サムネイル

理想の二重の作り方!周りにバレずにぱっちりした目を作るポイントは?

パッチリとした二重まぶたの作り方やアイテープ・アイプチ・リキッドの使い方についてまとめました。二重まぶたになりたい時は、基本的な二重まぶたの作り方を把握しておく事が大切です。誰にもバレない簡単な二重まぶたの作り方で、あなたもパッチリとした目元を目指していきませんか?

自然なぱっちり二重の作り方

日本人には一重や奥二重が多いので、綺麗な二重に憧れる方も多いのではないでしょうか。「自然なパッチリとした二重になりたい!」場合に役立つのがアイプチやアイテープ、リキッドといったアイテム。これらの道具を上手に使う事で、簡単に理想の二重に近づく事が出来るようになります。二重の目元はそれだけで大きく見せられるのが魅力。「今よりも目を大きく見せたい」という時は、簡単な作り方で二重まぶたにしてみませんか?

今回は、簡単に出来る二重まぶたの作り方や、アイテープ・アイプチ・リキッドなどの使い方についてまとめました。二重まぶたを作りたい時は、それぞれのアイテムの使い方を把握しておく事が大切。簡単な作り方で綺麗な二重まぶたになるので、是非取り入れていきましょう。

道具の使い方を見直そう!

二重まぶたを作りたくてアイプチやアイテープなどを使った時に「思ったような二重にならなかった…」という事はありませんか?簡単な二重まぶたの作り方が出来るアイプチやアイテープ、リキッドといったアイテムですが使い方が間違っていると理想の二重まぶたになりません。二重がなかなか上手に作れない時は、使い方が間違っている可能性があります。使い方の基本を覚えておけば、簡単な作り方で二重まぶたを作る事が出来るようになります。

普段から二重まぶた作りにアイテープやアイプチ、リキッドなどを使っている方は、使い方を今一度確認し直しましょう。いつの間にか自己流になっている部分もあるかもしれないので、それを見直す事で二重まぶたが作りやすくなります。朝の忙しい時間でも簡単に二重まぶたに仕上げる作り方・道具も使い方について学んで、理想の二重になりませんか?

二重まぶたの種類

二重の作り方の前にチェックしておきたいのが二重の種類。二重まぶたと一口に言っても、大きく3種類に分ける事が出来ます。まずは、自分がどういったタイプの二重を作りたいのか決めておく事が大切。二重の形が決まっていないと、道具を使っても理想の二重にならない事があります。可愛い系の二重が良いのか、セクシー系の二重が良いのかなど、タイプによって二重の形は変わってくるので、まずはそういった所を細かく決めた上で二重を作るようにしてみてください。

今回は末広タイプの二重・幅広平行タイプの二重、幅の狭い平行タイプの二重の3種類に分けました。それぞれの二重の特徴を把握しておけば、なりたい二重が自ずと見えてくるのではないでしょうか。自分にぴったりの二重の形を参考にしながら、綺麗な二重に仕上げていきましょう。

①末広タイプ

日本人の顔に馴染みやすく、ナチュラルに目元をパッチリと見せる事が出来るのが末広タイプの二重です。目頭の部分の二重まぶたは目立たず、目尻にかけて徐々に二重まぶたの幅が広くなる形になっているのが特徴。日本人で元から二重の人は末広タイプの二重である事が多いので、アイプチやアイテープを使っても自然な二重に見せやすくなります。

見慣れている二重の為、老若男女問わず好感度の高い二重まぶたに仕上げられるのも末広タイプの魅力。「二重にしてみたいけど、そこまで主張を強くしたくない」という場合は末広タイプの二重にしてみましょう。親しみやすさも感じられる二重の形なので、印象を良くしたい時にも末広タイプの二重にしてみると良いかもしれません。

②幅広の平行タイプ

「目を大きくパッチリと見せたい!」という場合には、幅広の平行二重まぶたにするのがおすすめ。目に対して平行な形で幅が広い二重となっており、目力がアップします。幅広の平行二重はアイメイクをする事で更に目を大きく見せられるのも魅力。ハーフ風の顔立ちになりたい場合にも幅広の平行二重まぶたはぴったりです。外国人の顔立ちに多いタイプの二重なので、一気にハーフっぽい雰囲気に仕上げられるのが嬉しいポイント。セクシーなハーフ顔に憧れている時は幅広平行二重まぶたにしてみてはいかがですか。

幅広タイプの二重まぶたはくっきりと見えるので、作り方によっては不自然になってしまう可能性があります。その為、幅広の平行二重まぶたを作る時は全体のバランスを見ながらナチュラルに仕上がるようにする事が大切です。

③幅狭めの平行タイプ

「平行タイプの二重まぶたに憧れるけど、くっきりし過ぎていると不自然になってしまうかな」という場合には、幅が狭いタイプの平行二重まぶたがおすすめ。幅を狭目にする事によって、ナチュラルに目を大きく見せる事が出来ます。可愛い系のくりっとした目元にしたい時は幅が狭い平行二重にしてみましょう。すっぴんの状態になっても目を大きく見せやすいので、ナチュラルメイクでもしっかり盛れる所が幅が狭い平行二重の良い所。日本人の顔立ちにも馴染みやすい為、初めて二重を作る場合にもおすすめです。

メイク時の二重の作り方

なりたい二重まぶたの形が決まったら、実際に二重の作り方をチェックしていきましょう。アイプチ・アイテープ・リキッドといったアイテムの使い方をそれぞれご紹介するので、二重を作る時の参考にしてみてください。

作り方①アイプチ

ティッシュでまぶたの油分をオフしたら、アイプチに付属されているプッシャーで理想の二重まぶたの形を作ります。理想の二重まぶたから1mmくらいの所にアイプチを塗るのが自然に見せる為のポイント。少し乾かしてからプッシャーで二重まぶたを作ったら完成です。

作り方②アイテープ

アイテープには両面タイプと片面タイプがありますが、両面タイプの方が接着度が高いので二重にしにくい方にもおすすめ。プッシャーを使って二重まぶたの形を作ったら、アイテープをラインに沿わせながら貼ります。プッシャーでまぶたを押し、アイテープとまぶたがくっつくようにしましょう。仕上げに指で優しく押してアイテープの密着度を高めるのがナチュラルに仕上げるポイント。目を閉じた時につっぱりを感じないか確認をしておくと、後から違和感を感じにくくなります。

作り方③リキッド

頑固な一重さんはリキッドタイプを使うとまぶたが接着して二重が作りやすくなると言われています。まぶたの油分をティッシュオフしたら、プッシャーで理想の二重まぶたを作り、そこに沿わせてリキッドを塗りましょう。リキッドを塗る前にボトルの縁で余計な液を落とすのが自然に仕上げるコツ。リキッドを塗ったらプッシャーでまぶたを押し、二重幅を作って完成です。

作り方④絆創膏

身近にある絆創膏でも二重を作る事は可能。絆創膏を細くカットしたら、なりたい二重のラインに合わせてまぶたに貼ります。引っ張りながら絆創膏を貼ってまぶたに密着させるのが綺麗な二重にするポイント。余った絆創膏をカットしたら完了です。

就寝前の二重の作り方

寝る前にアイプチなどで二重の癖をつけると自然な二重が出来やすくなると言われています。継続する事で本当の二重になる場合もあるので、習慣化して理想の二重を手に入れてみませんか?

作り方①夜用アイプチ

夜用アイプチは、蒸しタオル・ベビーパウダーも準備すると効果的。蒸しタオルで血行を良くすると二重の癖がつきやすくなります。ベビーパウダーをまぶたにつけて油分を取ったら、通常のアイプチを使う方法で二重を作っていきましょう。夜用アイプチの代わりに絆創膏を使ってもOK。アイプチを購入するのが手間な場合や夜用アイプチがない時は絆創膏で代用する事が出来ます。基本の絆創膏の使い方で二重を作ったら後は就寝するだけ。二重の癖がつきやすくなります。

作り方②ストレッチ

二重まぶたの癖がつきやすいストレッチを寝る前にするのも効果的。毎日続けると、自然な二重になると言われています。まず。目をぎゅっと閉じたら、大きく見開くようにしましょう。これを10回程度繰り返します。続いて、こめかみの辺りを指でくるくると刺激しながらマッサージ。眉間の部分に指を当て、押すようにしてマッサージをします。動画も参考にしながら是非行なってみてください。

二重の作り方は慣れれば簡単!

二重を作るのは難しい…と思っている場合も基本の作り方を覚えておけば大丈夫。それぞれの道具の使い方をチェックして、理想の二重になりませんか?

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター