サムネイル

一重さんにおすすめのかわいいメイク方法!もう地味顔なんて言わせない!

一重さんにぴったりなかわいいメイクのやり方やコスメアイテムについてまとめました。「一重がコンプレックス…」と思っている方もアイメイクのやり方を工夫すればかわいい目元に仕上げる事が出来ます。一重さんに最適なコスメアイテムも取り入れて、かわいいアイメイクを楽しんでみませんか?

ビューラーで中間からカールする

かわいい一重メイクのやり方伝授!

「一重だから目が小さく見える…」「一重がコンプレックスでメイクが楽しめない」と感じる事はありませんか?一重よりも二重の方がパッチリとした目元で魅力的に見えやすいと思う場合が多いかもしれませんが、一重だったとしてもメイクのやり方を工夫する事によってかわいいメイクに仕上げられます。一重でメイクが上手く決まらない場合は、やり方を変えてみるのがおすすめ。アイラインの引き方やアイシャドウの塗り方などアイメイクのポイントを押さえておけばかわいい一重に見せる事が出来ます。
今回は、一重さんにおすすめしたいアイメイクのやり方やコスメアイテムについてまとめました。アイメイクでかわいい一重にしたい時は、アイメイクをポイント毎にこだわっていく事が大切。アイラインの引き方が変わるだけで目元の印象はガラッと変わってくるので、一重にぴったりなアイメイクを意識してみましょう。コスメアイテムの選び方も一重を魅力的に見せる為には大切です。かわいい一重を目指して、アイメイクを工夫していきましょう。

一重だからこそかわいいメイクに

二重に憧れ、「一重はかわいく見えない」と悩んでしまう場合があるかもしれませんが一重だからこそ楽しめるアイメイクがあります。一重である事をコンプレックスに思い過ぎるとメイクが楽しくなってしまうのではないでしょうか。一重をコンプレックスに思い過ぎず、逆にそれを生かすようなアイメイクが出来るようにポジティブに捉えていきましょう。一重を生かしたアイメイクをしていけば、一重でしか表現出来ないかわいいメイクを満喫する事が出来るようになります。
一重でアイメイクをするメリットとして挙げられるのが、濃いめのアイシャドウを上品に取り入れる事が出来るという事。一重の場合、アイシャドウを濃いめに入れる事で目元にメリハリが生まれて大人っぽく上品な印象に仕上げる事が出来ます。また、二重ラインがない事を生かしてアイラインの入れ方を工夫すれば垂れ目にも猫目にも見せられるのが一重メイクの良い所。目尻のアイラインの入れ方によって垂れ目に見せたり、キリッとした猫目に仕上げる事も可能なので色々なタイプのアイメイクを楽しめます。

かわいい一重メイクの必須アイテム

二重さんだと主張が強くなり過ぎてしまうような濃いめのアイシャドウにチャレンジ出来たり、垂れ目・猫目をアイメイクによって自由に作る事が出来る一重は、実はメイク映えする顔立ち。一重である事をコンプレックスと思わず、その良さを生かしていけば自分にしか出来ない魅力的なアイメイクになるはずです。一重でアイメイクにこだわりたい時に大切になるのがコスメアイテム。どのようなコスメアイテムを取り入れるかによって一重のアイメイクの仕上がりは変わってきます。
一重アイメイクに必要なコスメアイテムを集めました。必要なコスメアイテムを揃えておけば、簡単に一重にぴったりなアイメイクに仕上げる事が出来るのでこだわっていきましょう。「そのアイメイク、かわいいね!」とみんなに褒められるようなコスメアイテムの選び方についてご紹介します。

マットなアイシャドウ

一重メイクのポイントとなるのがアイシャドウ。アイシャドウの塗り方によって目元に奥行きを与え、目力をアップさせる事が一重のアイメイクのやり方では重要になります。一重さんにおすすめしたいコスメアイテムは、マット系のアイシャドウ。アイシャドウにはラメやパールが入ったタイプもありますが、一重さんのアイメイクにはマット系のアイシャドウが最適です。ラメやパールが入ったアイシャドウを使うと瞼が腫れぼったく見えてしまう事がありますが、マット系ならすっきりと綺麗な一重に見せやすくなります。
一重アイメイクでは、ブラウンやベージュ系のマットアイシャドウを持っておくと便利。ブラウンやベージュは肌馴染みが良く、腫れぼったく見えがちな一重もアイメイクによって奥行きのあるすっきりとした目元に仕上げられます。アクセントをつけたい時はピンク系のアイシャドウもコスメアイテムのラインナップに入れておきましょう。ピンクだけだと腫れぼったく見えてしまうのでブラウンやベージュと組み合わせてアクセントカラーにするのがおすすめ。大人っぽくしたい時は紫のアイシャドウが一重アイメイクには最適です。

リキッド&ペンシルアイライナー

続いて、取り入れておきたいコスメアイテムがリキッド&ペンシルアイライナー。一重のアイメイクの場合、アイライナーは2種類揃えておくとアイラインが描きやすくなります。リキッドアイライナーは目尻のアイラインに、ペンシルアイライナーは目元に奥行きを与えるアイラインとして活躍。それぞれの特性を生かしたアイラインの引き方をする事で素敵な一重アイメイクに仕上げられます。一重さんの場合はアイラインが取れやすいので、汗や皮脂に強く擦っても落ちないようなタイプのアイライナーを選びましょう。
「目力をアップさせたいから黒のアイラインを引くやり方が一番!」と一重のアイメイクでは思ってしまいがちですが、それはNG。一重の場合、黒のアイラインを引くやり方だと目元がきつく見えてしまうのと同時にアイラインだけが悪目立ちしてしまう事があります。そうならないようにブラウン系のアイラインを引くやり方がおすすめ。ブラウンのアイラインならナチュラルに目力をアップさせる事が出来ます。かわいい目元を目指している場合は、ブラウンのアイライナーを一重アイメイクに取り入れてみてください。

ビューラー

一重さんの場合、まつ毛をしっかりと上げることもアイメイクでは大切になります。まつ毛が瞳にかかっているような状態だと目が小さく見えやすくなるので注意が必要。まつ毛を上向きにしておくだけでも目元がパッチリとしたかわいい仕上がりになるので、ビューラーはコスメアイテムの1つとして取り入れておくのがアイメイクのポイントです。
ビューラーにも色々な種類があり、瞼の形などによって変わってくるので自分が使いやすいタイプを選ぶ事が大切。根元からしっかりとまつ毛を上げられるビューラーを一重メイクで活用してください。

カールマスカラ

ビューラーを手に入れたら、マスカラも一重メイク用のコスメアイテムとして取り入れていきましょう。一重アイメイクでおすすめしたいのがカールマスカラ。一重の場合、ビューラーでまつ毛を上げてもすぐに下向きになってしまう事があります。カールをキープする事が出来るタイプのマスカラを選ぶ事でくるんっとカールした上向きまつ毛を維持していく事がかわいい一重アイメイクでは大切。マスカラを選ぶ時は、カールのキープ力が高いかどうかをポイントとして選ぶと良いでしょう。
カールのキープ力が高いのに加えてロングタイプのマスカラを選ぶのもおすすめの方法です。ロングタイプのマスカラでまつ毛に長さを出しておくと、一重でもパッチリとした目元に仕上げやすくなるのでアイメイクに活用してみてください。マスカラの場合も、アイラインと同様にブラウン系を選ぶのがおすすめ。ブラウンで統一する事でアイメイクにまとまりが出て、ナチュラルな仕上がりになります。

コスメブラシ

アイメイク用のコスメアイテムを購入すると、付属品としてチップなどが付いてくる場合が多くありますが、アイメイクにこだわりたい時はメイクブラシを活用するのがおすすめ。アイシャドウを綺麗に塗る場合はチップよりもメイクブラシを使った方がアイメイクの仕上がりが良くなります。グラデーションを作る場合もメイクブラシの方が瞼に馴染みやすくなり、理想の仕上がりに。アイメイク用のメイクブラシは100円均一ショップでも優秀なコスメアイテムが多く揃っているので是非チェックしてみてください。

かわいい一重アイメイク【アイシャドウ】

一重用のアイメイクコスメが揃ったら、それぞれのアイテムを生かしてメイクをしていきましょう。まずは、アイシャドウのやり方からご紹介します。一重アイメイクで大切になるのがアイシャドウの塗り方。アイシャドウをどのように塗るかによって一重の印象が大きく変わってきます。「アイシャドウを塗ると瞼が厚ぼったく見えてしまうな」と感じている場合は、一重に合わないアイメイクのやり方している事があるので気をつけてください。
基本のやり方を覚えておけば簡単にかわいい一重のアイメイクを楽しむ事が出来るようになります。一重だからこそ出来るアイメイクのやり方でアイシャドウを活用していきましょう。

グラデーションを作る

一重のアイメイクではアイシャドウでグラデーションを作るやり方がおすすめ。瞼にグラデーションを作る事によって目元に奥行きが生まれて一重でもパッチリとしたアイメイクに仕上げる事が出来ます。まずは、ハイライトカラーをメイクブラシでアイホールに入れていきましょう。ハイライトを入れる事で厚ぼったく見えがちな一重も綺麗に見せやすくなります。ハイライトを塗ったら、次に中間色を瞼の半分くらいに入れてください。続いて、締め色を瞼のキワに入れていきます。
3色のアイシャドウを塗ったら、何も付いていないメイクブラシで瞼全体を優しく撫でるようにしましょう。こうする事でそれぞれのアイシャドウが馴染み、グラデーションが出来上がります。この一手間で綺麗な一重アイメイクに仕上がるので、鏡でバランスを見ながらグラデーションを作ってみてください。

目尻にアクセントカラーを塗る

印象的な一重のアイメイクにする為に活用したいのがアクセントカラー。アクセントカラーを上手に使う事で魅力的な一重に見せる事が出来ます。一重の場合、濃いめのアクセントカラーも上品に仕上げやすいので是非アイメイクに取り入れてみてください。アイシャドウパレットにアクセントカラーがあればそれを使っても良いですし、単色アイシャドウで自分なりの色の組み合わせを楽しんでみるのも一重さんのアイメイクではおすすめ。季節やシーンに合わせてアクセントカラーを変えるとより素敵なアイメイクになります。
一重さんのアイメイクでは、アクセントカラーは目尻を中心に塗るようにしましょう。黒目の辺りからスタートし、少しずつ幅を持たせるようにして目尻に向かってアイシャドウを塗っていきます。目を開いた時に目尻の部分のアクセントカラーが数ミリ見える程度にするのがアイメイクのやり方のコツ。アイシャドウが広すぎると不自然な印象になってしまうのでアイメイクをする時は気をつけてください。

目頭周辺は薄くする

「アイシャドウを塗ってみたけど、厚ぼったくなってしまった…」という場合は、アイシャドウを広く塗り過ぎているのかもしれません。目元を大きく見せたいからと言って濃いめの色のアイシャドウを全体に塗るのはNG。そうすると厚ぼったく小さな目に見えてしまう事があります。
一重のアイメイクでは、目頭周辺のアイシャドウは薄くするのがポイント。目頭の周辺は薄くしつつ、目頭に向かって少しずつ濃くするようにするとすっきりとした綺麗な一重に見せやすくなります。厚ぼったくなるのが気になる時はこのやり方をしてみてください。一重のアイメイクの印象が変わってくるはずです。

黒目の上下にラメを乗せる

一重のアイメイクではマット系のアイシャドウを使うのがおすすめですが、仕上げのアクセントとしてラメアイシャドウをポイント使いしていきましょう。全体に塗るのではなくポイント使いをする事で綺麗な目元に見せやすくなります。
一重さんの場合、ラメアイシャドウは黒目の上下に入れるやり方がおすすめ。ベージュ系のラメアイシャドウを黒目の上下に入れる事で目元に立体感が生まれ、パッチリとした目元に見せやすくなります。涙袋メイクで下瞼全体にラメアイシャドウを入れる事がありますが、一重さんにはおすすめ出来ません。こうすると目元の立体感が薄れてしまいます。黒目の上下に入れる事でメリハリが出来て立体感が生まれるので、そうした事も意識しながらアイメイクをしていきましょう。

かわいい一重アイメイク【アイライン】

アイシャドウが終わったら、アイラインの引き方もチェックしていきましょう。一重の場合は、アイラインの引き方もポイントになっていきます。アイラインの引き方次第で色々な目元に見せられるのも一重アイメイクの良い所。その日の気分やファッションなどに合わせてアイラインの引き方を変えて、色々なタイプのアイメイクを楽しんでみませんか?一重のアイメイクではリキッドアイライナーとペンシルアイライナーの2種類を使います。この一手間でアイメイクの仕上がりが変わってくるので、こだわってみてください。

まつげの隙間はリキッドで埋める

一重でパッチリとした目元に見せたい時は、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにアイラインを描くのがポイント。合間を埋めるようにする事でナチュラルに目力をアップする事が出来るようになります。リキッドアイライナーを使えば細く自然なアイラインを描きやすいのもポイント。一重の場合は目元を大きく見せようとして太くアイラインを描いてしまいがちですが、そうすると不自然な印象になるので気をつけてください。細くまつ毛を埋めるようにアイラインを引いた方が一重の良さを生かしたアイメイクになります。

目尻は長めに書く

一重のアイラインの引き方は目尻が大切。一重を綺麗に見せる為に、アイラインは目尻から2〜3mmはみ出すようにしてください。こうする事で目を大きくみせる効果が期待出来ます。キリッとした印象にしたい時は、目尻のアイラインを少し引き上げるようにするアイメイクのやり方がおすすめ。キャットラインでクールな大人っぽい目元になります。優しげな印象にしたい時は下げ気味のアイラインにしましょう。垂れ目メイクになります。このように目尻のアイラインの引き方によって目元の印象を変えられるのが一重メイクの良い所なのが、その良さを生かしてアイラインを引いてみてください

目の際はペンシルで引く

リキッドアイライナーを使ったら、ペンシルアイライナーでアイラインを仕上げていきます。ペンシルアイライナーは、目の際のアイラインを引くのに使うのがアイメイクのコツ。上瞼を軽く持ち上げて、目の際にペンシルアイライナーでアイラインを描いていきます。こうする事でナチュラルに目元を大きく見せられるようになるので、普段のアイメイクに取り入れてみましょう。これが基本的なアイラインの入れ方。自然に目力をアップ出来るように工夫してみてください。

かわいい一重アイメイク【マスカラ】

最後にマスカラのやり方もチェックしていきましょう。一重を綺麗に見せるにはマスカラも欠かせません。マスカラでしっかりとカールを作る事で重たく見えがちな一重もすっきりとした目力を出す事が出来るようになります。一重メイクの場合は、カールのキープ力が高くまつ毛の長さが出せるようなマスカラが最適。また、一重はアイラインと同じようにマスカラが滲んでパンダ目になりやすいので落ちにくいタイプのマスカラを選ぶ事も大切になります。

マスカラ下地を塗る

まずは、ビューラーを使って根元からまつ毛を上げていきましょう。根元・中間・毛先と三段階に分けてビューラーでまつ毛を挟むとカールがつけやすくなります。そのままマスカラを塗るのではなく、下地を使うのが一重メイクのポイント。下地を塗っておくと、下向きになりがちな一重のまつ毛も綺麗なカールを維持しやすくなります。トリートメント成分が配合された下地ならアイメイクによるまつ毛へのダメージも軽減出来るので、含まれている成分にも注目してマスカラ下地を選んでください。

ビューラーで中間からカールする

下地が乾いたら、ビューラーでまつ毛の中間から挟みます。中間から挟んでカールをつける事で上向きまつ毛に仕上げるのがポイント。最初に根元から上げているので、下地を塗った後は中間からカールをつけるだけで十分です。

カールマスカラを塗る

続いて、カールマスカラを塗っていきましょう。根元からまつ毛を持ち上げるように塗ります。目頭や目尻の細かな部分のまつ毛もしっかり塗ってください。仕上げにコームを使ってとかすとまつ毛の流れが綺麗になり、ダマもなくなります。

むくんだ目元を治す方法

一重で困るのが瞼のむくみ。瞼がむくんでいると、アイメイクを頑張ってもなかなか綺麗に見せる事が出来ないので気をつけてください。むくみが気になる時は、アイメイク前にむくみを解消する対処法を取り入れていきましょう。むくみが取れれば、アイメイクも楽になります。

①蒸しタオルを使う方法

簡単にむくみを解消したい時は蒸しタオルを使うのがおすすめ。水に濡らして固く絞ったタオルをレンジで温めます。瞼の上に温めたタオルを乗せて、10分ほど待ちましょう。こうする事で血流が促進され、むくみが取れます。

②目元のマッサージ方法

目元のマッサージをしてむくみを解消するやり方もおすすめです。親指で眉頭の下の部分を押さえ、鼻の付け根をもう片方の手でつまんでください。この状態で上下左右に首を振ります。このマッサージで血流が促されるので、むくみが解消しやすくなります。

③首のマッサージ方法

目がむくみが出るのは、顔に不要な水分や老廃物が溜まった状態になっているからです。首のマッサージをして、水分や老廃物を流していく事も大切。右回りに3回、ゆっくり首を回します。続いて、左回りに3回首を回してください。次に、鎖骨の部分に左右の指を置いて、痛気持ち良いくらいの強さで押します。20回程押したら、指をスライドさせて老廃物を下に流すようにしましょう。

④頭皮マッサージの方法

むくんだ時は頭皮マッサージをするのも効果的。血流が促進されるので、顔全体のむくみにも良いと言われています。左右の手の指の腹を襟足の部分に当てたら、揉み解しながら徐々に頭頂部に向かって上げていきましょう。適度な力で頭皮をマッサージしていきます。こめかみの部分も痛気持ち良いくらいの強さで押してマッサージをし、目元のむくみを取っていきましょう。

かわいい一重メイクで地味顔卒業!

一重はコンプレックスに感じてしまいがちですが、メイクの仕方によって魅力的に見せる事が出来ます。一重の良さを生かして、自分なりのアイメイクを楽しんでみませんか?アイシャドウの塗り方やアイラインの引き方など、ポイントを押さえておけば理想のアイメイクに仕上げられるはずです。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター