サムネイル

奥二重向けアイシャドウのメイクテクニック!ぱっちりデカ目の作り方

奥二重をぱっちりとしたデカ目に見せるアイシャドウのアイメイクテクニックをまとめました。奥二重であったとしてもアイシャドウを使ったアイメイクのやり方を工夫すれば、ぱっちりとしたデカ目になれます。アイシャドウの塗り方やアイラインの入れ方など、ポイントを押さえたやり方を取り入れて魅力的な奥二重メイクに仕上げていきませんか?

奥二重向けアイシャドウの塗り方を紹介

「奥二重だから目がぱっちりとしない」「アイシャドウを塗ると目元が小さく見えるような気がする」といったように、奥二重はアイメイクに関して色々な悩みを抱きがち。奥二重に悩みがあると、アイメイクを十分に楽しむ事が出来なくなってしまうのではないでしょうか。そんな時は、奥二重を魅力的に見せられるように、アイメイクのやり方を工夫していきましょう。普段とアイメイクのやり方を変えるだけでも、奥二重をぱっちりとしたデカ目に見せられるようになります。

今回は、奥二重に最適なアイシャドウを使ったアイメイクのやり方や、ぱっちりデカ目になるコツについてまとめました。自分では良いと思っていたとしても、奥二重に合わないメイクのやり方をしてしまっている可能性もあるので要注意。アイシャドウのやり方の基本を押さえておけば、奥二重もぱっちりとしたデカ目になれるのでアイメイクにこだわっていきましょう。

奥二重でもぱっちりデカ目になれる!

奥二重は二重が瞼に埋まって目が小さく見えがちです。アイシャドウを塗ったとしても奥二重のせいで腫れぼったく見えてしまったり、二重幅がアイシャドウで消えてしまったりといったようにアイメイクに関する悩みは尽きません。しかし「奥二重だからぱっちりとしたデカ目になれない」と諦めるのはまだ早いのではないでしょうか。奥二重だったとしても、アイシャドウの色や塗り方を工夫していけば、アイメイクでぱっちりとしたデカ目に見せる事は可能です。
自分では良いと思っているアイメイクのやり方だったとしても、実は奥二重には似合わないアイシャドウの塗り方をしている可能性もあるので、アイメイクのポイントをチェックしておく事が大切。ぱっちりとしたデカ目を目指して、奥二重のアイメイクを楽しんでみませんか?

奥二重向けアイシャドウメイクのポイント

まずは、奥二重の人がアイシャドウを使ってアイメイクをする時のポイントから見ていきましょう。アイシャドウの良さを引き出す為には、瞼の形に合った使い方をする事が大切になります。
基本のアイメイクのやり方は知っていたとしても、奥二重にぴったりなアイメイクのやり方は知らない、という事もよくあるのではないでしょうか。そうなると、知らず知らずのうちに奥二重の目元を小さく見せてしまうアイメイクのやり方を取り入れてしまっている場合もあります。ぱっちりとしたデカ目に見せたい時は、奥二重に最適なメイクのやり方に切り替えていくようにしましょう。

クリームアイシャドウを選ぶ

奥二重の人におすすめしたいのがクリームアイシャドウ。クリームアイシャドウは瞼に密着しやすく、よれにくいのが特徴になります。奥二重の人がアイシャドウを使う時は、よれが気になる事が多いのではないでしょうか。奥二重の間にアイシャドウが詰まってよれやすくなってしまうのが問題です。クリームアイシャドウならフィット感があるので奥二重でもよれず、綺麗な状態を保てるのが嬉しいポイント。クリームアイシャドウ以外ならリキッドアイシャドウもよれにくいので奥二重に最適です。
「手持ちのパウダーアイシャドウも活用したい!」という場合は、アイシャドウベースを使いましょう。アイシャドウベースとは、アイシャドウの前に塗っておく事でパウダーアイシャドウの密着度を上げてくれるアイテムです。アイシャドウの発色も良くなるので、奥二重のアイメイクに役立ててみてはどうでしょうか。保湿成分を含んでいるアイシャドウベースが多く、目元の乾燥を防げるのも魅力です。

ナチュラルな色のアイシャドウを選ぶ

「アイシャドウを塗ったら、目が小さくなってしまった」という奥二重さんの失敗の原因として挙げられるのが、濃い色のアイシャドウを二重幅に塗っているという事です。目元をぱっちりと見せるには濃い色のアイシャドウを塗った方が良いと思われがちですが、実はNG。奥二重の人が濃い色のアイシャドウをアイホール全体に塗ると二重幅が消えて目が小さく見えてしまいます。奥二重をぱっちりと見せたい時は、ナチュラルで肌馴染みが良い色のアイシャドウを使うやり方が最適。

ブラウン系のアイシャドウをベースにし、奥二重の二重幅を消さない色を選んでいきましょう。アイシャドウパレットの中で最も馴染みの良いベージュ系の色を選んで塗っていけば、綺麗な仕上がりになります。二重幅に濃い色のブラウンを塗ると目が小さく見えてしまうので要注意です。

グラデーションで目の立体感を出す

奥二重のアイメイクで大切になるのがグラデーション。アイシャドウでグラデーションを作る事によって目元に奥行きが出て、立体感のある仕上がりになります。単色アイシャドウでアイメイクを仕上げるよりもぱっちりとしたデカ目に見せやすくなるので、グラデーションを意識しながらアイシャドウを使っていくようにしてみてください。
グラデーションアイメイクは基本的に横にグラデーションを作る事が多いですが、奥二重のアイメイクでは縦にグラデーションを作るのがおすすめ。縦グラデーションのやり方は後述しているので、是非参考にしてみてはいかがですか。

色物は目尻にポイントとして使う

奥二重のアイメイクでは肌馴染みの良いベージュやブラウン系でまとめるやり方がおすすめですが、「綺麗なカラーのアイシャドウを使いたい!」という場合も多いのではないでしょうか。しかし、奥二重の人がピンクやオレンジなどのカラーアイシャドウを塗ると瞼が腫れぼったく見えてしまいがちです。カラーアイシャドウで瞼が腫れぼったくなってしまう原因は、アイホール全体に塗っているから。奥二重の人がアイホール全体にカラーアイシャドウを塗ると重たい目元になってしまいます。
その為、カラーアイシャドウは目尻にポイントとして使うようにしましょう。このやり方であれば腫れぼったくなる事なく、ぱっちりとしたデカ目に見せる事が出来るようになります。アクセントカラーになるようなアイシャドウを目尻に入れればおしゃれな個性を出す事が出来るので、アイメイクで印象を変えたい時はこのような取り入れ方をしてみてはどうでしょうか。

涙袋はナチュラルなアイシャドウを

デカ目に見せたい時のアイメイクのやり方として人気を集めているのが涙袋メイク。涙袋の部分にハイライトを入れる事でぷっくりとした涙袋にするのがポイントです。こうすると目元が大きくぱっちりと見せる事が出来るので、取り入れている方も多いのではないでしょうか。奥二重の人が涙袋メイクをする時に注意したいのがアイシャドウのカラー選び。ホワイトなどはっきりとした色味のアイシャドウを使うと目元が不自然な印象になってしまいます。
ナチュラルにデカ目にする為に、肌馴染みの良いカラーを選ぶようにしましょう。おすすめはアイボリー系のアイシャドウ。これを涙袋の中央部分に乗せる事でぱっちりとした目元に仕上げる事が出来ます。

ラメの塗りすぎに注意

キラキラとしたラメ入りアイシャドウは華やかな雰囲気にしたい時にぴったり。また、ラメは膨張効果もあるので上手に使う事でぱっちりとしたデカ目に見せやすくなります。しかし、奥二重の場合はラメアイシャドウの塗り過ぎにも注意しましょう。ラメアイシャドウを塗り過ぎる事で膨張効果が出過ぎて瞼が腫れぼったく見えてしまいます。
奥二重の人がラメアイシャドウを使う時は、アイホール全体には塗らず、目尻を中心に塗っていくようにしましょう。黒目の辺りから目尻にかけて徐々に幅を広げるように塗っていけば適度なキラキラ感を目元に与える事が出来ます。

奥二重向けアイシャドウの塗り方

奥二重のアイメイクのポイントを押さえる事が出来たら、基本的なやり方をチェックしていきましょう。奥二重をデカ目に見せたい時にはアイシャドウの塗り方にこだわる事が大切になります。アイシャドウの塗り方次第で奥二重をぱっちりと見せられるかどうか変わってくるので、工夫してみてください。

本記事でご紹介するのは、縦割りグラデーションのやり方です。普通のアイメイクだと横割りでグラデーションを作る事が多いですが、奥二重の人は縦割りグラデーションとの相性がぴったり。目頭から目尻にかけて縦割りにグラデーションを作っていく事で、ナチュラルに目元を大きく見せる事が出来るようになります。

①肌色に近い色をアイホールに塗る

奥二重の人が横割りグラデーションより縦割りグラデーションの方が似合う理由は、目を大きく見せやすいからです。奥二重の人は縦割りのグラデーションにする事で横幅と縦幅の両方を強調する事が出来るのがポイント。目尻に向かって濃い色を入れていけば横幅が強調されるので、自然と目元が大きく見えます。また、アイシャドウのグラデーションによって立体感が出る為、縦幅も適度に強調する事が可能。今まで横割りグラデーションにしていた方も縦割りグラデーションにしてみてはいかがですか。

まずは、アイホール全体に肌の色に近いアイシャドウを塗りましょう。このアイシャドウのカラーが奥二重メイクのベースとなります。ベージュ系の肌馴染みが良いアイシャドウを使ってメイクをしてみてください。

②目尻から濃いカラーを塗っていく

続いて、アイシャドウパレットにある濃いめの色を使っていきましょう。目尻から黒目の辺りまで濃いめの色のアイシャドウを塗ります。黒目付近の幅は狭く、目尻に向かって少しずつ幅を広くしていくのがポイント。目を開いた時に目尻の所から少しアイシャドウのカラーが見えるくらいにすると綺麗に見せられます。カラーアイシャドウを使いたい場合もこの塗り方をすると瞼が腫れぼったく見えないので、アイシャドウの塗り方にこだわってみてください。

③中間色で境目をぼかす

続いて、中間色のアイシャドウを使っていきましょう。中間色のアイシャドウをブラシに取ったら、アイホールに塗ったアイシャドウと濃いめのアイシャドウの境目をぼかしていきます。中間色のアイシャドウがないとグラデーションを作りにくいので、アイシャドウパレットの中にある色を有効活用してみてください。アイシャドウを少しずつ塗って境目をぼかしていけば、ナチュラルなグラデーションに仕上げる事が出来ます。鏡で全体のバランスも確認しながら縦割りのグラデーションを作っていくとスムーズです。

④締め色を目の際に入れる

最後に、締め色のアイシャドウを使って目元を引き締めていきましょう。締め色が入る事で目元の奥行きがアップするので、デカ目に見せやすくなります。細いチップに締め色のアイシャドウを取ったら、黒目の辺りから目尻にかけて目の際に塗ってください。この時、目頭からスタートさせないのがポイント。目頭から締め色のアイシャドウを塗ると二重幅が埋まりやすくなります。黒目の当たり方スタートさせる事で、二重幅を埋める事なく目元を引き締める事が出来るので、そういった事も意識してメイクをしていくのがおすすめです。

これで縦割りグラデーションのアイメイクが出来上がりました。横割りグラデーションよりも目元を大きく見せやすくなったのではないでしょうか。最初はベージュブラウン系のアイシャドウで始めて、徐々にカラーアイシャドウも取り入れていくようにすると、おしゃれなメイクを楽しむ事が出来るようになります。

奥二重さんにおすすめのアイシャドウ

次に、奥二重の人にぴったりなアイシャドウをご紹介します。奥二重の人はアイシャドウの選び方も大切。アイシャドウの質感やカラーなどにこだわって選んでいけば、簡単にぱっちりとした目元に見せる事が出来るようになるので、お気に入りのアイシャドウを探してみてください。今回はプチプラからデパコスまで人気を集めているアイシャドウをまとめました。自分に最適なアイシャドウを見つけて、普段のアイメイクに役立ててみませんか?アイシャドウが目元をぱっちりと見せるサポートをしてくれるはずです。

キャンメイク/パーフェクトスタイリストアイズ

価格:842円
おすすめポイント:肌馴染みの良い5色が揃い奥二重にもぴったり

プチプラブランドのアイシャドウとしておすすめなのがキャンメイクのパーフェクトスタイリストアイズ。ハイライトから中間色、締め色まで、アイメイクに活用する事が出来る5色が揃ったアイシャドウです。肌馴染みが良いカラーが揃っているので、奥二重のアイメイクに役立てられやすいのが嬉しいポイント。涙袋メイクに使えるハイライトも入っているので、これが1つあればアイメイクをトータルで完了させる事が出来ます。プチプラなので気軽に取り入れ安のも魅力ではないでしょうか。

インテグレート/アクセントカラーアイズCC

価格:1,058円
おすすめポイント:アイシャドウベースがセットになって奥二重もアイメイクに使いやすい

奥二重の人がパウダーアイシャドウを使う時に悩みがちなのが、アイシャドウのよれや粉落ち。素敵なアイシャドウだったとしても、粉落ちがあると残念な気持ちになってしまうのではないでしょうか。そんな時に便利なのがインテグレートのアクセントカラーアイズCC。こちらのアイシャドウにはアイシャドウベースがセットになっているのが魅力です。

アイシャドウベースを塗ってからアイシャドウを塗れば、奥二重でもよれを防ぐ事が出来るので活用してみましょう。ブラウンベージュやピンクベージュといった肌馴染みが良いカラーが揃っているのも人気を集めている理由です。

ルナソル/スキンモデリングアイズ

価格:5,700円
おすすめポイント:繊細なラメで大人っぽく上品な仕上がりになる

デパコスのアイシャドウとして高い支持を集めているのが、ルナソルのスキンモデリングアイズ。肌の色を綺麗に見せてくれるベージュ系のアイシャドウが揃った人気コスメです。パウダーアイシャドウですが、密着度が高くよれにくいと評判。繊細なラメが入っており、上品なツヤ感を瞼に与えてくれます。ラメは大き過ぎないので、奥二重の人が塗っても腫れぼったくなりません。オフィスメイクにも使いやすい落ち着いた色味が揃い、普段使いにぴったり。デパコスならではの上質な仕上がりを楽しめます。

奥二重向けその他のアイメイクのやり方

ここまでアイシャドウを中心にアイメイクのやり方について見ていきましたが、他のアイメイクのやり方についてもチェックしていきましょう。アイラインやマスカラといったアイメイクのやり方にこだわっていく事で、奥二重もぱっちりと見せやすくなります。アイシャドウのデカ目効果を合わせていけば、理想のメイクに仕上げやすくなるのではないでしょうか。奥二重の人にぴったりな、アイシャドウ後のアイメイクのやり方について更に詳しくご紹介します。

ハイライトでメリハリのある目元に

奥二重の場合、腫れぼったくぼんやりとした印象の目元になってしまうのが悩み所です。そんな状態を改善する為におすすめしたいのがハイライト。ハイライトを目元に入れる事でメリハリが生まれ、腫れぼったく見えるのを防ぐ事が出来るようになります。ハイライトは眉下の部分と目頭に入れていきましょう。カラーは馴染みの良いアイボリー系が最適です。また、Tゾーンにハイライトを入れるのもメリハリを引き立たせるのには効果的。このようにハイライトを上手に使って目元の立体感を出していきましょう。

アイラインは細く引く

奥二重の人の場合、アイラインを太く描くのはNG。デカ目に見せたい時はアイラインを太く引くと良いイメージがあるかもしれませんが、アイシャドウと同様に濃い色のアイラインを太く引くと、二重幅が埋まって目が小さく見えてしまいます。そうならないように、目の際に細くアイラインを入れていきましょう。

黒目の所からスタートするのもアイラインのポイント。目尻の部分は5mm程はみ出すと横幅が強調されて目元がぱっちりとします。大人っぽく見せたい時は目尻のラインを跳ね上げるのがおすすめ。可愛く見せたい時は下げ気味に目尻のラインを描いてください。

まつげは扇状に広げる

まつ毛は扇状に広げるようにしてマスカラを塗っていきます。扇状にする事で縦と横の幅を強調し、デカ目に見せやすくなるのがアイメイクのポイント。ビューラーでまつ毛をも上げた後にマスカラを根元から塗ります。左右に動かしながらマスカラを塗り、扇状になるようにしていきましょう。目尻と目頭の部分はマスカラを縦にして細かく塗っていくと綺麗に仕上がりやすくなります。コームを使い、余計なマスカラを取り除いたらナチュラルな扇状のまつ毛の出来上がりです。

メイク前に!目を大きくするマッサージ

どんなに効果的なアイメイクをしていたとしても、顔がむくんでいると目元は小さく見えやすくなります。奥二重の人の場合は、むくみが酷いと一重になってしまう可能性が高いので気をつけてください。メイク前にむくみを解消しているのとしていないのとでは印象が変わってくるので、事前にマッサージをするのがおすすめ。目元のマッサージをしておけば、ぱっちりとした状態にする事が出来るので是非行ってみてください。

①おでこをもみほぐす

マッサージのファーストステップとして、おでこを揉みほぐしていきましょう。指の腹を使い、優しくおでこを揉みほぐしていきます。こうする事で血流が良くなりやすいので、ゆっくりと丁寧に揉みほぐすようにしてください。

②上瞼のくぼみを押す

続いて、目元のマッサージを行います。人差し指の第二関節を使い、上瞼のくぼみを押すようにしてください。目頭からスタートし、目尻に向かってじんわりと押すようにします。目の周りの皮膚は薄いので、擦ったり力を入れ過ぎたりしないように気をつけるようにしましょう。

③下まぶたも軽く押す

続いて、下瞼の部分も押していきます。人差し指の腹を使い、目頭から目尻に向かって軽く押してください。下瞼も皮膚が薄いので、軽く押す程度で大丈夫です。

④こめかみを押す

次に、人差し指の第二関節でこめかみを押しましょう。こめかみの部分は少し力を入れてもOK。痛気持ち良いと感じるくらいの力でこめかみを押すようにします。

⑤こめかみから鎖骨まで老廃物を流す

最後にこめかみから鎖骨に向かってリンパを流すように指をスライドさせていきます。これで老廃物が流れやすくなるので、むくみ解消に役立ててみてください。

奥二重向けのメイクでデカ目を作ろう♡

奥二重がコンプレックスだったとしてもメイクのやり方で印象を変える事が出来ます。アイシャドウを上手に使って理想の目元になっていきましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター