイブロウだけでなく他のメイクもそれに合わせていくと、儚げで守ってあげたくなるような雰囲気に仕上げる事が出来ます。

ヘアカラーと瞳の色の中間色

「金髪に合わせてイエローベースの明るめブラウンにしてみたけど、何だかしっくりこないな」という場合もあるかもしれません。色白の人は明るめのブラウンしてもバランスが取りやすいですが、肌の色が暗めのトーンの場合は明るめのブラウンにする事で浮いてしまう事があります。そんな時は、自分にぴったりな眉毛の色を選んでいく事が大切。基本的には、金髪と瞳の色の中間色を選ぶと失敗がないと言われています。日本人の瞳の色は黒やこげ茶系が多いので、金髪よりもワントーン暗めのブラウン系の眉毛にするのがおすすめ。

金髪と瞳の中間色を選べば、自分の肌の色にぴったりな眉毛に仕上げる事が出来ます。明るめトーンの眉毛にするよりも落ち着いた雰囲気が出るのも嬉しいポイント。「折角、髪色を金髪にしたのだからもっと外国人風にしてみたい!」という場合はカラーコンタクトを使ってみましょう。カラーコンタクトで瞳の色のトーンを上げれば、更に金髪と馴染みやすくなります。髪色・眉毛の色・瞳の色のトーンと揃えるのがおしゃれに見せるポイント。総合的なバランスを見ながら色を選んでいくようにしてみてください。

いつものメイクで眉毛を明るくする方法

金髪に合わせて簡単に眉毛の色を変えたい時は、普段のメイクを工夫していきましょう。使用するアイブロウペンシルやアイブロウパウダーの色を工夫すれば、とても簡単に眉毛の色を金髪に合わせる事が出来るようになります。普段のメイクとほとんど変わらないやり方なので、眉毛の色を簡単に変えたい人におすすめ。ただし、この方法は眉毛が元々薄い人のみに最適なやり方です。眉毛が濃いめだとアイブロウペンシルやアイブロウパウダーを使ったも眉毛の色を変えてにくいので注意してください。

眉毛が薄めの方であれば、上から明るめトーンのアイブロウペンシルやアイブロウパウダーを入れても違和感がありません。しかし、濃いめの眉の場合は地毛の色とアイブロウの色が喧嘩をして不自然な印象になってしまう事があります。そうならないように、自分の眉毛の濃い・薄いに合わせて方法を変えていくのがおすすめです。

①アイブロウペンシルで眉毛をかく

続いて、眉山から眉頭に向かってアイブロウペンシルで書き足します。この後にアイブロウパウダーを使うので、眉頭の部分はあまり書き足さないようにしましょう。

まずは、アイブロウペンシルを使っていきましょう。アイブロウペンシルの色は金髪と瞳の色の中間色を選びます。少し明るめのトーンのアイブロウペンシルを選ぶと垢抜けやすくなるのではないでしょうか。眉山から眉尻にかけて、足りない部分をアイブロウペンシルで書き足していきます。眉毛の1本1本を書き足すようなイメージでアイブロウペンシルを使うと自然な仕上がりに。

②パウダーでぼかす

ナチュラルな眉毛に仕上げる為に欠かせないのがアイブロウパウダー。アイブロウパウダーを使ってぼかしていく事で、地毛の色と馴染ませていきます。まず、アイブロウパウダーを眉山から眉尻にかけて濃いめに入れましょう。続いて、眉山から眉毛の中間にかけてアイブロウパウダーを入れます眉頭にかけてはあまりアイブロウパウダーは入れず、眉頭に向かって薄くぼかすようにするのがポイント。眉頭までしっかりアイブロウパウダーを入れるとナチュラル感が薄れてしまいます。
眉毛の中間から眉頭までぼかし、ふんわり感を出したらOK。明るめのトーンの眉毛にする事で、金髪にしっくり馴染むようになったのではないでしょうか。

簡単!眉マスカラで眉毛を明るくする方法

「メイクで眉毛を金髪に合わせた色にしたいけど、地毛が濃いめだからペンシルとパウダーだけでは浮いてしまう…」という場合には眉マスカラを使うのがおすすめ。眉マスカラを使って地毛の色を変えていく事によって眉毛の色を簡単に変えられます。勿論、眉毛が薄めの人も眉マスカラを使う事で金髪に合わせた眉毛の色をキープしやすくなるので取り入れていくと良いでしょう。眉マスカラを使って眉毛のトーンを変えるやり方はとても簡単なので、気軽にチャレンジする事が出来ます。

眉マスカラを選ぶ時は、アイブロウペンシルやパウダーを選んだ時と同じように明るめのトーンを選びましょう。金髪と瞳の色の中間色を意識し、ぴったりの眉マスカラの色を見つけてください。

①マスカラ液をティッシュオフ

眉マスカラを使う時に気をつけておきたいのがマスカラ液のつけ過ぎずです。眉毛の色を簡単に変えられる眉マスカラですが、マスカラ液がつき過ぎた状態で塗ると不自然な印象になってしまうので気をつけましょう。また、地肌にマスカラ液がつきやすくなってしまうのも問題。そうならないように、眉マスカラを使う時はマスカラ液をティッシュオフしてください。

予めティッシュオフをしておけば余分なマスカラ液が落ちて、自然に眉毛に塗る事が出来るようになります。ティッシュオフするかしないかで仕上がりが変わってくるので忘れないようにしましょう。

②毛の流れと逆方向に塗る

眉毛全体にムラなく眉マスカラを塗る為に、まずは毛流れに逆らって塗っていきましょう。眉マスカラを塗る時は毛流れに沿った方法で塗りがちですが、こうすると眉毛に色ムラが出来てしまいます。最初に毛流れに逆らう事で塗り残しなく全体に塗りやすくなるのがポイント。眉マスカラのブラシが地肌につかないように気をつけながら塗ります。まずは眉山から眉尻、眉山から眉毛の中間、といったようにポイント毎に塗っていくと丁寧に仕上がるのではないでしょうか。

③眉頭の毛に塗る

立体感のある眉毛に仕上げたい時におすすめしたいのが眉頭に少し濃いめに眉マスカラを塗る方法。毛流れに逆らいながら、眉頭に眉マスカラを塗っていきましょう。こうすると立体感が出てメリハリのある目鼻立ちに仕上げやすくなります。ただし、塗り過ぎると不自然になるので注意が必要。鏡でバランスを見ながら眉マスカラを塗り、綺麗な仕上がりになるようにしてください。

④眉毛の流れにそって塗る

眉毛の流れに逆らって眉マスカラを塗った後は、流れに沿う形で塗っていきましょう。仕上げに眉毛の形を整えながら塗っていく事で綺麗な仕上がりになります。このやり方ならムラも出来にくいので、初心者でも綺麗な眉毛になるのではないでしょうか。眉マスカラを使うのと使わないのとでは仕上がりが変わってくるので、しっかり眉毛の色を変えたい時は活用してみてください。

脱色クリームで眉毛を金髪にする方法

「金髪に合わせて毎日眉マスカラを使うのは面倒だな」「朝のメイクの時間を短縮したいな」という場合に最適なのが脱色クリームを使う方法。髪の色をブリーチで明るくするように、脱色クリームを使って眉毛の色も明るいトーンにする事が出来ます。脱色クリームの染め方によっては眉毛も金髪に出来るので、イメージチェンジしたい時にぴったり。毎日のメイクが楽になり、眉毛が金髪に浮く事も無くなります。

眉毛の色をを脱色クリームで変える時に気をつけたおきたいのが染め方。染め方によって仕上がりが変わってくるのに加えて、目に入らないようにするなどの注意点が幾つかあります。そういった点を守った染め方をしていけば綺麗な仕上がりになるので、基本の染め方をチェックしていきましょう。

①薬剤を混ぜる

脱色クリームはドラッグストアなどで市販されています。比較的リーズナブルな価格で手に入るので、眉毛の色を変えたいという場合に活用してみましょう。肌が弱い方の場合は脱色クリームを使う事で何らかの影響が出てしまう可能性もあるので、敏感肌用の脱色クリームを選ぶなど工夫をしてください。脱色クリームを手に入れたら、薬剤を混ぜていきます。パッケージの表記に従って、薬剤を混ぜて準備していけばOK。薬剤が混ざったら、次のステップに進みます。

②クリームを眉毛の上にのせる

薬剤が混ざったら、クリームを眉毛の上に乗せていきます。この時、眉毛に乗せるクリームはたっぷりと使いましょう。クリームの量が少ないと眉毛に色ムラが出来てしまう事があります。厚めになるようにクリームを塗ってください。ただし、クリームを塗り過ぎると垂れて目に入ってしまう可能性があるのでバランスを見る事も大切。適度にクリームを乗せて、垂れないようにします。クリームが目に入った場合はすぐに洗い流し、異常を感じた時は病院を受診しましょう。

③10分ほど放置する

薬剤を塗り終わったら、10分程放置していきます。この間に眉毛が脱色された明るいトーンになっていきます。好みのトーンになるように時間の調整をしていきましょう。しっかりと脱色をしたい場合はパッケージの表記に従いながら少し長めに放置をしておくと良いかもしれません。

④脱色剤を拭き取る

好みの色に眉毛の色が変わったら、脱色剤を拭き取っていきます。残らないようにしっかりとふき取るようにしましょう。これで眉毛の脱色は完了です。意外と簡単な染め方で眉毛の色を変えられますが、脱色クリームが目に入らないようにする事が大切。染め方を間違えると思ったようにならない場合もあるので、パッケージに記載されている注意事項を守った染め方で眉毛の色を変えていくようにしましょう。

金髪に合う眉作りに最適なアイテム

続いて、眉毛の色を金髪に合わせる為におすすめしたいアイテムについてご紹介します。アイブロウパウダーや眉マスカラなど色々なタイプのアイテムがあるので、是非取り入れていきましょう。自分にぴったりなやり方で眉毛の色を変えれば、一気に垢抜ける事が出来るはずです。

ビボ/アイフル マユズミ6(ライトブラウン)

簡単に綺麗な眉毛が描けると評判のアイブロウペンシルです。滑らかなテクスチャーで描きやすく、発色も綺麗と評判。眉毛の色をしっかりと変えたい時にもぴったりなアイテムになっています。

ケイト/デザイニングアイブロウ3D EX-4

立体感のあるふんわり眉毛にしたい時に役立つのがケイトのデザイニングアイブロウ。このアイブロウパウダーの魅力は、3色が揃っているという事です。3色を混ぜ合わせる事によって自分好みのカラーに出来るのが嬉しいポイント。金髪にぴったりな色に仕上げる事も出来るので役立つのではないでしょうか。アイブロウパウダーとしてだけでなくシェーディングとしても使えるので、金髪に合わせてメリハリのある目鼻立ちにシェーディングメイクするのもおすすめです。

ヘビーローテーション/カラーリングアイブロウR 01

眉マスカラならヘビーローテーションが人気を集めています。ヘビーローテーションの眉マスカラは発色が綺麗で金髪に合わせやすいカラーも充実。地肌につきにくいブラシになっているので、初心者でも簡単に使えるようになっています。眉マスカラで眉毛の色を変えたい時に活用してみてはいかがですか。

ジョレン クリームブリーチ/アロエ入り マイルドタイプ

眉毛の色を変えたい時にぴったりな脱色クリームです。肌に優しいアロエ入りのマイルドタイプになっているので「眉毛の色を変えたいけど、肌への影響が気になるな」という方にもおすすめ。脱色クリームを使えばメイクの手間も減るので、簡単に金髪に眉毛の色を合わせたい時に最適です。

金髪に合う眉作りについてのQ&A

金髪に似合う眉毛を作る時に色々な疑問が持ち上がってくる事もあるかもしれません。そんな疑問を解決する為のQ&Aをまとめました。事前にこれらの疑問を解消しておけば安心。後から「失敗した」という事も少なくなるはずです。

眉マスカラを使う時のメイクの順番は?

眉毛のメイクをする時に気になるのが眉マスカラを使うタイミング。基本的に、ペンシル・パウダー・眉マスカラの順番に使うのがおすすめです。眉マスカラを最初に使うと眉毛が固まってペンシルやパウダーを入れにくくなってしまうので要注意。眉マスカラは仕上げとして使うようにしましょう。

髪用のブリーチを使って大丈夫?

「髪用のブリーチ剤でも眉毛の色を変えられるのでは?」と思うかもしれませんが、これはNG。髪用のブリーチ剤は刺激が強いので、顔につくと肌荒れの原因になってしまいます。脱色したい時は、眉毛専用の脱色クリームを使うようにしてください。

セルフ以外の眉毛の染め方は?

「眉毛の色を変えたいけど、自分でやるのはちょっと心配」という場合に他の方法があるのでしょうか?ヘアサロンのメニューを見てみると、眉毛のカラーを扱っている所もあります。しかし、実はこれは違法である場合がある為、注文する時は完全に自己責任。眉毛の脱色によって何らかのトラブルが起きた場合も自己責任と考える必要があります。そうしたリスクも考慮した上で、どういった方法が最適なのか決めていきましょう。

金髪に合う眉カラーで垢抜けよう!

金髪にした時は眉毛の色を変えるのがおすすめ。黒眉のままだと野暮ったい印象になってしまうので注意しましょう。眉マスカラを使った簡単な方法から脱色クリームを使った染め方まで、眉毛の色を変えるやり方は様々。自分のスタイルに合わせた方法で眉毛の色を変えて、素敵な金髪スタイルにしていきましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター