サムネイル

黒髪×ハイライトで垢抜けヘア!憧れ外国人風カラーで髪に透明感を!

黒髪×ハイライトの垢抜けヘアカラースタイルをまとめました。ボブやミディアムなど色々な髪型に使えてヘアスタイルに立体感を出す黒髪ハイライトは人気のカラー。黒髪にハイライトを入れるだけで立体感のある垢抜けあヘアカラースタイルになります。黒髪ボブや黒髪ミディアムにハイライトを合わせて、おしゃれなスタイルを楽しんでみませんか?

トレンドの「黒髪×ハイライト」を紹介♡

「黒髪だけど、垢抜けたい!」という場合におすすめしたいのがハイライト。色々なヘアカラーのスタイルがありますが、最近は黒髪にハイライトを合わせる方法が人気を集めています。「普通の黒髪だとつまらないな」と感じている方にもハイライトを入れるのが最適な方法。ハイライトが黒髪に個性を与え、一気におしゃれな雰囲気に仕上げてくれます。イメージチェンジしたい時は、黒髪×ハイライトにチャレンジしてみませんか?
今回は黒髪×ハイライトのヘアスタイルについてまとめました。黒髪にハイライトを合わせたスタイルはバリエーション豊か。ハイライトのカラーを変えたり、ボブやミディアムなど髪の長さを変えるだけでも印象の違う黒髪×ハイライトになります。お好みに合わせて、おしゃれな黒髪ハイライトスタイルを楽しんでいきましょう。

ハイライトとは?

ヘアカタログやヘアサロンでよく聞く言葉でもあるハイライトですが「ハイライトってどんなものなのだろう?」と、ハイライトについて詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。ハイライトとは、部分的に明るいカラーを入れる方法の事です。ベースとなる髪色とは異なる明るめのハイライトカラーを入れる事で、全体的に立体感を出していくのがハイライトの目的。ブリーチをする場合もありますが、カラー剤を使ってハイライトを入れる方法もあるのでお好みに合わせて選ぶ事が出来ます。
ハイライトは基本的に髪の表面に入れる事が多いのも特徴。顔周りにハイライトを入れて動きを出す方法もあります。さりげなくハイライトを楽しみたい人はインナーカラーとして取り入れる場合もあり、好きなように入れられるのがハイライトの良い所。色々なパターンのハイライトカラーで、おしゃれなヘアスタイルに仕上げる人が増えています。

「黒髪×ハイライト」は人気のカラー

ハイライトのベースとなる髪色は基本的に何でもOK。色々な方法がある中でも人気を集めているのが黒髪×ハイライトです。黒髪をベースとし、ハイライトを入れる方法はトレンドのスタイルとしてInstagramやTwitterなどのSNSでも大注目。黒髪だからこそハイライトのカラーが映えて、おしゃれな立体感を出す事が出来るようになります。「いつもの黒髪には飽きてしまったなあ」という場合は、ハイライトを入れてみませんか?敢えて黒髪のままでハイライトを入れるのが旬のスタイルになっています。

「黒髪×ハイライト」の魅力

トレンドのスタイルとして話題となっている黒髪ハイライトですが、具体的にどのような魅力があるのでしょうか。様々な魅力があるからこそ、黒髪にハイライトを合わせる人が増えてきているようです。まずは、黒髪ハイライトの魅力からチェックしていきましょう。事前に魅力を把握しておけば、それを生かせるような黒髪ハイライトスタイルに仕上げられるはずです。黒髪ハイライトの良い所についてまとめました。

軽さが出る

黒髪にしている時の悩み所は、全体的に重たく見えてしまうという事です。「黒髪はキープしたいけど、重たく見えてしまうのは嫌だな」という場合にはハイライトを入れてみましょう。黒髪をベースにしつつ、ハイライトを入れる事で軽さを出す事が出来ます。明るめのカラーが部分的に入るので、重たさを感じさせない所がハイライトのメリット。極細のナチュラルなハイライトなら目立ちにくいので、「派手な髪色に出来ないけど、黒髪に軽さは出したい」という場合にも最適です。

立体感が生まれる

黒髪ハイライトの魅力は、何と言っても立体感が生まれるという事です。ハイライトを入れる事によって全体的に動きが出て立体感がアップ。黒髪は単調なイメージになりがちですが、ハイライトを入れるだけでふんわりとした動きのあるヘアスタイルに仕上げる事が出来ます。黒髪ハイライトにウェーブを合わせれば柔らかな外国人風ヘアにする事も可能。透明感と立体感の両方を手に入れる事が出来るので、トレンド感バッチリな外国人風ヘアになります。
ストレートヘアに黒髪ハイライトを合わせるのもおすすめ。ストレートにも立体感を与え、他とは違うおしゃれなハイライトスタイルを楽しめます。

一気に垢抜ける

黒髪ハイライトは立体感が出るだけでなく、一気に垢抜けた印象になれるのも嬉しいポイント。黒髪をベースとしつつ、ハイライトの明るめカラーを部分的に入れる事でおしゃれ感がアップします。毛先に入れたり、インナーカラーとして楽しんだり、ハイライトの種類は色々あるので自分の好みに合わせて個性を出せるのが魅力。自分なりのおしゃれなハイライトスタイルを満喫する事が出来ます。そんな黒髪ハイライトはモードなファッションとの相性もぴったり。一歩先のおしゃれを満喫したい時に最適なスタイルになっています。

ダメージが少ない

「ヘアカラーを変えてみたいけど、ブリーチやカラー剤を使うと髪が傷んでしまいそうだな」と感じている方も多いのではないでしょうか。折角の綺麗な黒髪もダメージを受ければパサついたり、枝毛の原因になってしまうかもしれません。そんな時にもハイライトがおすすめ。ハイライトは部分的にカラーを入れるので、髪全体にブリーチやカラー剤を使う必要がない所が魅力です。ダメージを抑えつつ、おしゃれな黒髪スタイルを叶えてくれるのがハイライト。ハイライトで黒髪のおしゃれの幅を広げませんか?

「黒髪×ハイライト」のおすすめカラー

ハイライトと一口に言っても、カラーによって雰囲気が変わってきます。どういった印象にしたいかによって黒髪×ハイライトのカラーを決めていくのがポイント。今回は、大きく3つにハイライトのカラーをまとめました。自分が取り入れたいハイライトカラーはどれなのかを考えながら、ぴったりのタイプを選んでみてはどうでしょうか。

黒髪×ベージュ系

フェミニンな雰囲気に仕上げたい時におすすめしたいのがベージュ系のハイライト。ベージュ系のハイライトを黒髪に合わせる事によって、柔らかく女性らしい印象になります。ウェーブヘアと合わせて立体感を出すのも人気の方法。ふんわりとしたウェーブにベージュ系のハイライトが馴染み、ガーリーなヘアアレンジもおしゃれに決まります。女性らしさがアップするベージュ系ハイライトで、素敵にイメージチェンジしていきましょう。

黒髪×ホワイト系

「個性を出してみたい!」という場合にぴったりなのが、黒髪とホワイト系のハイライトを組み合わせる方法。ホワイト系のハイライトは黒髪に合わせると目立ちやすいので、しっかりとハイライトを見せたい時にも最適です。ホワイトのハイライトと黒髪の組み合わせで個性が引き立ち、他にはないオリジナリティを演出。クールで格好良い雰囲気も感じられるハイライトスタイルになります。

黒髪×グレー系

「初めて黒髪にハイライトを合わせるから、なるべくナチュラルに仕上げたいな」という時は、グレー系のハイライトを選んでみましょう。グレー系のハイライトは黒髪との馴染みが良いので自然な立体感を出す事が出来ます。黒髪に近いトーンのハイライトにすれば、派手にならず落ち着いた雰囲気に。ふんわりとした立体感とトレンド感のあるヘアスタイルに仕上げれます。このようにハイライトには色々な種類があるので、お好みで選んでみてください。

ボブの「黒髪×ハイライト」スタイル

黒髪ハイライトの魅力についてチェック出来たら、レングス別におすすめのハイライトスタイルを見ていきましょう。黒髪ハイライトは髪の長さによっても印象が変わってくるので、お好みに合わせて選んでみてはいかがですか。まずは黒髪ボブのハイライトスタイルからご紹介します。ボブは単調になりがちですが、ハイライトが入る事で一気に垢抜けるので是非チャレンジしてみてはいかがですか。

細く入れたハイライトカラーでストレートボブに立体感を与える

自然にハイライトを入れたい時は極細をオーダーしましょう。黒髪に馴染みやすいカラーで極細にすれば、目立たせる事なくストレートボブに立体感を与える事が出来ます。「ボブのストレートにしたいけど、シルエットが平坦になりがち」という場合は、ハイライトを組みわせて立体感を出してみてはどうでしょうか。

ボブスタイルの表面にモノトーンカラーのハイライトを入れて個性を出して

個性を出したい時はボブに少し太めのモノトーンカラーハイライトを入れてみましょう。普通の黒髪ボブもくすみのあるモノトーン系のハイライトでおしゃれに仕上げる事が出来ます。

ふんわりウェーブボブヘアとハイライトカラーは相性ぴったり

ウェーブボブとハイライトの相性はぴったり。黒髪に馴染みやすいカラーのハイライトを細く入れてウェーブをかける事で、ふわふわな仕上がりになります。全体的な立体感をハイライトが演出してくれるのがポイント。動きのあるボブスタイルを満喫する事が出来ます。ボブのパーマスタイルには色々ありますが、このようにハイライトを入れるのと入れないのとでは立体感が変わってくるので、全体のシルエットにこだわりたい時は取り入れてみてください。

ミディアムの「黒髪×ハイライト」スタイル

続いて、ミディアムヘアにおすすめしたいハイライトスタイルをご紹介します。ミディアムヘアとハイライトの組み合わせ方もバリエーション豊か。ハイライトの入れ方を変えるだけでも雰囲気が変わってくるので、イメージチェンジをしたい時に最適です。大人っぽさも感じられる黒髪ミディアムヘアのハイライトを楽しんでみてください。

外ハネレイヤードスタイルにハイライトを入れるて垢抜けた雰囲気

全体的に軽さの出る外ハネレイヤードスタイルとハイライトは取り入れてみたい組み合わせ。レイヤードスタイルにハイライトが入ると動きが出て、素敵な仕上がりになります。ハイライトで毛流れを強調しているのがポイント。同じミディアムレイヤードスタイルでもハイライトが入るのと入らないのとでは垢抜け感が変わってくるので、是非取り入れてみてはいかがですか。

くすみ系のグレージュハイライトで外国人風のカラーに仕上げる

黒髪ミディアムヘアをベースとし、くすみ系のグレージュハイライトを入れれば透明感がアップ。外国人のような柔らかくふんわりとしたハイライトスタイルに仕上げる事が出来ます。ミディアムヘアには軽く動きをつけるとハイライトが生きてくるので、スタイリングにもこだわってみましょう。

極細ハイライトカラーとミディアムヘアスタイルでエレガントに

外ハネミックス巻きにしたミディアムヘアに極細のハイライトを入れたスタイルです。エレガントなヘアスタイルにしたい時におすすめ。ハイライトが巻き髪に動きを与え、ツヤも感じられるようになっています。大人の女性にもぴったりなミディアムヘアスタイルではないでしょうか。

ロングの「黒髪×ハイライト」スタイル

最後に黒髪ロングヘアのおすすめハイライトスタイルをご紹介します。ロングヘアだからこそ出来るおしゃれなハイライトスタイルを楽しんでいきましょう。

ロングの黒髪パーマスタイルにハイライトを入れて立体感アップ

ロングヘアでハイライトを入れる場合におすすめしたいのがウェーブパーマ。黒髪に馴染みが良く細いハイライトを入れてパーマをかければ、ナチュラルな立体感を出す事が出来ます。ハイトーンのハイライトも人気ですが、自然に仕上げたい時は黒髪との馴染みを優先するのがおすすめです。

グラデーションと組み合わせておしゃれなロングヘアスタイル

垢抜けた印象にしたい時はグラデーションカラーとハイライトを組み合わせてみましょう。ロングヘアに動きを出しつつ、おしゃれなヘアスタイルに仕上げられます。

毛先にハイライトを入れてさりげなくアクセントに

ストレートロングなら、毛先に軽くハイライトを入れてみてはいかがですか。一見すると普通の黒髪ロングですが、さりげなく入れたハイライトがキラッと光るアクセントになっています。

黒髪×ハイライトで垢抜けよう!

黒髪で垢抜けたい時はハイライトを入れるのがおすすめ。黒髪と馴染みやすいハイライトを細く入れれば目立ち過ぎないので、自然に立体感を出す事が出来ます。個性を出したい時は、ハイライトを強めに入れて目立たせてみましょう。色々な方法で黒髪×ハイライトを満喫してみてください。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター