サムネイル

ダイソーこんにゃくパフの使い方!簡単にツルツル肌が手に入ると話題!

カサカサ肌をなんとかしたい

肌がカサカサしていると、透明感がなくなり毛穴の開き・黒ずみも気になります。そんな肌の状態を改善するのに効果的と言われているのがダイソーのこんにゃくパフ。100円均一ショップとして人気を集めているダイソーからは今までには様々なヒット商品が出てきましたが、こんにゃくパフもそのうちの1つです。こんにゃくパフで洗顔をすれば簡単に毛穴汚れが取れて理想の肌になれると評判。100均ショップのダイソーだからこそ気軽にこんにゃくパフを取り入れられるのも魅力です。
今回は、こんにゃくパフの簡単な使い方や洗顔効果についてまとめました。こんにゃくパフの使い方はとても簡単。日々の洗顔に取り入れやすく、効果も高い事から人気となっています。こんにゃくパフの効果を発揮させるような使い方で毛穴レスな美肌を目指してみませんか?こんにゃくパフに秘められた高い効果についてチェックしていきましょう。

洗顔料の使い方が問題?

毛穴の開きや乾燥が気になる時に気をつけておきたいのが洗顔の方法。間違った洗顔の方法をしていると、どんなに肌のケアをしていたとしても乾燥肌を促進してしまう事があります。「毛穴の皮脂汚れが気になるから」という理由で洗顔料を使ってゴシゴシと顔を洗っていませんか?洗顔料は毛穴汚れを取るのに役立つアイテムですが、あまり力を込めて洗い過ぎると肌に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。肌に必要な皮脂がなくなると肌のバリア機能が落ちて乾燥肌の原因に。肌荒れを引き起こす事もあります。
洗顔料を使う頻度が高いのも乾燥肌・肌荒れを引き起こす要因になるので要注意。1日に何回も洗顔料を使う事でも肌に必要な皮脂が取り除かれてしまうので逆効果です。肌の乾燥をどうにかしたい時は、洗顔料の使い方を工夫する事が大切。正しい洗顔料の使い方をしていけば、肌のお悩みも軽減する事が出来るはずです。

乾燥肌には「お湯だけ」洗顔を

「乾燥が酷い状態がずっと続いている」という場合は、洗顔料を使わない洗い方もおすすめの方法です。肌の乾燥が酷い場合、必要な皮脂が取り除かれてバリア機能が弱まっている可能性がある為、洗顔料を使わずに優しくお湯洗顔をすると良いと言われています。ぬるま湯のみで洗顔する事で必要な皮脂を残し、肌のバリア機能を回復させていきましょう。しかし「お湯だけでは毛穴の汚れをしっかり取る事が出来ないのでは?」と心配になる方もいるかもしれません。そんな時に役立つのがこんにゃくパフです。
ダイソーで販売されているこんにゃくパフは簡単な使い方でお湯だけ洗顔が出来る便利なアイテム。こんにゃくパフの使い方を覚えていれば、洗顔料を使わなくても毛穴の汚れを綺麗に出来ると言われています。「乾燥肌が気になるけど、毛穴の汚れも落としたい」という方はこんにゃくパフの効果的な使い方を取り入れていきましょう。こんにゃくパフを効果的な使い方で活用する事で毛穴汚れのない潤い肌に近づく事が出来ます。

こんにゃくパフってなに?使い方は?

ダイソーから販売されて話題となっているこんにゃくパフですが「こんにゃくパフってどんな物?」「使い方はどうなっているの?」と気になる方もいるのではないでしょうか。まずはこんにゃくパフの詳しい使い方などについてチェックしていきましょう。こんにゃくパフはダイソーで発売された直後から話題に。InstagramやTwitterでもこんにゃくパフが注目されており、その簡単な使い方が評判となっています。毛穴汚れを綺麗に落としたい時に効果的と言われているこんにゃくパフの使い方について見ていきましょう。

こんにゃくの繊維からできたパフ

こんにゃくパフとは、その名前の通りこんにゃくを主成分としたパフの事です。こんにゃくには元々繊維が豊富に含まれており、その繊維を使ってパフを作っているのが特徴。こんにゃくに含まれている繊維はマンナンと呼ばれており、これが簡単な使い方で肌に優しく毛穴汚れを取り除く事が出来るポイント。マンナンは水分を多く含む性質があるのが特徴です。たっぷりと水分を含んだマンナンは肌に優しく、低刺激。毛穴の汚れを取りながら肌への刺激は最小限に抑える使い方で活用する事が出来ます。
マンナンはこんにゃくから取れた天然由来の成分なのも魅力。化学繊維は肌への刺激が気になってしまいますが、天然繊維であれば安心して使えるのではないでしょうか。肌への刺激は抑えたいけど毛穴の汚れはちゃんと落としたい、という場合にこんにゃくパフの使い方を学んでおくと便利です。

使い方は簡単!やさしく撫でるだけ

気になるのがこんにゃくパフの使い方。肌に優しく洗顔に役立つこんにゃくパフですが、使い方が複雑だと毎日使うのが大変です。朝晩のスキンケア前に簡単な使い方で取り入れる事が出来ればとても便利。そんなこんにゃくパフの使い方についてチェックしてみた所、とても簡単な使い方で活用出来る事が分かりました。こんにゃくパフの使い方は、ぬるま湯をたっぷりと含ませて肌の上で優しく撫でるだけでOKです。このように簡単な使い方であれば面倒をかける事なく毛穴ケアが出来るのではないでしょうか。
簡単な使い方が出来るだけでなく効果も高いと言われているのがこんにゃくパフの良い所。こんにゃくパフを使い始めてから毛穴が気にならなくなったという声もあります。効果的な使い方でこんにゃくパフを役立てていけば、理想の肌に近づけるかもしれません。

こんにゃくパフはダイソーで購入できる

とても便利で使い方も簡単なこんにゃくパフはダイソーで購入する事が可能。ダイソーのスキンケアコーナーの所にこんにゃくパフが販売されています。「天然こんにゃくパフ」と記載されているのがダイソーで話題になったいるこんにゃくパフ。「天然素材100%」「低刺激」といったような記載がされているのも嬉しいポイントです。こんにゃくから取れた天然の繊維・マンナン100%である事が分かります。ダイソーを訪れた際にはこんにゃくパフがあるかどうかチェックしてみてはいかがですか。
ダイソーで販売されているこんにゃくパフは、丸型や雫型といったように形の違いがあります。雫型は細かな部分の毛穴汚れもしっかりケアしたい時に最適。先端が細くなっているので簡単な使い方で小鼻などを洗いやすくなっています。丸型は頰や額などを洗うのにぴったり。お好みの使い方に合わせて形状を選びましょう。ただし、簡単な使い方で活用出来るとネット上で話題になっているのでダイソーの店舗によっては売り切れになっている可能性もあります。売り切れになる前にこんにゃくパフを手に入れておきましょう。

こんにゃくパフの効果

簡単な使い方で気軽に取り入れる事が出来るこんにゃくパフですが、実際にはどういった効果があるのでしょうか。こんにゃくパフの効果についても具体的に見ていきましょう。こんにゃくパフには様々な効果を期待する事が出来るので、毛穴の汚れを落としたり、肌を綺麗に見せたい時に取り入れてみませんか?「肌の乾燥状態がずっと続いている」「毛穴の汚れがなかなか落ちない」といった場合にも良い効果を発揮してくれると言われているので、使い方を工夫しながら活用していきましょう。

肌の古い角質を落とす

こんにゃくパフの効果として挙げられるのが古い角質を落とすという事。肌のターンオーバー機能が正常化していれば古い角質が取り除かれ、新しい肌細胞へ生まれ変わる事が出来ますが、ターンオーバーがしっかり出来ていないと肌に古い角質が残ります。古い角質が肌に蓄積されればされる程、くすみの原因に。また、古い角質が毛穴に溜まると黒ずみとなり、目立ってしまいます。その為、古い角質は定期的なケアで取り除いていく事がスキンケアでは大切。
こんにゃくパフは天然繊維のマンナンが古い角質を落とす効果を発揮してくれます。マンナンで優しく肌を撫でる使い方をする事で古い角質が落ち、肌のターンオーバーを促進。低刺激性なので肌への負担を最小限に抑えながら古い角質を落とすピーリング効果を期待する事が出来ます。

毛穴が目立たなくなる

古い角質が溜まると、毛穴の黒ずみの原因になったり、毛穴が開いて目立ったりしてしまいます。「ちゃんとケアをしているつもりなのに毛穴が気になる…」といった場合は古い角質が蓄積されている場合があるので気をつけましょう。
こんにゃくパフの正しい使い方をしていれば古い角質をちゃんと取り除く事が出来るので、毛穴に溜まる事もなくなります。汚れが減れば毛穴が開く事もなくなり、目立たない状態に。つるんっとした綺麗な肌をキープしやすくなります。簡単な使い方でこんにゃくパフを活用して、毛穴のない肌を目指してみませんか?

肌のトーンが明るくなる

こんにゃくパフを効果的な使い方で取り入れていけば、肌のトーンが明るくなるとも言われています。これは、古い角質が取り除かれているのが理由。古い角質が蓄積され続けていると肌にくすみが生まれて透明感がなくなってしまいます。こんにゃくパフを使う事で古い角質を落とせば、その分だけ肌に透明感が出てトーンが明るくなるのが嬉しいポイント。
「肌がワントーン暗くなっている気がするな」という場合はこんにゃくパフを簡単な使い方で活用して古い角質を取り除いていきましょう。明るく透明感のある肌へと導いてくれます。

化粧水や乳液が浸透しやすくなる

どんなに高価な化粧品を使っていたとしても、古い角質が溜まった状態だと適切な効果を発揮させる事が出来ません。古い角質でごわついた肌になっているとスキンケア成分が浸透しにくく、効果も減ってしまうので要注意。そんな時に役立つのがこんにゃくパフです。
こんにゃくパフで古い角質を取り除けば、角質層までスキンケア成分を浸透させやすくなるので、乾燥肌を予防する事が可能。スキンケアをしっかり行なっているのになかなか乾燥肌が治らないという場合は古い角質が原因かもしれないのでこんにゃくパフで対処してみましょう。化粧水や乳液がぐんぐん浸透して、もっちりとした潤いのある肌になれるはずです。そういった状態になればメイクのりも良くなるので、是非試してみてはいかがですか。

簡単!こんにゃくパフの使い方

色々な効果を期待する事が出来るこんにゃくパフですが、どういった使い方をするのでしょうか。こんにゃくパフの使い方はとても簡単なので気軽に取り入れられますが、使い方のポイントを押さえておく事も大切になります。自己流で間違った使い方をしているとこんにゃくパフの効果が半減してしまうかもしれないので気をつけましょう。正しい使い方をしていればこんにゃくパフの効果を実感する事が出来るはずです。こんにゃくパフの基本的な使い方をチェックして役立ててみてください。

お湯につけて戻す

こんにゃくパフの使い方で大切になるのがたっぷりと水分を含ませるという事です。こんにゃくパフの原料となっているマンナンは水分を蓄える事が出来るのが特徴。水分をしっかりと含んだこんにゃくパフを使うからこそ、肌に優しく毛穴ケアをする事が出来ます。こんにゃくパフに含ませる水分量が少ないと肌に摩擦が起きて刺激となってしまうので気をつけましょう。人肌程度のお湯をしっかりとこんにゃくパフに含ませていきます。冷水や熱いお湯だと肌への負担になってしまうので、適温のお湯を含ませる事も使い方のポイント。
こんにゃくパフには最初は硬いですがお湯を含ませると膨らみ、柔らかな質感になっていくはずです。この状態になったらOK。洗顔に役立てていきましょう。

化粧を落としてから

メイクを落としてから使うのもこんにゃくパフの使い方では大切になります。メイクがついた状態だとこんにゃくパフが毛穴汚れを落とす効果が半減。マッサージ効果も薄れてしまうので、メイクを落としたすっぴんの状態にした方が効果的です。クレンジングを使ってメイクを落としていきましょう。乾燥が気になる場合はクレンジング力が高過ぎるタイプではなく、マイルドタイプを使うのがおすすめ。アイメイクはポイントメイク用のリムーバーを使って優しく落としていくと肌の負担を減らせます。

円を描くようにくるくるとマッサージ

メイクを落としたらこんにゃくパフを使っていきます。こんにゃくパフはくるくると優しく撫でるようにするのが使い方のコツ。ゴシゴシと肌を擦るような使い方はNGです。肌を擦る使い方をしていると負担となり、肌荒れの原因にもなるので気をつけましょう。優しくマッサージをするような感覚で肌を撫でるような使い方をするだけで十分に毛穴汚れを落とす事が出来ます。小鼻の部分など、毛穴汚れが溜まりやすい所は重点的に行うなど、箇所によって使い方を変えていくと効率的に洗顔が出来ます。
全体をマッサージ出来たら、ぬるま湯で洗い流しましょう。これが基本的なこんにゃくパフの使い方。後はいつも通りにスキンケアをすれば完了です。

洗顔料は不要?

こんにゃくパフの使い方で気になるのが洗顔料を使わなくても良いのかという事です。こんにゃくパフに使われている天然繊維のマンナンは弱アルカリ性。一方で毛穴に溜まる皮脂汚れなどは弱酸性です。アルカリ性と酸性が合わさる事で中和され、毛穴の汚れを落とせるのでこんにゃくパフを使うときは洗顔料を使わなくても大丈夫。ただし、濃いメイクをした日で汚れが気になる時はクレンジングをした時に洗顔料を用いてこんにゃくパフで洗顔をする使い方でもOKです。その日の肌の状態に合わせて使い方を決めましょう。

こんにゃくパフ 使い方の注意点

とても便利なこんにゃくパフですが、使い方に注意しておきたいポイントもあります。間違った使い方をしていると逆効果になってしまうので気をつけてください。使い方の注意点も把握して、こんにゃくパフの効果を発揮させていきましょう。

肌にやさしい使い方を

こんにゃくパフは肌に優しい使い方をする事が大切になります。何回も擦ったり、力を入れて使うと肌に負担をかけてしまうので要注意。また、こんにゃくパフは毎日使うのではなく週2〜3回の頻度で使うのがおすすめです。こんにゃくパフは古い角質を落とす優しいピーリング効果があるので、毎日使うと角質の落とし過ぎになってしまう可能性があるのが理由。週2〜3回のスペシャルケアとしてこんにゃくパフを取り入れてみてください。

肌の保湿をしっかり

古い角質を落とした後の肌はとても乾燥しやすい状態になっています。こんにゃくパフを使った後のスキンケアが十分でないと乾燥肌になってしまう場合があるので注意しましょう。こんにゃくパフで洗顔をしたら、いつも以上にきっちりスキンケアをしてください。浸透率が高まっているので、パックで水分をしっかりと肌に蓄えるやり方がおすすめです。

カビに注意

こんにゃくパフは天然繊維を使っているので保管方法が間違っているとカビやすくなってしまう可能性があります。こんにゃくパフの原料であるマンナンは水分を溜め込みやすく湿気に弱いのがポイント。常に水分を蓄えた状態になっているとカビやすく、劣化の原因になります。こんにゃくパフを使い終わったらしっかりと乾燥させる事が大切。乾燥させたら冷蔵庫で保管した方がカビの原因を取り除く事が出来ます。

正しい使い方で1ヵ月

こんにゃくパフは肌に優しい天然繊維で作られていますが、劣化しやすいというデメリットもあります。こんにゃくパフを使い続ける目安は1ヶ月程。正しい保管方法であれば1ヶ月は使い続ける事が出来ます。1ヶ月が経過したら新しいこんにゃくパフに取り替えてください。こんにゃくパフはダイソーでリーズナブルに手に入るので、頻繁に取り替えてもお財布の負担にはならないのではないでしょうか。

こんにゃくパフは自分で作れる?

ダイソーで手に入れる事が出来るこんにゃくパフですが、実は自分で作る事も出来ます。手作りのこんにゃくパフを使って洗顔をしてみるのも良いかもしれません。こんにゃくパフの作り方を見ていきましょう。

材料はこんにゃくだけ

こんにゃくパフの原料はこんにゃくだけでOK。海藻粉や生芋を使った黒っぽいこんにゃくではなく、こんにゃく粉のみを使った白いこんにゃくを使うのがおすすめです。白いこんにゃくの方が肌への刺激が少なく、洗顔に役立てられます。

こんにゃくをカチコチに冷凍する

こんにゃくはタバコの箱くらいの大きさにカットしましょう。カットしたら、表面の水分を拭き取ります。キッチンペーパーで全体を包み、ラップをしたら冷凍庫に入れてください。そのまま一晩冷凍します。こんにゃくが冷凍されしっかりと固くなったらOK。早くこんにゃくを冷凍させたい場合はアルミバットなどの金属製のバットの上と乗せておくと時短になります。アルミホイルを使ってもOKです。

天日干しにする

冷凍したこんにゃくはザルに乗せるか、キッチンペーパーを敷いた器に乗せます。それから風通しの良い場所で天日干しにしましょう。天日干しにする事でこんにゃくの水分が抜けていくのがポイント。夕方になったらこんにゃくを取り込み、再び冷凍させます。冷凍・天日干し・冷凍・天日干しというサイクルを10日繰り返してこんにゃくの水分が完全に抜けたら出来上がり。

食べて美肌に!こんにゃくパワー

洗顔に使えるこんにゃくパフですが、実はこんにゃくは食べても肌に良いのが特徴。美肌効果を期待出来るこんにゃくパワーについてご紹介します。

こんにゃくの「セラミド」パワー

こんにゃくと言えば低カロリーでダイエットに役立つ一方で「栄養はあまりないのでは?」と思われがち。しかし、こんにゃくにはセラミドと呼ばれる保湿成分が含まれています。セラミドは化粧水に使われる事も多い保湿成分で、こんにゃくを食べる事で体の内側から取り込めるのが嬉しいポイント。

おすすめは生芋こんにゃく

こんにゃくの保湿効果を高めたい場合は生芋こんにゃくがおすすめ。生芋こんにゃくの方が普通のこんにゃくよりセラミドを多く含んでいます。

食べ過ぎに注意!

お肌にも良いこんにゃくですが、食べ過ぎは危険。こんにゃくには繊維が多いので食べ過ぎる事で腸が詰まりやすくなり腸閉塞の原因になります。

こんにゃくパフでつるつるお肌になろう

こんにゃくパフは正しい使い方をしていれば毛穴汚れをすっきり綺麗に出来ると評判。低刺激で気になる毛穴をケア出来るこんにゃくパフを簡単な使い方で活用して、美肌を目指してみてはいかがですか。

内容について報告する

おすすめの記事

IIONNA RANKING

おすすめのライター