サムネイル

セルフジェルネイルキットおすすめ8選!初心者でも上手くできるブランドは?

初めてのセルフジェルネイルにおすすめのジェルネイルキットをご紹介します。セルフジェルネイルキットの選び方のポイントや、ブランドごとに違うキット内容をご紹介します。またキット紹介の他にも、ジェルの種類やジェルネイルの下準備やおすすめデザインといった、セルフジェルネイル初心者でもジェルネイルを楽しめるコツをご紹介します♡

ジェルネイルに挑戦!おすすめキットを紹介

「ジェルネイルはネイルサロンでするもの」と思っている方や「セルフジェルネイルは初心者には難しい」と思っている方も多いでしょう。ネイルサロンであれば最低でも数千円から1万円以上する場合もあります。しかし、セルフでもジェルネイルに関する正しい知識とコツさえ知っていれば、爪のフォルムを美しく整えたり、マニキュアよりも豊かな発色やジェルネイルならではのデザイン等を楽しむ事が出来ます。

ジェルネイルは初心者でもできる?

セルフジェルネイルを始めるには、数種類のジェル、筆、ジェルを硬化するライト等の道具を揃える必要があります。これからセルフジェルネイルを始めたいという方には、一つ一つ道具を揃えるより「ジェルネイルキット」を購入するのがおすすめです。ジェルネイル用品を扱うお店やブランドから発売されているもので、ジェルネイルに必要な道具を一度に揃える事が出来ます。

セルフジェルネイルキットの魅力

セルフジェルネイル初心者にジェルネイルキットをおすすめする最大の理由は、「価格」です。ネイルサロンでジェルネイルをする場合は、数千円から1万円程度とご紹介しましたが、ジェルネイルキットは5千円弱から1万円程度が相場です。つまり、2回から3回ネイルサロンで施術してもらうのと同等の価格で、セルフジェルネイル用品の一式を揃える事が出来るのです。
さらに、ジェルネイルキットにはネイルパーツが付属されているものもあります。ネイルサロンでは追加費用が掛かったり伝えるのが難しいデザインも、セルフジェルネイルであればチャレンジしやすいでしょう。ジェルネイルは「樹脂」である為、オフの方法やアレルギーの可能性がある事を理解しておく必要があります。しかし、ジェルネイルキットを使えば初心者でも簡単にジェルネイルを始める事が出来ます。

セルフジェルネイルキットの選び方

①キット付属のジェルの種類で選ぶ

セルフジェルネイルキットの選び方で最も注目したいポイントが「ジェルのタイプ」です。ジェルネイルのジェルは大きく分けて「ジャータイプ」と「ボトルタイプ」に分けられます。ジャータイプは、ボディクリームのように蓋がネジ式になっている容器に入っているジェルの事です。種類が豊富で、適度な粘度があり初心者でも扱いやすい一方で、筆が必要で扱いに慣れるまでは、初心者の方には難しいかも知れません。

ボトルタイプは、マニキュアと同様、キャップに刷毛が付いており、それを使って爪に塗っていくタイプのボトルです。ボトルタイプのメリットは、扱いやすさと薄塗りが出来る点です。特にマニキュアでセルフネイルをしていた方は、使いやすいと感じるでしょう。デメリットとしては、粘度が低いジェルが多いという事です。特に初心者の内はサイドに流れやすく、1本ずつ仮硬化をする必要があるでしょう。

②キットのセット内容で選ぶ

ジェルネイルでは、ジェルを硬化させる為のライトがとても重要です。最近ではLEDが主流になりましたが、依然UVでのみ硬化出来るジェルというのもあるので、使いたいジェルブランドがある場合は選び方に注意が必要です。また、ワット数も選び方のポイントになります。省スペースだけど低ワット数、高ワット数だけど場所を取る等、ジェルネイルに使えるスペースを考えながら選ぶというのも選び方のコツです。

ジェルネイルキットとして購入する場合は、基本となるジェルや筆の他にも、ジェルネイルに使えるパーツやケアグッズが付属品として付いてくるキットもあります。ただし、そういったキットの場合、付属のジェルが化粧品登録されていない物である、キットに入っているケアグッズも100円ショップで揃えられたり、セルフネイラーなら既に持っているグッズがあるというデメリットも把握しておく必要があります。

③信用できるブランドのキットを選ぶ

どのジェルネイルキットが良いかわからないという時は、ブランドで選ぶというのも選び方の一つです。ジェルネイルに使われるジェルは、大きく分けて「爪化粧料」と「雑貨」に分けられます。簡単に言うと、前者は国の基準をクリアしている物、後者はそうでない物という事になります。雑貨に分類されるジェルは「付け爪用ジェル」として販売されており、自爪への使用は自己責任という事になります。
そうした理由から、セルフジェルネイル初心者の方は、信頼出来ると判断出来るブランドのキットを購入する事を強くおすすめします。中には化粧品登録しない・出来ない理由を好評しているブランドもありますが、ジェルネイルに対するアレルギーの可能性を考えると、少なくとも皮膚や自爪に触れる割合の大きいベースジェルは、信頼出来るブランドのジェルを使用しているキットをおすすめします。

セルフジェルネイルキット【プロおすすめ】

現在、ジェルブランドやジェルネイル用品販売店等、様々なブランドからセルフ向けのジェルネイルキットが販売されています。まずは、ジェルネイルのプロも認めたブランドや、ジェルネイルのプロも愛用しているブランドから発売されているセルフ向けのジェルネイルキットをご紹介します。ジェルの品質を重視した選び方をしたいという方におすすめのジェルネイルブランドのキットです。

①シャイニージェル/ジェルネイルキット

シャイニージェルの「ジェルネイルキット」です。シャイニージェルはプロ向けのブランドラインも持っており、そのシャイニージェルから発売されているセルフ向けのジェルネイルキットです。ジェルは純国産で、品質を重視する方にもおすすめのブランドです。複数のキットが発売されていますが、手軽に始めたい方は6,000円台のキット、本格的に始めたい方は10,000円台のキットがおすすめです。

②SoLuzGel/ジェルネイルキット<New Basic>

ソルースジェルのジェルネイルキットは、女性誌にも取り上げられ「箱が可愛い」と口コミでも評価の高いキットです。ベース&トップとして使えるジェルを含め全てボトルタイプのジェルとなっているので、セルフジェルネイル初心者の方でも使いやすいでしょう。また、グリッターやストーンといったパーツ類や筆も付属している為、アートを施したり、オンとオフ両方のジェルネイルを楽しむことが出来ます。

③Nail Labo/プレミアムキット

Nail Laboは、20年以上プロネイリスト向けに商品開発をしているブランドです。Nail Laboから発売されているキットは、ライトとボトルタイプのジェル、クリーナーとリムーバー、基本的なケア用品とシンプルなキット内容です。しかし、高品質なジェルを使用したキット内容で、かつ、対応に関する口コミ評価も高い為、初めてセルフジェルネイルをするという方にはおすすめのキットです。

④Groovy Nail/ジェルキット PREGEL

Groovy Nailは、主にプロ向けに流通しているブランドをセルフ向けに販売しているネイル専門店です。ブランドの違う3種類のキットが販売されていますが、中でもおすすめのキットがブライス人形とのコラボでも人気のプリジェルのキットです。プリジェルはプロの愛用者も多い人気ブランドですが、セルフ向けにはあまり流通しておらず入手機会が限られているジェルなので、非常におすすめのキットです。

⑤グランジェ/ジェルポリッシュセット

グランジェは、マスカラのようなスタイリッシュなボトルが印象的なブランドです。セレクトショップでの取扱や大手メディアでの掲載も多いブランドです。ジェルポリッシュとして発売されている通り、正にジェルネイルとマニキュアの中間の様なジェルです。ベースとトップのみというキットの他、カラージェルが含まれているキットもあります。ペン型のライトを使う為、省スペースな点も魅力です。

⑥ジェリーネイル/ジェルネイルキット

ジェリーネイルは、いち早くセルフ向けのジェルネイル用品の販売を介したブランドで、セルフジェルネイルの先駆けとも言われているブランドです。ジェリーネイルからは、置型ライトの「ベーシック」とペン型ライトの「ハンディ」という2種類のキットが発売されていますが、どちらも付属しているジェルがジャータイプの為、スペースを確保出来る方は置型ライトの「ベーシック」をおすすめします。

⑦ジャパンネイル/ジェルネイルスターターキット

ジャパンネイルは、ネイルスクールをメインとしているブランドです。ジェルネイルが国家資格として扱われているアメリカの資格を取得できるスクールとしても有名で、信頼出来るキットが購入出来ます。市販品で代用出来るからという理由でリムーバーが付属していない一方、一般的なキットには含まれないないメタルプッシャーが付属している等、スクールならではのキットとなっています。

⑧HOMEI/ウィークリージェル

HOMEIは、ベースからカラー、トップの3ステップが1本で完結するウィークリージェルを発売しているブランドです。リムーバーを使わずにペリッと剥がしてオフが出来る事から「第三のジェル」とも呼ばれ、セルフでジェルネイルを楽しむ方を中心に口コミで話題となりました。セット販売はされていませんが、他のキットと同等の金額でより多くのカラーを購入する事が出来ます。

セルフジェルネイルの下準備

セルフジェルネイルキットの選び方をご紹介してきましたが、ここからは実際にジェルネイルの工程についてご紹介していきます。ジェルネイルの下準備は、仕上がりの美しさを左右するだけではなく、ジェルネイルを長持ちさせる為にも必須となるので、一つ一つ丁寧に行うのがコツです。工程ごとにコツの他に適した道具の選び方も合わせてご紹介します。

①甘皮の処理をする

下準備として、まずは甘皮処理をします。マニキュアでも甘皮処理をしますが、ジェルネイルではそれ以上に重要な工程になります。というのも、甘皮処理を怠ると、甘皮部分からジェルが浮き上がる「リフト」の原因になってしまいます。ジェルのリフトを放置すると爪ごと割れてジェルが取れてしまったり、グリーンネイルの原因になります。その為、丁寧な甘皮処理は、ジェルを美しく長持ちさせる重要なコツです。
甘皮処理にはウッドスティック等でも代用が出来ますが、甘皮処理にはプッシャーを使うのがおすすめです。口コミではオイルが入っているタイプのセラミックプッシャーをおすすめする声もありますが、油分はジェルの定着を悪くしてしまいます。その為、プッシャーの選び方に迷ったら、オイルの入っていないタイプのセラミックプッシャーか、メタルプッシャーをおすすめします。

②爪を整える

甘皮処理が終わったら、爪の形を整えていきます。爪を整える時は、短くする場合でも爪切りを使わずにファイルと呼ばれるヤスリを使う事をおすすめします。ファイルは100円ショップの物でもキットに付属されている物でも十分ですが、目の粗さを表すグリッド数によっては爪を整える為に使うには適していないファイルもあります。その為、必要以上に爪を痛めない為にも事前に確認しておきましょう。
ファイルは消耗品であると同時にどのショップでも比較的安価で購入出来るので、キットを購入する時に追加でいくつか購入しても良いでしょう。初心者向けのサイトや動画では「正しいファイルの持ち方」を紹介しているコンテンツもありますが、一番のコツは力を入れ過ぎない事です。そのコツさえ押さえていれば、持ち方にこだわる必要はあまり無いでしょう。

③サンディングをする

爪の形を綺麗に整えたら、サンディングをしていきます。サンディングには爪表面に軽く傷を付ける事でジェルが傷に食い込む形になり、ジェルの定着を良くする目的があります。サンディング不要としているジェルもありますが、サンディングをすると更に持ちが良くなります。また、サンディング後はしっかりとダストを払っておきましょう。また、プレプライマーを使うとよりジェルの持ちが良くなります。
サンディングには爪の形を整える時に使うようなファイルではなく、より目の細かいスポンジファイルを使うのが一般的です。しかし、スポンジファイルでもグリッド数に違いがあり、中には自爪に使うには目が荒すぎる物もあるので注意が必要です。スポンジファイルを持っていない時やキットに含まれていない場合は、100円ショップ等で購入できる爪磨きの最も目の荒い面で代用する事が出来ます。

セルフジェルネイルのやり方のコツ

セルフジェルネイルの下準備をご紹介してきましたが、ここからはセルフジェルネイルをする上でのコツをご紹介していきます。セルフジェルネイルキットは、それだけでジェルネイルが楽しめるようになっていますが、きれいに仕上げる為には、正しい手順で進める事と少しのコツが必要になります。ここでは、ベースジェルを塗る所から、ジェルネイルの完成までの工程で押さえておきたいコツをご紹介します。

①ベースネイルはきちんと塗る

セルフジェルネイルで最も大切な事は、ベースジェルをしっかり塗る事です。というのも、ベースジェルがしっかり塗れていないと、その後の仕上がりに大きく影響が出るだけではなく、爪や爪周りの皮膚に大きな負担が掛かってしまいます。また、マニキュアのベースコートと同じように、爪への色素沈着を予防してくれる効果もあります。ベースジェルは仕上がりを左右以外にも、爪を守る物としても重要な物なのです。
爪の根本から少し手前にベースジェルを置き、爪の根元へ軽く押し込むようにします。爪の際まで塗れたら、そこから先端へ向けて塗り、爪の左右を塗っていきます。綺麗に塗るコツは、筆先が今何処を通っているのかを見る事です。爪の左右の際は、外から内に向かって塗っても良いです。ジェルネイルの持ちが長くなるように、エッジと呼ばれる爪の先端部分もしっかりと塗っておきましょう。

②カラージェルは2度塗りが基本

ベースジェルの硬化が出来たら次にカラージェルを塗っていきます。カラージェルはブランドの違いだけではなく、同じブランド内でも色によって硬化時間が違うと言われています。その為、ジェルネイルキットとは別に購入したカラージェルの場合は、キットに含まれているライトがカラージェルのブランドの推奨しているワット数、照射時間を満たしているかを、事前に確認しておく必要があります。
カラージェルは分離しやすい為、使う度に撹拌するのがおすすめです。スパチュラを使うのが理想的ですが、他の道具で代用する事も可能です。しかし、筆で混ぜると、筆を痛めてしまうので避けた方が良いでしょう。また、混ぜている段階で空気が入ると気泡が出来て仕上がりに影響が出るので、ゆっくりと撹拌するのがコツです。ボトルタイプのカラージェルは、コロコロと転がすように撹拌するのがおすすめです。

③サイドからのフォルムもチェックする

マニキュアでも同様ですが、セルフネイルでは爪を真上から見た時のフォルムにのみ目が行きがちです。しかし、ジェルネイルの場合は、粘度のあるジェルで高さの調節も出来る為、真上からのフォルムにのみ注目していると、サイドから見た時に不格好になってしまいます。その為、サイドから見た時も綺麗なアーモンド型になるように爪の「ハイポイント」を意識して、クリアジェル等でフォルムを整えて行きましょう。
このハイポイントを作るという工程は、特にセルフジェルネイル初心者の方には難しいかも知れませんが、爪の中心から少し根元側に頂点を作るイメージで調整していくのがコツです。ハイポイントを作ってサイドからのフォルムも整える事が出来るようになれば、反り爪の方でもセルフジェルネイルでネイルサロン顔負けの綺麗なジェルネイルを楽しむ事が出来ます。

④しっかりと未硬化ジェルを拭き取る

ジェルネイルが完成したら未硬化ジェルを拭き取ります。未硬化ジェルが無く、拭き取りが不要のノンワイプトップジェルを使った場合も、爪周りの皮膚にジェルが付着している場合がある為、可能であれば軽く拭き取りをしておくのがおすすめです。また、複雑な3Dアートを施したジェルネイルやストーン等を使ったデザインの場合は、隙間部分に未硬化ジェルが残らないように、注意深く拭き取るのがおすすめです。
セルフジェルネイルキットにジェルクリーナーが含まれている場合もありますが、ジェルクリーナーがない場合は薬局で購入出来る消毒用のエタノールがおすすめです。エタノールはコスパが良く、未硬化ジェルの拭き取り以外にもプレプライマーの代用や道具の消毒、ボトルやジャーに付いたジェルを拭き取る時にも使えます。ジェルクリーナーが無い場合は人気、口コミ共に評価の高いエタノールの使用がおすすめです。

⑤ネイルケアをする

セルフジェルネイルが完成したら、ネイルオイル等でしっかりと爪周りの保湿とケアをしてあげましょう。ジェルネイルは、ベースジェルを塗る時にプレプライマーを使って爪の油分・水分を飛ばしたり、未硬化ジェルを拭き取ったり等、爪周りが乾燥しやすい状態になります。特に、ジェルネイルをオフしてから再びセルフジェルネイルをする場合はこの傾向が強くなる為、より念入りにケアしておきましょう。
また、ネイルオイルでのケアは爪や爪周りの保湿という以外にも、ジェルネイルを長持ちさせてくれる効果が期待出来ます。更に、今生えている爪のケアになるだけではなく、新しく生えてくる爪に対しても良い効果を与える事が出来ると言われています。その為、長くセルフジェルネイルを楽しみたいと考えている方は、ペンタイプのネイルオイル等で日常的にケア出来るようにしておきましょう。

簡単!セルフジェルネイルデザイン

人気セルフジェルネイルキットの口コミや選び方、セルフジェルネイルの基本を押さえた所で、最後にセルフジェルネイル初心者の方にも簡単に出来るおすすめのジェルネイルデザインをご紹介します。セルフジェルネイルキットを購入した方なら、他に道具を用意しなくても楽しめるデザインや、セルフジェルネイルのコツを練習できるデザインを厳選してご紹介します。

①クリアジェルネイル

実はクリアジェルネイルは、セルフジェルネイル初心者の方におすすめしたいNo.1のネイルデザインです。というのも、クリアネイルにはセルフジェルネイルの「基本やコツが全て詰まっている」と言っても過言では無いからです。ジェルネイルキットを購入して「色々なデザインを試してみたい!」と考えている方も多いでしょうが、美しいセルフジェルネイルを楽しむ為には、基本を押さえておく必要があります。
クリアジェルネイルでは、ジェルの塗り方を始め、綺麗なネイルフォルムの作り方、筆の運び方、1度に取るジェルの量、硬化不良を起こさない為の塗り方といった、セルフジェルネイルで気を付けたい全てのコツを練習する事が出来ます。更に、美しいクリアジェルネイルを作れれば、カラーネイルや他のデザインのネイルでも、綺麗に美しく仕上げる事が出来ます。

②単色塗り

定番の単色塗りもセルフジェルネイル初心者の方におすすめのデザインです。ジェルネイルの基礎練習になるというだけではなく、マニキュアとジェルネイルの違いをシンプルに楽しむことが出来ます。セルフジェルネイル初心者の方でも気軽にチャレンジでき、ストーンやスタッズ、ネイルシールを使うことで簡単なアレンジが出来る事もポイントです。
マニキュアの単色塗りは好みの濃さになるまで塗り重ねる事が出来ますが、ジェルネイルの場合は重ねれば重ねる程に爪に厚みが出てしまいます。その為、綺麗な仕上がりの為には「薄く均等に塗る」という事がコツになります。薄くムラにならないように塗るというのは、初心者の方には難しいかもしれませんが、練習のつもりで繰り返しチャレンジしてみましょう。

③フレンチネイル

フレンチネイルは定番のネイルデザインであると同時に、男性からの人気もとても高いネイルデザインです。しかし、セルフネイルだと難しいと感じている方も多いでしょう。ですが、そんなフレンチネイルも、ジェルネイルなら初心者の方でも簡単・綺麗に仕上げる事が出来るデザインに早変わりします。ジェルネイルでセルフフレンチネイルをする場合は、粘度の高いジャータイプのジェルを使うことをおすすめします。
マニキュアでフレンチネイルをする時は、テープやシールでガードする等の事前準備が必要になります。ですが、ジェルネイルでのフレンチネイルは、ベースの色を硬化した後フレンチを作りたい色を乗せ、はみ出した余分な所を「拭き取り」ます。ライトに当てないと硬化しないというジェルネイルの特性を活かした「拭き取り」というテクニックは、ジェルネイルのコツとして覚えておくと様々な場面で活用できます。

④グラデーションネイル

清楚で可愛らしく、爽やかな印象のあるグラデーションネイルは、セルフジェルネイルでも人気のデザインです。マニキュアでは難しいグラデーションネイルも、ジェルネイルであれば初心者の方にもセルフで簡単に楽しむことが出来ます。マニキュアと同じように少しずつ塗り重ねるという方法もありますが、初心者の方には「ライトに当てないと硬化しない」というジェルネイルの特性を活かしたやり方がおすすめです。
やり方はとても簡単!初心者の方でも綺麗に仕上げる事が出来ます。まず、ベースジェルを塗り硬化します。その後、メインとなるカラージェルを爪先に乗せます。この時、爪先から根元の方へチョンチョンとつつくように塗り進めると、綺麗なグラデーションになります。最後に境界線にクリアジェルを乗せぼかすのが、綺麗に仕上げるコツです。慣れない初心者のうちは、シアーカラーのジェルを使うのがおすすめです。

キットでセルフジェルネイルに挑戦しよう♡

ここまで、ジェルネイルキットの選び方のコツや口コミ等で人気のジェルネイルキットをご紹介してきました。どのポイントを重視するかでジェルネイルキットの選び方は大きく変わるので、口コミの評価や価格だけではなく、まずはどんなジェルが欲しいか、どんなジェルネイルを楽しみたいのかを整理しておきましょう。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター