サムネイル

ポニーテールは前髪で差をつけよう!前髪あり・なしで簡単にイメチェン!

簡単にアレンジができて可愛くなれるポニーテールは誰でもトライしたことのある髪型ですよね。でもなんとなく自分に似合っていないと感じたことはありませんか?その理由は自分の顔型に合わない前髪アレンジをしているからかもしれません。今回は、丸顔さん、面長さん、四角顔さんに似合う前髪あり・なしのポニーテールアレンジをまとめました。

ポニーテールの前髪見本集!

歩くたびに揺れる毛束や、襟足がチラ見えするポニーテールは、メンズウケの良いモテヘア。後ろで結ぶだけで簡単に出来るポニーテールですが、いつものポニーテールに前髪アレンジを加えるだけで、印象がガラリと変わり、周りに差の付く素敵なポニーテールに仕上がります。今回は、前髪あり・なしのポニーテールアレンジを顔型別にたっぷりとご紹介します。いつものポニーテールに前髪アレンジでを加えて、最強のモテヘアを手に入れましょう。

顔型別で似合う前髪を紹介

前髪アレンジには、顔型によって似合うアレンジと似合わないアレンジがあります。丸顔さん、面長さん、四角顔さんなど、それぞれに似合う前髪アレンジを取り入れることで、欠点を克服したより可愛いポニーテールに仕上がります。また、ポニーテールは、前髪あり・なしでは与える印象もずいぶん変わります。今回は、丸顔さん、面長さん、四角顔さんに似合うポニーテールを、前髪あり・なしに分けてご紹介します。自分の顔型に似合う前髪アレンジを見つけて、周りに差の付くポニーテール女子になりましょう。

前髪ありのポニーテール【丸顔編】

縦幅よりも横幅が広く見える丸顔さんは、頬がふっくらとして丸いフェイスラインが特徴です。丸顔さんは、年齢よりも若く見え、愛らしい印象を与えます。そんな丸顔さんには、縦ラインを強調した前髪アレンジがおすすめです。丸顔さんには、おでこを丸っきり隠してしまう前髪アレンジはNGです。おでこをチラ見えさせたり、毛束で隙間を作った前髪アレンジは、縦ラインが強調され、丸いフェイスラインの印象が和らぎます。ここでは、丸顔さんにおすすめの前髪あり×ポニーテールをご紹介しましょう。

うざバング

まず、丸顔さんにおすすめする前髪アレンジはうざバングです。ぱっつんと切り揃えた前髪は、幼く見えるので丸顔さんにはおすすめ出来ません。前髪が目元を覆うざバングは、年齢よりも若く見える丸顔さんに、大人女子の色っぽさをプラスしてくれます。前髪に毛束感を作り隙間からおでこを知多っと見せると、丸顔さんのフェイスラインを曖昧に見せてくれます。前髪の毛束で縦ラインが強調されて、丸顔さんの横幅の広い印象を和らげる効果も。

丸顔さんがうざバングとポニーテールを合わせる時には、ふわっと仕上げてアンニュイ感を出すと、大人ムードなポニーテール女子に仕上がります。こめかみ部分の髪とおくれ毛を顔周りに下ろしてフェイスラインをカバーし、トップはボリュームを出して縦ラインを強調しましょう。

斜め前髪

次に丸顔さんにおすすめの前髪アレンジは、斜め前髪です。斜め前髪は、どの顔型とも相性の良い前髪アレンジですが、丸顔さんが斜め前髪にすると、大人っぽい雰囲気がプラスされ、抜け感も演出されます。丸顔さんの前髪は目尻幅で揃え、前髪のサイドを長めして小顔効果を狙ったアレンジがおすすめです。ぱっつんと切り揃えた前髪は、横ラインが生まれてしまうので避けましょう。

丸顔さんが、斜め前髪とポニーテールを合わせる時は、前髪に毛束感を作った後に、少しだけ斜めに流してからおでこを見せ、こめかみ部分は長めにアレンジするのがおすすめです。おくれ毛を顔周りに下ろして、丸顔さんの気になるフェイスラインをカバーし、小顔効果も狙ったポニーテールに仕上げましょう。

オン眉前髪

眉の上で前髪を揃える前髪アレンジも、丸顔さんにはおすすめです。オン眉にしておでこを出すことで縦ラインが強調され、丸顔さんの印象が和らぎます。オン眉でもぱっつんと切り揃える前髪は幼く見え、横ラインが生まれてしまうので避けましょう。ぱっつんと切り揃えずに、少しジグザグにして毛先に動きを付けてあげると横ラインが曖昧になりす。前髪の幅は、目尻幅で狭めてこめかみ部分の髪を長くアレンジするのがおすすめです。

丸顔さんがオン眉の前髪とポニーテールを合わせる時には、サイドの髪を顔周りに下ろし、ウェーブを出して動きを付けることで、女性らしい印象と同時に、丸顔さんの気になるフェイスラインがカバーされて小顔効果も狙えます。

シースルーバング

丸顔さんにおすすめのもう一つの前髪アレンジは、シースルーバングです。シースルーバングでおでこに隙間を作ることで抜け感が演出され、丸顔さんに大人っぽい雰囲気をプラスしてくれます。また、毛束を作ることで縦ラインが生まれて、丸顔さんを縦長に見せてくれます。シースルーバングでも、毛先をパッツンと揃えずに、軽く巻いたり流したりして、動きを付けましょう。

丸顔さんがシースルーバングとポニーテールを合わせる時には、こめかみ部分の髪を長めにアレンジして頬骨を隠し、おくれ毛を顔周りに下ろしてフェイスラインをカバーしましょう。トップの髪にほぐしを入れてボリュームを出すことで、縦長のシルエットが生まれて、丸顔さんの印象が和らいだポニーテールに仕上がります。

前髪ありのポニーテール【面長編】

横幅よりも縦幅が長い面長さんは、目と目の感覚が狭くアゴラインがシャープなフェイスラインが特徴です。面長さんは、クールで落ち着いた大人っぽい印象を与えます。そんな面長さんには、おでこを過剰に出してしまう前髪アレンジはNGです。おでこを隠して縦ラインを主張しない、厚めの前髪や長めの前髪がおすすめです。ここでは、面長さんにおすすめの前髪あり×ポニーテールをご紹介しましょう。

厚めのぱっつん前髪

まず、面長さんにおすすめの前髪アレンジは、トップから厚めに下ろしておでこを隠すぱっつん前髪です。厚め前髪を目元ギリギリのラインでぱっつんと切り揃えると、おでこが隠れる上に、横のラインが生まれるので縦幅の長い印象が和らぎます。また、厚めぱっつん前髪と前髪の幅を目尻幅よりも広くしたワイドバングをかけ合わせると、顔の形が丸く見えて、大人クールな印象を与える面長さんに、可愛い印象をプラスしてくれます。

こちらの面長さんの厚めぱっつん前髪×ポニーテールを見てみましょう。面長さんが厚めぱっつん前髪とポニーテールを合わせる時は、ワイドバングにして横ラインを作ってあげると、縦長の印象が和らいだポニーテールに仕上がります。面長さんには、トップのボリュームをなるべく抑えたポニーテールアレンジがおすすめです。

厚め斜め前髪

ソフトな印象に仕上げたい面長さんには、厚めに下ろして流す前髪アレンジもおすすめです。おでこを隠す厚め×長めの前髪は、重たい印象を与えてしまいますが、少しだけ斜めに流して動きを付けることで、抜け感が演出され、シャープで大人クールな面長さんに、柔らかく優しい印象を与えてくれます。

こちらの面長さんの前髪あり×ポニーテールアレンジを見てみましょう。面長さんが斜め前髪のポニーテールにする時は、トップから厚めに下ろしておでこを見せる面積を最小限に抑え、前髪の毛先を横に流しましょう。毛先を流すことで横ラインが生まれ、面長さんのフェイスランから視線を逸らし、縦長の印象を和らげてくれます。

長めシースルー

シースルーバングは、隙間を作りおでこを見せるので、面長さんには似合わないと思われがちですが、アレンジ次第で面長さんにもよく似合うヘアスタイルに仕上がります。面長さんがシールルーバングにする時は、目元ギリギリで長めにアレンジするのがポイントです。スタイリング剤を馴染ませ毛束感を出し、毛先を少しだけ横に流しましょう。横ラインを作ることで、面長さんの印象が和らぎます。

面長さんがシースルーバングとポニーテールを合わせる時は、前髪のサイドにウェーブを出して動きを付け、ふんわりと優しい印象に仕上げしましょう。ポニーテールのほぐしの入れ方も、トップではなく耳上のサイドの髪を引き出し、横幅にボリュームを出すことで、縦長の印象が和らいだポニーテールへアに仕上がります。

ワイドバング

前髪の幅が広いワイドバングは、面長さんにおすすめの前髪アレンジです。前髪の幅をこめかみまで切って広めにアレンジすることで、横幅が広く見えて面長さんの印象が和らぎます。ワイドバングをぱっつんと切り揃えた前髪アレンジも、横ラインを作ることが出来るので面長さんにおすすめです。ぱっつん×ワイドバングは、クールで大人っぽく見える面長さんに可愛い印象をプラスしてくれます。

こちらの面長さんのぱっつんワイドバング×ポニーテールアレンジを見てみましょう。前髪は目尻幅よりも広いワイドバングにして、横ラインを強調しています。ぱっつんと毛先を揃えることで、大人クールな面長さんに可愛らしい印象がプラスされます。トップよりもサイドの髪にほぐしを多く入れてボリュームを出し、横幅を強調しましょう。巻いたおくれ毛を顔周りに下ろすと、シャープなアゴラインから視線を逸らし、縦長の印象を和らげてくれるポニーテールへアに仕上がります。

前髪ありのポニーテール【四角顔編】

四角顔(エラ張り顔・ベース顔)さんは、アゴから耳の下のラインが直線的でエラが張り気味なのが特徴です。横幅が広く角ばった顔立ちが男性的な印象を与えることもあります。四角顔さんは、前髪アレンジで小顔に見せ、女性らしい印象に仕上げることが出来ます。四角顔さんには、縦ラインを強調する前髪やサイドのフェイスラインが隠れる前髪アレンジがおすすめです。横幅が強調されるぱっつん前髪やワイドバングはNGです。ここでは、四角顔さんにおすすめの前髪あり×ポニーテールをご紹介しましょう。

幅狭め前髪

横幅の広い四角顔さんには、幅の狭い前髪アレンジがおすすめです。前髪の幅は目尻幅と同じぐらいにアレンジすると、四角顔さんの幅の広い印象を和らげることが出来ます。前髪の毛束感で隙間を作りおでこを見せることで、四角顔さんのフェイスラインが曖昧になります。

こちらの四角顔さんのポニーテールアレンジを見てみましょう。四角顔さんが幅の狭い前髪アレンジとポニーテールを合わせる時は、こめかみ部分の髪で頬骨を隠し、おくれ毛を顔周りに下ろして、エラや気になるフェイスラインをカバーしましょう。顔周りでウェーブを出すと、視線をフェイスラインから逸らしてくれる効果があります。トップにボリュームを出し縦ラインを強調すると、四角顔さんによく似合うポニーテールヘアに仕上がります。

サイドを残した前髪

四角顔さんの前髪あり×ポニーテールでは、サイドの髪を残したヘアアレンジがおすすめです。前髪とサイドの髪で毛束感を作り縦ラインを出しながらも、顔周りに下ろして頬骨やエラ部分の骨格をカバーするアレンジをすると、直線的なフェイスラインが隠れて、四角顔さんの印象が和らいだポニーテールに仕上がります。ポニーテールをしてから耳上のサイドの髪を引き出すアレンジも、気になるエラ張りが隠れて、柔らかい印象を与えることが出来ます

長め流し前髪

長めの流し前髪も、四角顔さんの骨格をカバーする前髪アレンジです。長めの流し前髪は、縦ラインを強調すると同時に、おでこを少し見せることで、フェイスラインを曖昧に見せて気になる骨格を目立たなくさせる効果があります。ぱっつんと切りっぱなしの前髪アレンジは、横ラインを強調するので避けましょう。

こちらの四角顔さんのポニーテールアレンジを見てみましょう。長め流し前髪×ポニーテールアレンジは、前髪の毛束で上手に縦ラインを出しながら、顔周りにおくれ毛を残し、フェイスラインをカバーしたアレンジがおすすめです。前髪の毛先に動きを付けると視線がフェイスラインから逸れて、四角顔さんの印象が薄れたポニーテールに仕上がります。

オン眉前髪

オン眉前髪は、四角顔さんにもおすすめの前髪アレンジです。オン眉にすることでおでこが見えて、顔の形が縦長に見える効果があります。四角顔さんがオン眉にする時には、やはり前髪の幅を目尻幅で狭くして、こめかみ部分を長めにアレンジしましょう。オン眉でもぱっつん前髪ではなく、ジグザグにアレンジして不揃いな感じで仕上げるのがおすすめです。ぱっつんと切り揃えると横ラインが生まれて、四角顔さんの横幅の広い印象を強めてしまいます。

こちらの四角顔さんのポニーテールアレンジを見てみましょう。四角顔さんがオン眉前髪とポニーテールを合わせる時には、こめかみ部分の髪とおくれ毛を顔周りに下ろしてフェイスラインをカバーし、サイドの髪を引き出してゆるルーズにほぐしを入れることで、四角顔さんの印象が薄れたポニーテールに仕上がります。

崩れないポニーテールの作り方

ポニーテールを作る時、上手くまとまらなかったり、すぐ崩れてしまったりすることがありませんか?崩れないポニーテールを作るにはちょっとしたコツがあります。ポニーテールを上手に出来るコツを知っておくと、ヘアアレンジにかける時間も必要なく、短時間で大人可愛いポニーテールが出来るおしゃれ上級者に。ここでは崩れないポニーテールの作り方のコツをご紹介しましょう。

①ヘアピンで固定する

まとめ髪を作る時に大活躍するのが、アメリカピンです。アメリカピンは髪をしっかり留めたい時に使うと固定されて崩れにくくなります。アメリカピンが大きすぎる時にはサイズが小さいスモールピンを使うのをおすすめします。
ポニーテールを作る時は、短くて結び目に届かない髪をアメリカピンを使って留めましょう。カラフルなアメリカピンを使いアクセントにしたりクロス留めしたりするとおしゃれ感がプラスされます。ポニーテールの結び目に毛束を巻き付ける時にはスモールピンを使って留めましょう。

②ケープで固定する

ポニーテールを作るには、スタイリング剤やヘアスプレーを使うと崩れにくく、可愛い髪型が長い時間キープ出来ます。ポニーテールアレンジをする前は、滑りにくいようにヘアワックスを髪に馴染ませておきましょう。ポニーテールを作ったらケープなどのヘアスプレーをかけると崩れにくくなります。

③ハーフアップと合わせる

崩れにくいポニーテールを作るには、ハーフアップと合わせたポニーテールアレンジがおすすめです。トップから耳上の髪をハーフアップ結びして、その下の髪を一緒に結ぶと、高めの位置でも崩れにくいポニーテールに仕上がります。こちらのポニーテールは、ハーフアップの部分と残りの髪を分け、下の方を先に結び、上のハーフアップをねじりながら下の毛束と合わせています。ハーフアップと組みあわせてポニーテールを作ることで崩れにくくおしゃれなポニーテールに仕上がっています。

前髪でポニーテールのマンネリ解消!

今回は、前髪あり・なしのポニーテールアレンジを、顔型別にご紹介して参りました。ポニーテールは前髪一つで印象がガラリと変わります。前髪アレンジ×ポニーテールはイメージチェンジしたい時のマンネリ化の解消にもなりそうですね。また、自分の顔型を意識した前髪アレンジを取り入れることで自分に似合うポニーテールが楽しめそうです。自分の顔型に合う前髪アレンジ×ポニーテールで周りと差の付いた大人可愛いポニーテール女子になりましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター