サムネイル

ナチュラルメイクでデカ目を作るには?おすすめコスメとやり方を解説

ナチュラルメイクはその人自身の美しさを引き出してくれる魅力的なメイクで、女性・男性共に人気です。ナチュラルメイクを取り入れることでかわいい雰囲気を作れるだけでなく、やり方次第では大きな目元を作れます!ここでナチュラルメイクのやり方やコツをパーツごとに細かく見ていきましょう!

ナチュラルメイクでデカ目を作ろう!

メイクは女性の顔立ちをより美しく見せてくれるものです。誰しも、「こんな顔になりたい」という思いを抱いたことがあるかとは思いますが、その理想な顔に少しでも近づくために、メイクにかなり力を入れて厚塗りメイクになった経験もあるのではないでしょうか。しかし、そこまで厚塗りにしなくても、十分映える顔を作ることが出来るのです。人気のナチュラルメイクで華やかな顔立ちを作るやり方をチェックしましょう。

ナチュラルメイク=手抜きではない

ナチュラルメイクと聞くと、手抜きメイクと思っている人が意外と多いようです。しかし、ナチュラルメイクは決して手抜きのメイクのことを指すわけではありません。ナチュラルメイクというのは、メイクそのものが薄かったりするのではなく、あくまでメイクした顔が自然に見えるようにしっかりと作りこまれたメイクのことを指すのです。ナチュラルメイクは実はかなり手が込んでいるのです。
ナチュラルメイクとは、その人の肌が持つ本来の美しさを十分に生かしたメイクのことです。ナチュラルメイクは、女性・男性共に好感が持たれるメイクですし、何よりも清潔感にあふれているので、パッと見た感じの印象がとても良いのです。ナチュラルメイクと言っても色々な雰囲気があるのですが、特に人気が高いのが素肌感がより強調されたようなかわいいメイクだということです。

ナチュラルメイクはベースが肝

ナチュラルメイクで一番大事なのが、ベースメイクです。とにかく素肌感を出すためには、自然な肌ツヤや透明感をメイクで出す必要があります。そのため、メイクそのものはもちろんですが、ナチュラルメイクをする前の下準備や、さらにその前のスキンケアまでかなり徹底してこだわる必要があります。ベース作りをしっかりしておけば、それだけでナチュラルメイクの美しさが際立ちます。
ベースメイクのやり方次第で、ナチュラルメイクの仕上がりが8割がた決まると言われているほど、ベースメイクがナチュラルメイクの要となっているということになります。ベースメイクをする時は、メイクをする前のスキンケアからメイク下地までに気を遣い、素肌のような透明感溢れる肌に仕上げられるように気を付けましょう。

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方

それではここからは、ナチュラルメイクのやり方について具体的に見て行くことにしましょう。まずはナチュラルメイクの要であるベースメイクのやり方についてです。ベースメイクをやる前には必ず化粧水などで肌を整えてから塗るようにしましょう。洗顔後は、化粧水・乳液を適量塗りましょう。特に、ナチュラルメイクにおいては保湿に重点を置くことがポイントです。保湿成分が入ったものであればなお良いでしょう。

①下地で肌をワントーン上げる

化粧水・乳液などで肌を整えた後は、ナチュラルメイクのベースメイク作りに欠かせない下地からです。ベースメイクはファンデーション選びがメインと思いがちですが、実は化粧下地の色味もナチュラルメイクで重要な肌質や色に影響してきます。まず、下地は自分の肌質にあった物を選びます。自分の肌が乾燥肌かオイリー肌かを見極め、その肌質に合った成分が配合されていることを必ずチェックするようにしましょう。
化粧下地が肌に合わず、肌が乾燥してしまったり、逆に肌がテカったりしてしまうと、ナチュラルメイクの最大の魅力である透明感のある素肌とは程遠いものになってしまいます。また、肌質に合わない物を選ぶことで、化粧浮きしてしまったり、化粧が崩れてしまう原因になってしまいます。そのようなことも防ぐためにも、慎重にナチュラルメイクに相応しい下地選びをするようにしましょう。

②コンシーラーで整える

下地で肌を整えたら、次に肌の気になる個所をコンシーラーでカバーします。肌の気になる個所は人によって異なるとは思われますが、特に多くの女性が悩んでいるのは目の下のクマや鼻のわきと口角のくすみです。この3か所をしっかりとカバーすることによって、さらに明るい美しい肌に仕上がります。気になる個所は、ついつい厚塗りをしてしっかりとカバーしたくなってしまいますが、厚塗りにすると不自然になります。
コンシーラ―を塗る時は薄く塗るように気を付けましょう。コンシーラーにも様々なタイプの物がありますが、特に肌に馴染んで綺麗に仕上げてくれるのはリキッドタイプのコンシーラーです。リキッドであれば少量で綺麗に伸びてくれるので、付けすぎてしまうことも防げます。コンシーラーの色味ですが、自分の肌の色よりも気持ち暗めのトーンの物を選びましょう。そうすることで綺麗にカバーすることが出来ます。

③リキッドファンデーションを塗る

下地とコンシーラーで肌を整えたら、次はいよいよファンデーションを肌に乗せて行きます。ファンデーションにはリキッドタイプとパウダータイプとありますが、おすすめはリキッドタイプです。リキッドタイプのファンデーションであればしっかりと伸びてくれるので、少量でも綺麗に肌をカバーしてツヤのある肌に仕上げてくれます。ファンデーションは内側から外側に向かって塗ると、よりきれいに仕上がります。
リキッドファンデーションの場合、手に直接ファンデーションを取ってそれを肌に乗せて行くというやり方をする人が多いかもしれません。しかし、綺麗にリキッドファンデーションを肌に馴染ませたいという場合は、手ではなくブラシやスポンジを使うのがおすすめです。スポンジやブラシを使うことによって、ファンデーションが肌にしっかりと密着し、より自然な仕上がりにすることが出来るのです。

ナチュラルメイクでデカ目を作るコツ

ベースメイクが完成したら、次はアイメイクです。メイクの中でもアイメイクに特に時間をかけるという人は多いでしょう。アイメイクに力を入れれば目をインパクトのある物に仕上げられるからです。しかし、やり過ぎると違和感が出てしまう場合もありますから、やはりナチュラルメイクがおすすめです。ナチュラルメイクでも、やり方次第で自然に大きな目を作ることが出来るのです。

目頭切開ラインを引く

ナチュラルメイクでデカ目を作るやり方の1番のポイントは、目頭切開ラインを入れることです。目頭切開とは、目を大きく見せるための整形手術のやり方の1つです。目を大きくしたいからと言って誰しもが整形できるというわけではないでしょう。そんな時は、まるで目頭切開をしたかのようなラインをメイクによって入れれば、自然に目を大きく見せることが出来るのです。
目頭切開ラインは、目頭部分にくの字のラインを入れることですが、やり過ぎはナチュラルメイクにはなりません。ペンシルタイプのアイライナーを使って目頭のキワ部分にアイラインを引きます。この時くの字を意識して入れると不自然になるのであくまで、内側をなぞるようにします。次に利器度タイプのアイラインを目頭部分にちょんと当てて切開ラインを描きます。ラインを描くというよりは筆先を置く感覚です。

影色のアイライナーを使う

ナチュラルメイクのアイメイクのやり方においては、アイライナーの色味にも気を付けましょう。デカ目にしたい場合は、ラインをはっきり見せるために黒のラインを選ぶ人も多いでしょう。しかしそれではインパクトがあり過ぎるので、ナチュラルメイクとは程遠い目元になってしまいます。ナチュラルメイクに見せるためには、影色のアイラインがおすすめです。影色とは黒でも茶色でもなく、透け感のあるブラウンです。
普通の黒のアイライナーだとアイライン自体がかなり主張してくるので、ナチュラルメイクっぽくはなりません。その点茶色のアイライナーだと黒よりはナチュラルメイクっぽく仕上がるのですが、それでもまだアイラインの存在感を感じます。影色と言われる透明感のある茶色のアイラインであれば、肌に馴染んでくれる色味なのでナチュラルメイクにぴったりですし、それでいて自然に目を大きく見せてくれるのです。

下まつげで目元に印象を

また、アイメイクではマスカラをしっかり目に塗るという人が多いかもしれません。上まつげも下まつげもがっつりと塗ってしまうと、これもまたナチュラルメイクには見えない原因になってしまいます。また、下まつ毛にもアイラインを入れがちですが、下まつ毛に関してはアイラインは引かずにマスカラを使ったメイクのやり方次第で、ナチュラルでありながらもインパクトのある目元を作ることが出来ます。
下まつ毛にマスカラを塗る場合は、繊維が入っていないブラックマスカラを使うのがおすすめです。下まつ毛の部分部分にマスカラを乗せ、さらに重ね付けしていきます。根元にマスカラのブラシを当てて左右に動かした後に毛先に向かって抜いてあげれば、しっかりとまつ毛にマスカラが付いてくれます。その次に重ね付けです。ブラシを横にして、今度は下まつ毛全体にマスカラを付けるような印象で塗っていきます。

コンシーラーはキワには塗らない

先ほどベースメイクのところでも書いたように、コンシーラーは肌のくすみやクマなどを消すのに役に立つアイテムです。特にアイメイクにおいては目の下のクマ隠しのために使う人も多いでしょう。コンシーラーで目の下のクマを消したいという場合は、上でも書きましたが決して塗り過ぎないように気を付けましょう。クマをキレイに消そうと厚塗りをしてしまうと、ナチュラルメイクにもならない不自然なメイクになります。
またコンシーラーを目のワキに塗らないことを意識することもアイメイクのやり方では大事なポイントです。目のワキ部分は確かにくすみが気になる部分でもあるのでコンシーラーを塗って隠しがちです。しかし、目のキワまで塗ってしまうことによって、目の立体感や影を消してしまうので、ナチュラルメイクにはなりません。コンシーラーは涙袋の下の位置までにしてワキには塗らず、自然な立体感のある目元にしましょう。

ナチュラルメイクのリップ&チークのコツ

ナチュラルメイクの仕上げはリップメイクとチークです。ナチュラルメイクをよりかわいい雰囲気に見せてくれるモテメイクに仕上げるには、リップとチークのやり方もしっかりマスターしておかなければいけません。リップとチークは顔の中で赤味をプラスするところなので、顔の印象を明るくそしてかわいい雰囲気に見せてくれます。よりナチュラルでかわいい雰囲気に見せるためにはどのようなやり方をすれば良いのでしょう。

チークはほんのり入れる

チークメイクのやり方としては、頬にほんのり入れるということがやり方のポイントです。チークをほんのり入れることによって、肌の血色が良くなるので、大人かわいい雰囲気や色っぽい雰囲気をプラスすることが出来ます。ほんのりと赤味を帯びた頬は大人かわいいだけでなく、モテメイクとして男性から見ても魅力的に感じるということです。
ほんのりと肌に血色感を出すためのチークメイクのやり方ですが、まずコーラル系のチークを使うことでかわいい自然な血色感を出すことが出来ます。また、クリームタイプのチークを使うことでより肌に密着させることが出来るので、そこもまたナチュラルに見せられるポイントです。そしてやり方ですが、手にクリームチークを取って逆三角形を意識して頬に乗せて行きます。トントンと叩きながら乗せて行きましょう。

ツヤのあるリップで立体的に

次にリップメイクのやり方についてです。リップメイクに関してはリップカラーの選び方もかわいいナチュラルメイクに仕上げるポイントの1つです。自分の肌の色に合わせたリップカラーを選びましょう。イエローベースの人は、オレンジ・レッド・ピンク系のリップを、ブルーベースン人は、ベージュやピンク系のリップを選びましょう。
自分の肌に合ったリップを見つけたら、それを唇全体に乗せてあげます。そして最後にグロスを上手に塗るのもポイントです。唇全体的にグロスを塗ってしまうと、ギラギラとした印象になってしまい、ナチュラルメイクとは程遠い印象になってしまいます。グロスは唇の中心部分にちょんと乗せる程度にしておきましょう。そうすることでリップに立体感が出て、それでいてナチュラルに仕上げることが出来ます。

ナチュラルメイクに人気のコスメ

ナチュラルメイクのポイントが押さえられたところで、ナチュラルメイクにおすすめ・人気のコスメも紹介していきましょう。ナチュラルメイクをするためには、やり方も大事ですが、コスメ選びも重要です。プチプラなコスメでも十分にナチュラルでかわいい印象のメイクに仕上げることが出来るということです。

レブロン/カラーステイメイクアップ

まずはベースメイクにおすすめのコスメからです。ナチュラルメイクにぴったりの人気ベースメイクコスメは、レブロンのカラーステイメイクアップです。こちらはリキッドタイプのファンデーションで、何と言っても落ちにくさに優れている点が人気です。タイムリリース処方がされており、なんと24時間崩れず落ちにくいという特徴があるファンデーションです。また5つの潤い成分によって肌を保湿してくれます。
そして、リキッドタイプなので薄く延ばすことが出来、それでいて肌の気になるところもしっかりカバーしてくれるところも人気です。カラーは、自然なアイボリー・自然なベージュ・明るめオークル・自然なピンクオークル・健康的なオークル・健康的なサンタンベージュの6色で、30mlで2000円です。

コスメデコルテ/ラクチュールカバリングベースBB N

ベースメイクでおすすめ・人気のコスメ2つ目は、コスメデコルテのラクチュールカバリングベースBB Nです。こちらは人気のBBクリームで毛穴や凸凹をカバーしながらもふんわりとした肌、そして血色感のある肌に仕上げてくれるので、ナチュラルメイクにはぴったりのアイテムです。また、みずみずしいテクスチャで、肌に均一に伸びてくれる点においても人気です。
肌をカバーしてくれるだけでなく肌に優しい処方にもなっており、肌にうるおいを与えてくれ、さらに気になるシミやソバカスを防いでくれるという美白効果もあるBBクリームです。カラーはライトベージュとベージュの2色展開で、値段は30gで3500円です。

キャンメイク/パーフェクトマルチアイズ

次にアイメイクの使うおすすめ・人気コスメです。おすすめ1つ目は、人気プチプラブランド・キャンメイクから出ているパーフェクトマルチアイズです。こちらは5色のカラーが1つのパレットに収まったなんとも豪華なアイシャドウで、これ1つでナチュラルで魅力的な目元を作ることが出来るとあって人気です。アイシャドウなのですが、アイブロウ・アイライン・アイシャドウに使える優れものなのです。

同系色のブラウンでまとめられたパレットなので、グラデーションを簡単に作ることが出来るので、目元に美しくてナチュラルな陰影を付けられます。また、肌に馴染むような色味なので、自然でありながらもかわいい雰囲気を出すのにはぴったりのアイテムです。カラーは、ローズブラウン・アーバンキャメル・アンティークテラコッタ・クラシックピンク・アーモンドモカの5色で、値段は780円です。

キャンメイク/クイックラッシュカーラー クリア

かわいいナチュラルメイクを作るのにおすすめのアイメイクコスメ2つ目は、同じくキャンメイクのクイックラッシュカーラーです。こちらのクリアが特におすすめで、マスカラの下地としてはもちろんのこと、トップコートとして、さらにはマスカラそのものとしても使うことが出来るとあって人気が高いコスメです。普通のマスカラのベースにこちらを使うことで、きれいなカールの付いたまつ毛に仕上げられます。そのため、マスカラをたっぷり付けなくてもインパクトのあるかわいい目元を作ることが出来るので、ナチュラルメイクにはぴったりなのです。もっとナチュラルメイクに見せたいという場合は、マスカラはこちらの透明マスカラだけにするというのもおすすめです。まつ毛1本1本をキレイにコーティングしてくれるので、自然な目元になります。値段は680円です。

インテグレート/スナイプジェルライナー

ナチュラルな目元を作るのにおすすめのコスメは、インテグレートのスナイプジェルライナーです。ジェルタイプのアイライナーであるにもかかわらず、極細で描きやすいというのが人気の理由です。筆先がとにかく細いので、まつ毛の間を埋めたり、目頭切開ラインを入れたりするのにはとても便利です。また持続性も高く、10時間きれいなラインがキープできるというテスト済みだということです。
カラーはブラウンとブラックの2色で、値段は0.13gで950円です。無くなった場合は本体はそのままでカートリッジだけを買い替えて付ければOKです。

セザンヌ/チーク&ハイライト 02 ピンクコーラル

血色の良い肌に見せるためにおすすめのチークは、人気プチプラブランド・セザンヌから出ているチーク&ハイライトです。こちらのピンクコーラルというカラーが特におすすめです。こちらはチークとハイライトが1つのパレットに収まったもので、ふんわりとした発色の頬に仕上げるにはぴったりのアイテムです。ハイライトが入っていることによって、血色だけでなくツヤ感もプラス出来るのが人気のポイントです。シルクタッチパウダーが配合されているので、さらさらとした付け心地で、さらに肌にしっかりと密着してくれます。カラーは、ナチュラルメイクにぴったりなピンクコーラル1色で、値段は480円です。

オペラ/ティントオイルルージュ

リップメイクでおすすめ・人気のコスメはオペラのティントオイルルージュです。ティントタイプのリップなので、とにかく落ちにくいというところが一番の人気ポイントです。ティントタイプだとはっきりと色づく印象ですが、こちらは透明感のある色づきが特徴で、色を塗ったというような唇にはならず、唇そのものが綺麗に発色しているように見え、かわいい口元を演出出来ます。ナチュラルでかわいい仕上がりで、さらにはティント処方によって落ちにくいという点は、女性にとっては魅力的です。カラーはレッド・ピンク・アプリコットなど全部で8色で、値段は1620円です。

かわいいはナチュラルメイクで作れる♡

元々の肌の美しさを生かしながら大人っぽくかわいい雰囲気に仕上げてくれるナチュラルメイクは、男性からも支持が高いモテメイクです。ちょっとしたメイクのやり方に気を付ければ、簡単にかわいい雰囲気を手に入れることが出来ます。ナチュラルメイクでモテ顔を作ってみましょう!

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター